傷んだ髪を綺麗にする方法

254

iron8.jpg

From:内野

 

昨日のブログ読んでいただけました?

くせ毛、または縮毛矯正が綺麗になっていない、ボサボサ広がるなどの状態で毎日アイロンでやるしかない、、、そんな悪循環に対する対処法でしたが、そんな場合は保湿効果を高め感触を良くしてまとまりの良い髪にしておくというような対処法です。

本来ダメージ毛の補修と言うのはその髪に不足している物を補給またはキューティクルの修正、保湿効果を高めるなど対処していく事なんですね、これらは手順通り剤を使いこなせば何とか綺麗になっていきます。アドバイスも意外と簡単?です。

しかし、前出のような、くせ毛、縮毛矯正が綺麗になっていなくて膨れるボワつく、うねる、はねるなどの現象は綺麗にスタイリングしないといけないという事ですよね。そして高温アイロンで毎日スタイリング→悪循環でのダメージと言う流れ、

 

例えば、、、

>私は癖が強いので、小さい頃から縮毛矯正をかけていたのと、毎朝 高温で長時間アイロンをかけたりしているのですごく傷んでいます。

>ぼわっと広がり外ハネします。顔の横も肩に当たった所から外にはねてしまいます。毎日アイロンで痛めるくらいなら、、、

毎日の相談事例でも、同じような現象から悪循環で「ダメージしているから少しでも良くなるように何か良いヘアケア剤ないですか?」

お気持ちわかります、もっともな質問です。

 さてこうした場合、傷んでいるから何か良い補修剤を使えば良くなるか?でももっと大事な事は悪化スパイラルを断ち切る事です。剤だけに頼ってもダメ、根本的な原因を改善しましょう。

 

傷んでいるから何を使うか?ではなく、傷めないように何を使うか?

この考え方が、悪化スパイラルから良化スパイラルへ変化させる予防美容の考え方なんですね。

では具体的に見てみましょう。


 上記では、くせ毛縮毛矯正が綺麗になっていないなどは、やはりスタイリングは必要です、と言うようなことを書いています。補修剤使ったから髪はまっすぐになるわけではありません。だとすれば、いかにアイロンの温度を下げてきれいに出来るか、またはアイロンではなくブロー程度で綺麗に出来ないか?ココです。これを考える事が最も大事な事なんですね、その為に何を使えば良いのかと言うところです。

 髪の保湿を適切に保ち、しなやかさを出して感触を良くして、さらに髪を保護し滑りを良くする。こうする事で髪は楽にスタイリングできます、もちろんアイロンも今まで以上に低温でも簡単にスタイリングができます。

例えばこの逆もあります、まっすぐに矯正された髪は乾かすと、よりまっすぐになろうとします。曲げたくても曲がりません、そんな時やはり同じ手入れ法で髪はしなやかになって簡単に曲がります。ブローでロールブラシ等で曲がります。前髪ぴんぴんなんて時にはどうぞお試しください。びっくりするでしょう。

 

 傷んでいるから対処する。でも今後を考えたら傷めないような手入れの知識を知る。これこそが予防美容です。是非あなたもどうしたら傷めないようにできるかの知識を持ってください。(これは例え同じものを使っても付ける量、タイミング付け方乾かし方など違ってきます。)

1年後は大きく違ってきます。綺麗な髪になる事保証します。

 

P.S.
えっ、よく分からない?どうすれば良いのか?って、そうでしたね、まず適切な保湿と髪をしなやかにする、スタイリング時の摩擦熱からの保護、その為には、CMCプロとリッチシルキージェルこれは最低必要でしょう。

bosaboa.jpg

From:内野

今日の記事は1部の美容師には大変耳の痛い内容となっています。しかし声は生の声です、また先にお断りしておきますがこれは全ての美容師の事を言っている訳ではない事を、もちろん素晴らしく上手な美容師さんも多くいらっしゃいます。

さて、あなたはいかがですか?

縮毛矯正した、
「失敗した。どうしたら良いの?美容師不信になっちゃった(泣)」
そんなあなたへのQ&A 

Q.
3ヶ月に1度の頻度で縮毛矯正を当て続けています。いつも納得のいかない仕上がりですが、ハッキリ言って美容院に行くのも勇気がいります。毛先はビビリ状態で、今月初旬に縮毛当てたと思えないほど広がりがスゴいです。私はどういうお手入れ方法をしていけば良いでしょうか?

