自分の身(髪)は自分で守れ(縮毛矯正編)

From:内野
サロンオフィスより、、、

 

九州地区いよいよ梅雨入りです、嫌な季節、ジメジメするし、蒸し暑いですよね。

 

しかし、もっとも嫌で、困るのが、、、、

そう、くせ毛の方、いくら朝からきれいにスタイリングしても、すぐにふにゃふにゃボワ~としてきます。

えっ、あなたがそうですか?それは大変です。

そんな時は早めの縮毛矯正で対応したいもの。これに勝るものは今のところありません。髪風船も縮毛矯正専門店ですから、6月に入りお客様が増えています。このホームページご覧の方も、くせ毛の方、髪の傷みでお悩みの方が多いと思います。

そんな縮毛矯正が必要な時期ですが、

 

あなたは縮毛矯正で失敗なんて事はなかったですか?
そうなんです、ココはそんな縮毛矯正失敗でお悩みの方が多く訪れるホームページ。縮毛矯正はしないといけない。しかし、縮毛矯正で失敗してチリチリビビリ毛なんて事になると、、、なんて悩んでいる人も多いと思います。まさに美容室不信!そこで私はいつも言っているのが、上手な美容師を探す事。しかし過去失敗したあなたは言うでしょう。「そんな美容師探せないから、美容師不振になっているの」 


良くわかります。その気持ち私も同じです。
当方に新規で来店されるお客様のほとんどは他店で失敗した方ばかりです。全国からの髪に対する悩み相談も美容災害と言える事例ばかり、どうしてそんな失敗するのと思う事例ばかり、同業者ながら美容師不振に陥ります。(こんな事ばかり書いていると、美容師さんに怒られますから、しっかり言いますが)上手な美容師も
たくさんいます。そんな美容師を探してくださいと言っているのですが。。。

これが大変!
だってもうすでに不信感タラタラ、いくらホッ○ペッ○ーで良いように書いている宣伝もどこまで信じて良いのやら、でも縮毛矯正しないといけない、だったら、今から行く美容室は良い美容室だからと信じて行きましょう。

 

失敗しやすい条件にあなたの髪が、なっていませんか?
ここまで、美容室の悪口ばかり書いてきましたが、もちろん失敗するのは美容師のミスですが、髪の条件でその失敗比率は格段に違ってきます。ヘアカラー等で傷んでいる髪は毛髪強度が極端に落ちています。健康な髪に比較しても、失敗確率は何倍も高いという事、これは一例ですが、傷んだ髪ほど簡単に傷んでしますという事です。少しでも毛髪強化、コンディションを上げていく事が、次の施術で失敗しない事にも繋がります。


自分でもできる施術前後のコンディションつくりはないのだろうか?
これがホームケアの大切さです、先の書いたように、その失敗比率は、髪の強度低下、髪内部の空洞化、髪の場所による強度むらなどが大きく関係してきます。

では、縮毛矯正(パーマ)前に自分(自宅)でできる前処理、後処理は???
この場合前処理では決して施術の邪魔をしない事が大事になります。また後処理でその後の感触、傷みの軽減につながります。

 

○施術直前(3日前くらいから)はコーティング系の補修剤は使わない、クリアコートなどの強いコーティング剤は1週間以上前にストップ

○毛髪内部の集中補修をする(
3日ほど前から毎日)フィルアップローションで、できれば原液

○部分補修を心がける、特に毛先など、傷みが激しいところを重点補修

○施術直後初めてのシャンプー時より、アフター処理として、メンディングメイドを必ず行う。(1週間)

○施術後、しばらくして(3日目以降)スペシャルヘアクリニックシステムなど利用するとさらにツヤサラのストレート効果を発揮できます(きれいな縮毛矯正がかかっている事)

 

以上、あなたはどこまで出来ますか?
上記のやり方は一例で、もっと応用は可能です、疑問がある場合は質問ください。また持っている補修剤で十分な対応は可能かもしれません。考え方をしっかり理解することが大事ですね。

 

PS、
スペシャルヘアークリニックシステムの詳しい情報はこちら

http://kf-shop.ocnk.net/product/85

アフター処理の必需品は

http://kf-shop.ocnk.net/product/89