セルフカラーする前に知っておくべき4つの予防策。

 

これを読まずにセルフカラーはしないほうがいいでしょう。
もし以下の記事を読んで面倒無理だと思うなら美容室に頼むべきです。今後もセルフカラーを続けたいと考えるなら、長い記事ですが是非お付き合いください。では行きますよ。

 

どうして美容室のヘアカラーが高いのでしょうか?
カラー剤の違いではなく、単純に技術(理論)の違いです。根元(新生部)と既染部の塗りわけです。それに、根元と既染部のカラー剤の違いです。これが全てと言っても良いですね。


例えば
それを全く無視しているのが、市販泡カラーのシステムです。または根元も既染部分もいっぺんに染めるやり方、これでは間違いなく毛先は傷んでいきます。この状況で縮毛矯正でもかけるなら、ビビリ毛?さらに毛先は真っ黒!なぜそうなるのかしっかり理解してくださいね。

ヘアカラーをするうえで絶対に理解しないといけない事は、
まず、一般的なヘアカラー(白髪染)の成分は、
1剤と呼ばれている色素と、アルカリ
2液は過酸化水素水

ついでにブリーチ剤は。
アルカリと、過酸化水素水を混ぜたもの。

一般的ヘアカラー(白髪染)はブリーチ剤+色素です。


白髪染なんて毎月する人が大半です。毎月ブリーチしているんですよ。考えただけでも怖いですね。もちろん綺麗に染まって明るさを出す、持ちも良い、これが一般ヘアカラーの長所です。正直白髪染には欠かせません。
他にもヘナ、カラートリートメント、ヘアマニュキア・・・いろいろありますが全て染まりは悪いし明るさは全く出ません。長所は傷まない事こういったカラー剤の特徴はしっかり理解してください。

 

ヘアカラーの成分について書きましたが今度は技術的な理論を書きましょう


最も大事な事は

根元(新生部分)と既染部分(過去に染めたところ)の塗りわけを考えないといけません


現状の髪の傷みは、根元は当然傷みはありません、しかし毛先になればなるほど傷みも激しいです。これが髪の状況です。


だとすれば
根元は刺激があったとしても、良く染まり持ちの良い一般的カラー剤が良いですね。(望む明るさカラー剤を選択)

しかし
毛先の方絶対根元と同じカラー剤は使ってはいけません毛先は傷みがあるという状況。 当然傷みにくいカラーを選択する、それはブリーチを起こさないように(2液の過酸化水素水濃度を極端に落とす)または傷まないようにカラートリートメントなどを利用する。


それと考えるべきは、、、
過去の色素が残っているという事、根元と同じような色素を載せると色素重合で(色が重なって)真っ黒になります。よって、明るめのカラートリートメントを利用したり、色素濃度を落としたり(薄める)の工夫が要ります。

 

いかがですか?
カラーは他の技術と違って素人でもできるような技術である事は確かです。塗るだけの技術ですから。しかし、理論はしっかり理解しておかないと真っ黒になった、髪が酷く傷んだ、縮毛矯正したらビビリ毛になったなんて事につながります。

カラーの質問される方の大半は基本的な事を理解していないという事なんですね。


例えば、当方でも発売しているカラーバター(カラートリートメント)
>髪を明るくしたいのですが、ライトブラウンかイエローで染めると明るくなりますか?
>ディープブラウンで全体染めたが、全体黒くなった、でも根元の白髪は染まらなかった。

 

上記の理論が理解出来たら間違いに気づくと思います。
毛先部分にイエローでもライトブラウンでも色素をくっつければ、今以上暗くなります(色素重合)明るさは全く求められません。
明るくするのはブリーチの仕事です。

カラーバターで白髪(根本)を染める時はアルカリを混ぜたりブラックを混ぜたりしないといけません、もちろん明るさを求めるのは難しいです。この様に根元と毛先は条件が違うので、必ず対処も変えるという事です。
この方法をリタッチ法と言いますが、これは絶対的に必要な知識です。

 

★ではここからは上記の理論を理解いただいたと思いますので応用したエクササイズと行きましょう。

あなたはしっかり綺麗に染まり
傷みにくいヘアカラーをご希望ですか?

 それを知りたいですか?
 誰も教えないそのテクニックとは、、、
※私たちが実験的にやっている方法です、その理屈をご理解ください。


1. 市販カラー剤の特徴はアルカリ度数が高い事、(1剤、カラー剤のほうに含まれています)
簡単に言うと、これを薄めれば良いのですが、でもこれでは色素濃度も落ちて白髪の場合、カラーの入りが悪くなります。
そこで、アルカリ度数を落として、色素濃度を変えないために※「カラーバター」を薄め剤として利用します。(これはPH6.5)
これで、アルカリ度は落ちますが色素は薄まりませんから色はしっかり入ります

 ※コレでダメージの原因である、アルカリと過酸化水素の濃度が薄まります。

ブリーチが必要以上に効き難くなりますが、色素濃度は落ちませんので色はしっかり入ります。

 
通常クリームタイプのヘアカラー剤カラーバターのミックス方、これによりダメージを半減した方法をとると、明るさ、染まり、持ち、その全てにおいて理想のカラーに近づけるは可能。
 
 
カラーバターの配合量が多くなるほど低刺激の薬剤になりますが、白髪が多い場合は、やや浮きやすくもなります。
 
 
  ここで大事な事は上記ミックスカラー剤は、白髪染など根本リタッチ用の薬品と理解ください。薄まったといえどもブリーチは効きますので、全体(既染部)は明るいカラーバターのみでの処理をお勧めします。参考記事⇒ http://kf-shop.ocnk.net/phone/page/17
 
 
 前処理で、お決まりのフィルアップローション2倍液、カラー剤にはカラーバターを入れて、更に ぺリセールを5%配合、
 
最後にはメンディングメイド(コレは絶対必要)
 
いかがですか?
これだけやったら、 技術行程は別として薬品、前処理、アフター、としてハイレベルな処理工程になります。

 

PS,
これはセルフカラーの方には必需品です、傷み退色が違ってきます。

http://kf-shop.ocnk.net/product/90