A.
くせ毛を綺麗にするのはやはり縮毛矯正しかありません。納得いかないのは縮毛矯正がだめなのではなく、する美容師の技術不足であると思います。 対処としてのポイントは保湿と髪をしなやかにして、しっかりブローする事になります。特にCMCプロ、リッチシルキージェル(近日発売)の併用、朝からでもCMCプロを付けた後8〜9割ほど乾かします。その上にリッチシルキージェルを少量しっかり擦り込みます。これでブローしてください。仕上げでアイロン入れるとなお綺麗になります。

原因は縮毛矯正がきれいになっていないという事、広がる、それを毎日一生懸命アイロンでスタイリング!何のために縮毛矯正したのやら?まさに悪化スパイラルです。
そこで、少しでもホームケアで手入れのしやすい状況にできないかの質問となるわけです。

だとすればこれを見るしかないでしょう。

http://kf-shop.ocnk.net/page/31

syohou .jpeg

From:内野

 

 このところ少しづつ暖かくなってきましたね、こんな季節の変わり目、体調も崩してしまいます。お気を付けください。なんて、、、自分の事言っているんですが、

 実は私ココ1週間ほどまともに寝ていないのです。夜中、咳が止まりません。咳が出ない時は鼻が詰まって、「くっ苦しい~、死ぬ~」ゴホゴホフガフガ、水はがぶ飲みするわトイレに行くわ「これは年のせいか?」まともに寝ていられない~なんて状況が続いています。もちろんすぐに市販の薬を買って飲んでいました。しかしこれもなかなか効かない。

 それで一昨日病院に行ってきました。診察、ま、定番通り、いろいろ聞かれ検査を受け喉見てもらいました。「う~ん、これは喉も赤くなっていますしリンパも腫れていますね」「では、お薬出しておきます」という事で処方箋書いてもらって薬局へ、、、で、早速一昨日からから飲んでいますが、昨日は久しぶりに咳も出ずよく眠れました。

と、ここまでが私の近況報告ですが、こんな事あんまり興味なかったですね。「すみません」


もう少しお付き合いください。で~~、

 

 ここで驚いた事は!(驚くほどの事でもない?)
その病院で書いてもらった処方箋です。市販の薬なら適したような1つの薬を選んで購入なんでしょうが、処方薬は、お医者さんが診察して私の症状にあった医薬品を選択、処方箋書きますよね、今回頂いた薬、なんと5種類も、、、そんなに必要?と思って薬剤の説明書読んでみたのですが、それぞれ細かく働きが違います。もちろん飲む時間帯も決まっていますよね。

例えば、
細菌による感染症の治療、傷みを抑える、熱を下げる、のどの痛み炎症を抑える、咳を抑える痰の切れを良くする、さらに薬剤から胃を守るための物でしょうか。

市販の薬なら自分での判断ですから、不必要な物も入っているでしょうし万遍なく少量づつ配合されているのでしょうか?(効きもそんな感じ?)

処方薬は状況に応じピンポイントに効果的な物を選択(専門家である医師の見立てで)

 

これって、、、

ヘアケアでも同じ

 例えばですが、市販品でケア商品見てみると(たんぱく質配合)なんて書いています。「これって髪風船のフィルアップローションと同じジャン、良さそ~!」、 私「はは~参ったな~((^^;))質も違えばその配合量も全く違いますよ」市販品に使っているのはコマーシャル原料と言って、ほんの少量入れておくと、それを謳って良いようになっているのですね、

 私たち(プロ)が使っているのは主原料その物と言っても良いような物なんです。だから、間違った使い方すると、ごわ付いたり重くなったりなんて事になります。もちろん単に使用法の間違い、使用法も大事という事です。(お薬で言うところの決まった用量飲み方時間指定みたいな事)

 

 髪の傷み状況で選択する物も違ってきますので、まさに処方箋に基づいて選択する事で的確に効果を発揮していきます。長くお付き合いいただいている方なら何を選べば良いか自分で簡単に判断ができるはずです。(ブログもたくさん読んで頂いていますのでね) しかし、今から髪を綺麗にしていこうなんて状況のあなたは、是非、専門家のアドバイス受けると良いですよ。髪の状況にあった的確な補修剤を選択してくださいね。

ー内野

 

P.S.
 あなたの髪の状況別で対処する方法は?そんな視点でコンテンツ作っています。特に初めての方には是非参考にしてもらいたい記事です。またヘアケア頑張っているあなたも、もっと適した方法が見つかるかも。
9つの状況別対処法とは、、、

http://kf-shop.ocnk.net/page/37

 

髪の傷みが気になる方は、みんなココから情報を取っている↓

Lineお友達登録

From:内野

 

ハッキリ言います。もし私があなたの髪を触れば、必ずきれいに仕上げて見せます。(どんな髪でも)

私が本気でアドバイスしたい事はそんな事です。それは私がするからという事ではありません。普通の美容師ならほぼ知っている事です。

それをアドバイスしたいのです。

では行きますよ、ここからは大事です。

 

そんな綺麗に創るテクニックが

美容室でトリートメント、ブローする、
いかがですか?その時はしっとり艶サラな経験があると思います。(失敗された時の事は思い出さないで)帰り道もつやサラ髪にルンルンで、それを自宅でやってもなかなか綺麗にならない?何が違うんだろう? そうなんです、美容師は創る事こそがプロなんです

 

では、その奥義を披露しましょう。あなたもこれを理解できるとホームケアがもっと素敵なものになります。↓

 

髪をきれいに創る!

