ひどい傷み、補修しても効果を出し切れないあなたへ

From:内野

 

今回は最も大事なハイダメージ毛修正のキーポイントです

 

ヘアケア、これを理解できれば、
きれいな髪になれます。

 

『ビビリができました、補修剤を付ければ治りますか?』

『髪がビビリになりましたフィルアップローションがが良さそうなので購入しました。

使用して1週間ですが効果を感じません、朝からまだがチリチリがひどいです』

『縮毛矯正失敗でちりちりになった髪の毛  補修剤使って何もかわりません。』

 

こんなお声も聞こえます。 

 

髪を基本的に丈夫にしていき、健全な状態を作っていく事
これは補修剤の仕事です。ヘアケアの基本でしょう。

 

しか~し、

 

ビビリ毛は毛髪変形
これを修正するのは、

美容室で縮毛矯正でビビリ修正をする


または、
自分でビビリ状態が目立たないように、
修正ブロー(アイロン)をしないといけません

 


そのためにはそのままの髪で
やれるものではないのです、



そんな事していると、、、
さらに傷んでいきますし綺麗にいきません
安全に綺麗にするために補修剤が必要


髪をしなやかにして(保湿コントロール)
すべりを良くして適切ななタイミングでブロー、
または低温のアイロンを使用して綺麗にする。

 

これが自分でできるビビり修正です。
もちろん毎日しないといけません。

 

そして理想は、
最高に傷んだ髪は本当の補修をして、
健全な状態に近づけていきましょう
日々のビビリ毛も修正しないといけません。

 

 

傷んだ髪を改善する事と、
ビビリなどの毛髪変形の修正
は別物です。

 

ビビりができている状態を、
補修剤が良さそうだから、、、
フィルアップローションを使えばビビリも治るのでは?

もう、お分かりですね、
残念ですが、補修剤だけでは
そんな簡単にビビリ修正できません。
もちろん髪が丈夫になりコンディションが
上がってくる事でダメージ緩和はされていきますが。

 

 しかし初めての方は、、、
ビビり毛になった、すぐにビビリを修正したい、
初めて、当店の記事を読み補修剤は良さそう
予算も限られているし、まずはフィルアップローションを買おう、

お気持ち分かります、でも残念です。

 

もう1度言います、
補修剤はビビリ毛を治すものではありません、
毛髪強度を上げ健全な髪に近づけるためのものです。

 

それとビビリ修正するテクニックは別物です。

 

この両方を的確にやる事で髪を傷める事無くビビリ修正をしやすくなる
良いコンディションに保つ。
 

 髪の状態を理解して
その状態にあった剤を選択して。
それをしっかり使いこなす(保湿度合い、タイミング)

 

剤に頼り切ってはだめです、理解して使いこなした時!

 

必ず効果は出ます。
あなたの悩みは解決できます。

 

私は記事の中にも書いています。
『何か剤を付ければ、魔法みたいにビビリが消えるなんて事は決してない』と

 

そして、
あなたは良く理解してもらっていると思います。
そんな方の喜びの声は、毎日舞い込んで来ます。
ここに証拠があります

 

お客様の声:

内 野さんのアドバイスにより、私の場合劇的に髪が変化しました。長年あきらめていた、艶、サラサラ感、白っぽくなった髪が黒くなるとか。明日で二週間たちま すが、あくまでもこのハイダメ-ジ髪は補修剤によりつくられたものでしょうから、手入れをおこたればまた前のように、切れる、べたつく、のびる現象が起こ るのでしょうから、続けていきたいと思います。

 

先日、 メントバランサーα、CMCプロ100、フィルアップローションインナー、スーパーシャイニングジェルを購入しました。生まれつき猫毛で髪も細く、傷みやすい髪質です。市販のものでは何をやっても治らなくなりました。そんな時、ネットで御社の存在を知り、藁をもすがる思いで購入しました。使用方法の通り使って、1週間が経ちましたが、手触りや感触、うねり、パサつき、全てが改善されて、やっと髪も呼吸してる感じがします。本当にありがとうございました。

 

お世話になっております。
お蔭さまで先日お勧めいただいた3点セットで、
目に見えて髪の状態が良くなってまいりました。
昨日美容院でも、髪にハリとつやが出てきたと言っていただきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もし、効果を感じきれないあなた、
あなたの髪の状態にあった使用法でしょうか?
分からない事は、是非質問ください。

 

PS、
わたしは専門家として毎日現場でハイダメージの方と向き合っています、そこから得る知識経験をもとにあなたにアドバイスしています。剤が中心ではないのです、あなたの髪の状態にあった対処法をお伝えしたいのです。
それは↓
http://kf-shop.ocnk.net/page/1