髪の傷み相談承ります  

 

アナタはセルフカラー派ですか?

しっとり艶カラー、張りもあり退色もしにくい、さらに傷みにくい、そんなカラーが理想ですよね。

しかし、ヘアカラーな美容技術の中でも大変髪を傷めてしまう技術、バサバサになるすぐに毛先は退色してキラキラこれではいけません。でも意外と多いそんな悩み。特にセルフカラーの方は安易な方法をとってしまいがちです。それが傷みの原因に・・・


だとすれば確実に、それでいて髪を傷めない最良の方法を伝授します。 

美容室でのカラーリングとセルフカラーの大きな違いは何でしょう?

リタッチの際の根元と毛先の塗り分けです。

そして髪を傷めないためにはそれが最も大事な考え方。カラーの傷む原因はカラー時に同時に起きるブリーチによる物です。白髪染めなどの場合、まず根元に使う市販ヘアカラーも若干ブリーチ力を抑える工夫をすると長く続けるうちにはかなりの差となって健康な髪を手に入れる事が可能です。

その手法とは、、、

市販カラー剤に2割~3割ほどカラーバターを混ぜる

根元染めはコレで色素濃度を落とす事無くブリーチ力は弱める事が出来ます


毛先全体はカラーバターのみ塗布でも構いませんが、やりにくいので一旦根元のみ染めて終わり。
後日毛先中心に全体カラーバタートリートメントをします。これで、傷める事無くツヤカラーが出来ます。   


 では、モデルさんの解説は

今回は自分で出来る究極のカラーメンテナンス法、全体染のやり方(根元白髪はこのやり方では染まりませんので別途根元のみ染める必要があります)

白髪を毎月(根元のみ)ご自分で染めています。 ご覧の通り中間から毛さきにかけて、色素退色が激しく、白けています。結果傷んで見えます。ツヤもなくなります。  

 

 退色して酷く傷んで見えます。どこまできれいに出来るか?ではやってみましょう。

■使用製品は、

フィルアップローションインナー、リードオイルK
そしてカラーバター、ライトブラウンと、ディープブラウンのMIX  

■方法は、 フィルアップローション2倍に薄めた液塗布後、乾かし、 その後リードオイルK を霧吹き細い櫛でとかし馴染ませてカラーバターを全体に塗布 30分キャップ保温、シャンプー の流れ。 

↑チョー、簡単!

結果はご覧の通り、ダメージ毛補修形成作業。 しっかりハリツヤが出ています。

 

 さらにお薦めは、、、

※もっとツヤを考えるなら、
上記カラーバターに30%クリアコートを混ぜてこれを塗布!

ビックリのつやサラの髪が完成します。

根元は美容室で染めてもらったり、または市販ヘアカラーにカラーバターミックス法ご自宅でお試しあれ!.

 以上はカラーバター利用による基本的なカラーメンテナンスのやり方。


 お客様の声

今日は、感激したので、メールを致しました。
今までの白髪染めをやめて、カラーバターを使用。初めはカラーバターのみで使用しましたが、色落ちが速いため、カラー剤にカラーバターを混ぜて使用。染めたあと、1週間メンディングメイドでパック。結果。髪の毛は、つるつる、さらさらです。いままで、髪の乾燥と、うなじの辺りの髪が絡まるのが悩みでした。髪の毛の絡みは、全くありません。奇跡です。うれしくてメールしました 。