ビビリを修正するボサボサをきれいにする、さらに長持ちするスタイリング、、、これらは全て同じ理屈。

 

例えば
パーマのスタイリングでも、朝からバサバサの乾いた髪に一生懸命アイロンを当てる、カーラーで巻く、逆に、湿してから、すぐにカーラーを巻く。

おかしいですね?

では、
ビビリ毛ボサボサ状態の手入れはいかがでしょう。
朝から、ボサボサ状態をきれいにしようと乾いた髪を180度のアイロンでしっかり伸ばす。


これらは全て間違いです。


しなやか艶サラとはならないでしょう。また綺麗になったとしてもその持続性は無いでしょう。1時間もしないうちに戻ってしまう、な~んて事にも。髪をきれいにしようとしながらバリバリ髪を傷めてしまうという事に。

 

では、何が間違いで、
どうすれば綺麗になって長持ちするのか?

 

それが、、、
基本を知る事なんです。

その基本になるのは水分コントロール専門的に言うと水素結合を操る事。

 

ボサボサを綺麗にするのも、
ビビリ毛を綺麗に創るのも、
パーマのスタイリングも、
艶やか持続ブロー、またはアイロンも、

全てが水分コントロール!

水分を持ち過ぎている状態で仕上げても全く決まらないし、すぐに戻ってしまいます。逆に水分の無い乾いた髪で綺麗にしようとしても、なかなか決まらない。

 

全て、
まずは水分を持った状態から、完全に乾く時に綺麗になります。

 

ここです、ここが最も大事なポイント。

 

水分を持っている状態は髪は柔らかく、自由に動きます、
それから完全に乾く瞬間にスタイリングが決まります。
ボサボサもビビリも、ある意味綺麗なストレート状態にスタイリングする事。もちろんカール状態にスタイリングするのも同じ理屈です。朝からでもバサバサに乾燥していたら、必ず軽く霧吹きして水分を与えましょう。それからスタイリングです。

 

さらにポイントは、、


朝からでも水(水道水)で濡らして寝ぐせ直し、ブローの流れの方、もしあなたの髪が傷んでいるのなら、残念ですが、これも間違い。

なぜなら、傷んでいる髪は水分保持力が弱いという事、艶やか、しなやかを保つ適正水分量を、すぐにオーバー乾燥過多になるという事です。スタイリングしている段階で乾きすぎて綺麗に仕上がらないバサバサになってしまう。

そんな経験は無いですか?

 

そう、適正水分を保持できる状態にしないといけないという事です。そのためには、水で水分補給ではなく、ローションタイプのCMCプロが必要、さらに保護しなやかさを保つためにリッチシルキージェルこれらが活躍するのです。

適正な水分量を保持できる状態で、しっかりスタイリングこれが髪をきれいにするコツなんですね。

 

 

From:内野


補修剤を使い始めたあなた、そしてなかなか思うように効果を出しきれない、そう思っているあなた、

思うようにならない原因は2つあります。

という事で昨日の記事

その1つは・・・

感触がうまく上がってこない。このようなお悩みの、ほとんどの場合は心理的な事が強く関係しているように思われます。

と言う事でした。さて今日は、、、

 

2つ目は・・・

●その1、

これを理解できれば、きれいな髪になれます。

『髪がビビリになりました、フィルアップローションがが良さそうなので購入しました。使用して1週間ですが効果を感じません、朝からまだがチリチリがひどいです』

そんな、声も聞こえます。 髪を基本的に丈夫にしていき健全な状態を作っていく事、これは補修剤の仕事です。ヘアケアの基本でしょう。

しかし、

傷んだ髪を改善する事と、ビビリ毛などの毛髪変形の修正は別物。

しかし初めての方は、、、

ビビリ毛になった、すぐにビビリを修正したい、初めて当店の記事を読み補修剤は良さそう、予算も限られているし、まずはフィルアップローションを買おう!お気持ち分かります。 しかし、補修剤はビビリ毛を直す物ではありません。毛髪強度を上げ健全な髪に近づけるためのものです。

それとビビリ修正するテクニックは別物です。この両方を的確にやる事で髪を傷める事無くビビリ修正をしやすくして、良いコンディションに保つ。 剤に頼り切ってはだめです。理解して使いこなした時、必ず効果は出ます。

 さてここまではビビリ毛に対しての考え方ですが、

 

●その2、

さらに、効果を出し切れないと、相談が多いのがこの現象

そんな方のほとんどに共通する条件があります。それは・・・縮毛矯正が綺麗に効いていないボワボワ現象、広がるなどです(不足現象)または癖が出てきているなどスタイリングが必要な状態です。

まずは質問から・・・
>いまいち効果が得られません。湿度の多い日はお手上げなくらい髪の毛が広がりますし、髪の毛の表面がモアモア、クルクルです。

>縮毛矯正しても、いつも伸びておらず、アイロンが手放せません。毎回矯正に満足出来ず。湿気の多い雨の日は外に出たくないくらい広がります。

 

回答:

 癖毛または縮毛矯正で伸びきれない。こうなると乾かせば、ぼさぼさうねうねになる現象です。補修効果を感じきれないわけです。

少しでも、しなやかになるようにしましょう。その上で、しっかりアイロンなりでスタイリングすると良いですよ。

その為には特にリードオイルKをシャンプー前、フィルアップローションの後、馴染ませて、さらにトリートメントする前もほんの少しだけリードオイルKを付けてみてください。これで保湿コントロールが出来ます。

さらにシャンプー後CMCプロ、それを乾かしてすぐにリッチシルキジェル(近日発売!)を少量擦り込みます。これで髪はかなりしなやかにまとまりの良い髪に変身します。そこでブロー(アイロン)してください、これできれいな髪が創れます。

ケアが上手に出来ないとあきらめかけているあなた、いかがですか?どうして上手く行かないかの根本的な原因を理解して、その為にどう対処すれば良いのでしょう?是非あなたも試してみてください。

 

そしてそんな綺麗に創るテクニックはこれを知れば完璧プロ並みです。どんな髪も思い通りに・・・
(次に続きます)

From:内野


補修剤を使い始めたあなた、そしてなかなか思うように効果を出しきれない、そう思っているあなた、

昨日の記事(序章)は読んでもらいました?

 

思うようにならない原因は2つあります。

という事で終わっていましたが今日はより具体的に書いてみましょう。

その1つは・・・

感触がうまく上がってこない。このようなお悩みの、ほとんどの場合は心理的な事が強く関係しているように思われます。 髪がひどく傷んでいる、だから毎日たくさん補修剤もつける! 髪にもしっかり残った方が効果も早いだろう? 髪も乾燥させないようにアウトバスもタップリ、さらにオイルも、、、お気持ちは分かります。

付ければ付けるほどべったり、艶も出ない、場合によってはバサバサする。「どうして?ヘアケアしてかえって髪が傷んだ???」

 

では、ここで、
私たちサロンワークでのテクニックを簡単に解説してみましょう。

順番は色々、付ける剤も色々ですが、シャンプー前の乾いた髪に、フィルアップローションもメントバランサーもタップリ塗布します。
加温機、で充分時間を置いて浸透吸着させます。場合によっては低温アイロンプレスも、 またドライヤーで加温重合等の効果も狙います。

後はしっかりシャンプーで洗い流してしまいます。

 

『えっ~だったら栄養分全部流れてしまうよ!』

 シャンプーで流れるような物は全て流しましょう。 それがプロ用なんです。高濃度高品質の証!
しっかり浸透、しっかり内部重合、しっかり吸着、そして余分なものは流してしまう。

コレですっきり、サラサラ、ツヤ効果、感触UP!

 そうなんです。
変な感触の悪さが出た場合は、ほとんどが薬剤の残存させすぎなんです!

 そんな感触の悪さがある場合は1度リセットしましょう。(補修剤を使うのを2~3日お休みします)それから上記のように極力シャンプー前の使用法を取る、シャンプー後に使う物は量の調整をする、または頻度を落とす等工夫してください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2つ目は・・・

ここからです。
上記は感触の問題ですが、ここからは効果を感じきれないなど、いくらやっても艶も出なければボサボサ広がる!どうしたら良いの?そんな悩みのあなたへ・・・

ここからはさらに大事ですから、また明日書きますね。髪が広がるボサボサになるパーマかけているなどの人は明日もお見逃しなく。

 

 

P.S.
リッチシルキージェルの提供が決定いたしました。

バサバサ広がる髪には最高のケア剤となります。

発売予定3月下旬(予定)

From:内野


補修剤を使い始めたあなた、そしてなかなか思うように効果を出しきれないあなた。今日の記事は絶対見逃さないでくださいね。

 

まず初めにお断りしておきたい事は・・・、
 髪の傷みで悩んでいる、どうにかしたい。お気持ちわかります。髪風船にはそんなお悩みの方が沢山訪れます。髪風船ならそんな髪も簡単に綺麗にしてくれるのではないか?
もちろん、「そんなおいしい話はありません。」

例えば、
 ボサボサ広がる、そんな場合、縮毛矯正ならビックリするくらいきれいに創れます。しかし、補修剤では、そんな簡単にはいきません。ストレートパーマではありません、言ってみれば補修剤はトリートメントです。そんな魔法みたいな事は起こりません。

私はあえて突き放す言葉を使っていますが、しかし、髪の状況を知り、そうなった原因を知り、剤の事を知り、的確な対処をすれば、かなりきれいに創る事は可能です。そしてそれをアドバイスしたいのです。是非あなたもお付き合いください。

 

 あなたの髪を綺麗にする事はできます。その為には・・・もう一度言います。髪の状況を知り、そうなった原因を知り、剤の事を知り、的確な対処をすれば綺麗に出来ます。

魔法のトリートメントなんて無いのですよ。有るのは当たり前の知識だけです。

「お手入れしても全然効果が出ない。かえってバサバサする。艶も全然でない」
 あなたはそんな思いないですか?それは、はっきり言って、考え方が間違っているかもしれません。例えば癖毛、パーマヘアで乾かすとボサボサに広がる、そんな状況で補修剤使えば綺麗なサラサラヘアーになれるか?

残念ですが、なりません。ベースが綺麗な状況でないと艶も出ないし、サラサラになる事も無いでしょう。補修剤は魔法の薬ではありません。それは対処法が違うという事です。(もしべースの縮毛矯正綺麗になっていたら、癖がない状態なら、ツヤサラになる事保証します)

その場合の補修剤の目的はスタイリングによって傷める事無く、よりしなやかにして創りやすくする為に使うのです。(広がらない状況に創る、スタイリングする)

 

また、補修剤使えば使うほどべた付く艶がなくなるなんて現象も、髪の表面に余分なものが付いている状況です。やり方変えればビックリするくらい感触は変わってきます。では、繰り返しになりますが話をまとめましょう。

思うようにならない原因は2つあります。

その1つは・・・

長くなりますので明日書きますね、気になる方は必ずチェックしてください。ここを理解すると必ず綺麗になれますよ。

大変大変、お待たせいたしました。

 1年近くかかりました。

過去、大変重要な役割を担っていた商品、

スーパーシャイニングジェル

メーカーより廃盤となって、多くのお客様に「変わりの製品は?」

と言う質問が後を絶ちませんでした。

 

ここ1年以内に髪風船のお客様となられた方には

良く分からない事かと思いますが。

ハイダメージ修正にはチョー必需品でしたが、

その製品がなくなっていました。

https://kf-shop.ocnk.net/phone/product/53

 

当方としても大変困っていたのですが、より良い物をと何度も何度も、

試作重ね、やっと、新製品

【リッチシルキージェル】発売にこぎつけました。

 

製造元より連絡が入り発売を

3月下旬をめどに考えております。

あと少しです。

 

前商品ご愛用者の方には大変長らく、お待たせいたしました。

まだ使った事がないお客様には是非お試しいただきたい製品です。

 

内容的な事は徐々にお知らせいたします。

 まずは取り急ぎお知らせまで、

https://kf-shop.ocnk.net/phone/product/53

From:内野

 早いですね~もうすぐ3月

お喜びごと、パーティー、
またはお呼ばれ出席、

こんな時、美容室に行って
髪をきれいにしますよね。 

綺麗にしようとやった縮毛矯正、パーマで
ちりちりビビリ毛なんて事になったら
どうします?

髪を短くする事も出来ないし、
直るのを待つ時間もない。
ただただ、どうしようもなく、
悔しく、悲しく、落ち込みますよね。
 

先日も、
こんな話が、、、

・・・・・・・・・・・・・ 
>大事なパーティがあるのに 
矯正縮毛で失敗されてしまいました。
もし願い叶うなら注文した商品
本日発送していただけませんか?

 

 次に、 

このたびは早急な対応ありがとうございました。
説明書どおり使って大事なパーティーには
気持ちよく出席し楽しめました。
なんだか魔法のような商品ですね。
取り急ぎ、感謝をこめて御礼申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・                     

良かったですね。
こんなお喜びの声が1番うれしく思います。
補修ケアはまだまだ、これからですから、
ゆっくり、長くお手入れしてください。

 

このような話、
決して珍しい事でもなんでもありません、
毎日同じ相談が後を絶ちません、
まさに、美容室不信になってしまいそうな事例に、
相談受けている私自身、あきれるばかりです。

もし、あなたも、髪のダメージでお悩みなら、
ご相談くださいね。
★Lineで質問もお気軽に↓
https://line.me/ti/p/%40edv7983j

 

PS
そんな、お悩みの方に、お喜びいただいてるのは、、、
こちら↓
https://kf-shop.ocnk.net/product/97

 

uchinoFrom:内野

 
 
 
ほとんどの傷みの原因になっているヘアカラーのお話。
 
 
過去に何度となく一般的なヘアカラーはブリーチと同じなんて力説しています。 そうなんです、2液を使ったヘアカラーは色が入るのと同時にブリーチが効いているという事でした。白髪染でも表面的には暗くなっていても、髪の内部はバリバリの金髪状態、これがダメージになっているという事です。
 
 
 
では、ヘアカラーで
ダメージを低減する方法は?
 
 プロならどんな工夫をするの?と言う事で
髪風船のカラー剤の作り方を参考にお話しましょう。
 
 
ヘアカラー(白髪染も)は

1液と呼ばれるアルカリと色素(厳密には色素の元)で構成
2液は過酸化水素水6%液が基準。
 
ついでにブリーチ剤の構成は
1液はアルカリ
2液は過酸化水素水6%
 
何が違うか分かりますね。
 
 
 
この両方を混ぜる事で髪の中で色素が重合して発色定着し、
同時に過酸化水素がアルカリに反応してブリーチをおこします。
それで明るくなったり、しっかり色が定着したりするわけですが。
この時起きるブリーチ(脱色)が髪をひどく傷めてしまいます。
 
 
 
そこまで傷めて(ブリーチして)暗い色を入れないといけないのか?
 
最小限度のブリーチで、できないものか?
 
 
 
 実は簡単なんです!
 
 
髪風船では30年も前から
新生部分根元に関しては2液濃度は3%を使います。 
これだけでも雑な計算でダメージ度は半減です。
もちろん前処理、後処理は絶対条件でしょう。
 
 
 
毛先など退色しているところを染める時は、
過酸化水素水濃度、混ぜた段階で1~0.6%程に調整。
これが最低限度の過酸化水素水濃度

ほとんどブリーチを起こす事はなく色素重合だけのための濃度です。
さらに1剤のアルカリも弱いカラー剤を利用します。
さらに企業秘密のツヤピカテクニックさえ可能です。
 
  
このデーターも、ここまで落としても十分に色は入るし、
必要な明るさは出るという結果に基づいての低ダメージ処方です。

 
 
PS, 
髪風船のカラーをちょっとだけ紹介しましたが、簡単に自分でできます。
そんな低ダメージ処方のカラーをしたいのなら、、、
この記事が参考になるでしょう

From:内野

あなたはヘアケアしていて疑問に思う事はないですか?

なかなか効果が上がらない(感じない)
かえって、感触が悪くなったなど、、

髪風船では、専門店用の補修剤を提供しています、悪かろう筈はありません。でも、なかなか効果を出し切れない、また使い方によっては重くなる感触が悪くなる、そんな事もあります。(これは髪が傷むとかいう問題ではなく使い方の問題です)

という事で、今回のQ&Aを行ってみましょう。

 

お客様から、こんな困惑の声も聞かれます。

>メントバランサーもクリアコートも使っていますが返ってツヤがないです。 重くべたつきも有ります。髪が傷んでいるから?乾かすとギシギシします。 どうしたら宜しいでしょうか。
・・・・・・・・・・・・

このようなお悩みの、ほとんどの場合は心理的な事が多く関係しているように思われます、 髪がひどく傷んでいる、だから毎日たくさん補修剤もつける! 髪にもしっかり残った方が効果も早いだろう? 髪も乾燥させないようにアウトバスもタップリ、さらにオイルも、、、お気持ちは分かります。



では、ここで、
私たちのサロンワークでのテクニックを簡単に解説してみましょう。

シャンプー前の乾いた髪に、フィルアップローションもメントバランサーもタップリ塗布します、 加温機浸透促進機で充分時間を置いて浸透吸着させます、場合によっては低温アイロンプレスも、 またドライヤーで加温重合等の効果も狙います。後はしっかりシャンプーで洗い流してしまいます。



『えっ~だったら栄養分全部流れてしまうじゃん!』


シャンプーで流れるような物は全て流しましょう。 それがプロ用なんです、高濃度高品質の証!
しっかり浸透、しっかり内部重合、しっかり吸着、コレで、すっきり、サラサラ、ツヤ効果、感触UP!

そうなんです、変な感触の悪さが出た場合は、、、ほとんどが薬剤の残存させすぎなんです!


そのアドバイス通り修正していただいたお客様の声も、

>アドバイス通り、べた付き感を無くす為、 メントバランサーの順番を変えて、クリアコートも今までとまったく違った方法で使用してみました。 すると・・・ 目からうろこって感じでした!   使用法を変えるだけで、こんなに効果が違ってくるなんて。 本当に驚きと感動でした。  べた付きも無くなり、さらさらになったんです。   いつも、的確なアドバイスをいただけるので、本当に感謝しています。

 

いかがですか?

使ってみて色んな方法試してみて最も良い自分なりの方法を探すのもヘアケアの楽しみです。

髪風船の補修剤でケアしている事は、毎週美容室で本格的トリートメントしている事なんですね。
持続させると必ず良い結果が付いてきます。

 

P.S.
べた付き、感触の悪さ、ツヤが出ない、、、etc.
もしそんな現象が出たなら、それは剤の残存させすぎ、不必要な表面に残る剤は洗い流しましょう。とは言っても、市販シャンプーでは、やはり効果は半減する事さえ考えられます。
そこで、つやサラ補修のために作られたシャンプーがコレ

http://kf-shop.ocnk.net/product/93

From:内野

この質問って、もしかしたら皆さんの素朴な質問かもしれません、アナタはいかがですか?

では、行きましょう。 

質問者

ビビリ毛について
1週間ほど前に、根元のリタッチ(白髪染め)と縮毛矯正かけました。24時間過ぎてシャンプーしたら内側の髪の毛がチリジリゴワゴワとんでもない事になっていました。こちらの商品を見て、すがりたい気持ちになりました。まずは、何を購入するのがよろしいでしょうか?
また、こちらの補修剤などを使うと、ますます人工的な毛質になって、本来の美しい髪に戻っていくのか不安なのですがどうなんでしょうか?

 

今回の素朴な質問:

>こちらの補修剤などを使うと、ますます人工的な毛質になって、本来の美しい髪に戻っていくのか不安なのですがどうなんでしょうか?


昨今はほとんどの情報がネットで簡単に入手できます。そして、最も厄介なのは、情報が錯綜している事。いろんな意見があります。はたして、どれを信じて良いのやら?

いかがですか?あなたもそんな思いしていませんか?

私が感じる事は、
それぞれの意見が間違いではありません、でも全てにおいて正解でもありません。その記事を書いている人も、細切れの情報を書いているだけです。さて、そんな思いを理解してもらい、


私の解答編です。

>こちらの補修剤などを使うと、ますます人工的な毛質になって、本来の美しい髪に戻っていくのか不安なのですがどうなんでしょうか?


「人工的な毛髪」とは、1時的に何らかの材質でコーティングして綺麗を作ってしまう技術かと誤解されている感じです。そして逆にそれが綺麗な髪に戻るのを邪魔してしまい元には戻らない髪に変化してしまう???それが怖い不安ということでしょうか?

 

でも大丈夫ですよ、
傷んだ髪は何をしても「本来の美しい髪」には戻らないというのが本当なのです。


だとすれば、、、

ハイダメージは本来髪が持っている、たんぱく質、CMC(細胞膜複合体)などが破壊流失した状態。それらを健康毛の状態に少しでも近づけようと、擬似的ではありますが、たんぱく質、CMCなどの補給、また、ビビリ現象が出やすい乾燥を保湿効果のあるしなやかな髪に作る事で緩和させて、本来の美しい髪に疑似的に戻していこうとする事です。

言われている本来の美しい髪に戻す事(擬似的に)を考えての処方です。

もう一度言います、どんな事をしても同じ個所が元の健康な髪には戻る事はありません、伸びてくるのを待つだけです。(それ以外の理論はあり得ません)

上記で説明した、擬似成分で健康毛に近づけるだけです。(疑似健康毛)

 でもこれが非常に大事な事で、


●健康毛に近い状態を維持するという事、
毎日を快適に過ごし、ダメージをストップするという事、

 

 その逆に、ケアをしないと、、、
●毎日憂鬱です、イライラします。

それとケアしていない髪はびっくりするスピードで、ダメージを進行させます。(傷んだ髪は非常に弱いという事)
半年後はボロボロなんて事にも・・・

 

さてさて、あなたはどちらを選択しますか?

ぜひ、補修の本質を理解してもらって少しでも良い状況になれるようヘアケアをしてください。

 

P.S.
補修の効果を左右する、ヘアケアの基本はタンパク質とCMC(細胞膜複合体)です。

もしこの両方手元にないと、本当のケアは成功しないかも・・・
https://kf-shop.ocnk.net/product/73 ’タンパク質

https://kf-shop.ocnk.net/product/95 保湿しなやかコントロールは・・・

P.P.S.

Line友だちキャンペーン中です!登録まだの方はすぐに登録<
登録済の人はすぐホームチェック(特典出ています)

 

まだLine友達登録が済んでいない方は

初回登録で「Wプレゼントも!」

さらに特典も提供しますね。(発表!!!)

http://line.me/ti/p/%40edv7983j

ブロックされている方は解除お願いします。

損しますよ!

 

 

From:内野

今、最も注目している、最新情報をあなたと共有しましょう。
髪を綺麗にしたいと思っているあなたには朗報となるものです。(化粧品原料のお話)少し硬いですがお付き合いくださいね。

・・・・・・・・・

(成和化学ホームページより)

羊毛由来の加水分解ケラチンイソステアリン酸を縮合させたアシル化ケラチンペプチドイソノナン酸イソノニル溶液です。業界初油溶性ケラチンで、ヘアトリートメントオイルなどの油性化粧品への配合に適しており、傷んだ毛髪にタンパク質と脂肪酸を同時に補充することでダメージを補修し、毛髪強度を高めます。

肌や毛髪に対して保湿や保護、修復効果といった優れたコンディショニング作用を発揮する、ヒトと自然にやさしい化粧品原料です。

化粧品の成分表示名称
イソステアロイル加水分解ケラチン、イソノナン酸イソノニル

・・・・・・・・・・

いかがでしょう?チョット難しいですか?

まさに業界初です、似たようなケラチンオイルなるものはすでに数多く存在しますが、これらは単純にオイルとケラチンたんぱく質を配合したものです。

ここで紹介しているオイルケラチンは化学装飾(アシル化)した加水分解ケラチンで。通常ケラチンは油剤には溶けません。オイルケラチンの場合は油剤に溶解します。まさに脂肪酸とケラチンたんぱく質の合体したものです。

これは何を意味するか、、、
あなたは髪の表面を覆っていて髪の内部までつながっているCMC(細胞膜複合体)はご存知ですよね?これは脂肪酸とたんぱく質からなる3層の成分で髪にとっては大変重要な働きをしています。

20130111_3ad37c.jpg

今回紹介している成分は、髪に非常になじみの良い成分です。

毛髪への効果は?
製品としてはへアオイルとして最適でしょう。すでに実験データーとしてはっきり証明されていますが、(グラフ等も出ています)特に大きな特徴は
●まとまり潤いがはっきり出ます。
●保水効果
●強度回復効果
毛髪を修復して保水力向上、毛髪の強度を回復させる効果があります。(補修効果を持つオイル)
それと先ほども紹介しましたが、CMC効果でキューティクルのリフトアップ(浮き立ったキューティクル)でバサバサする髪を補修し●ツルサラの良好な使用感を与えます。

もちろん私も使用しています。明らかなハリコシ、しっとり感、サラサラ感は本物です。

想像してください、、、カサカサボサボサしている毛先、指を通しても引っかかる(痛い!)もつれ易い髪、、、嫌ですね。そんな髪がしっとりまとまりツルッと指が通る。良いですね!

 

PS、
もちろん髪風船のお客様のあなたは使っていると思います。私が説明する事も無かったですか?今、最もお勧めしたい補修剤です。


https://kf-shop.ocnk.net/product/95

PPS,
誤解しないでください、ただのオイルではないですよ。そんな物世の中には山ほどあります。これは補修剤です。前処理がお勧めです。アウトバスのオイルとは全然違います。確実に補修効果を出していきます。
https://kf-shop.ocnk.net/product/95

 

From:内野

 

髪が傷みやすくなるのはどちら?
みたいな話をしました?
 

読んでいただいた方から質問いただきました。

「内容は理解できました、対処として≪不必要なブリーチをしない事≫これに尽きますという事ですが、実際はどんな事を注意すれば良いのでしょうか?」

そうですね、なかなか1記事ですべてを話す事は難しく不完全燃焼な気分です。

そこで今回は、もう少し具体的に書いてみましょう。

 

傷みの根源は、ブリーチにあり。 

髪を明るくする、
明るいヘアカラーをする
明るめの白髪染をする、、、

色んな状況があるでしょうが、

髪を明るくする行為には必ずブリーチが必要。

上記でも黒く色を入れるだけなら、全くブリーチを起こさない、カラーバター、カラートリートメント、へナ、マニュキアなど傷まないカラー剤は多くあります。でもその全てが、明るさは望めないという事、ただ色を入れるだけ。 髪を明るくするというのは、すべてブリーチの仕事なんです。たとえ白髪染めでも、黒染めでも、過酸化水素水の2液が使われているアルカリヘアカラー剤は全てブリーチ剤と同じです。

ここをしっかり認識してください。そして、髪の中でブリーチが起きているという状況がダメージに直結していきます。

 

で最初の話に戻りますが、髪の傷みを少なくする事は、≪不必要なブリーチをしない事≫ここに戻ります。

どうすれば不必要なブリーチを起こさないようにできるか?

ブリーチの理論は、薬剤の中のアルカリと、2液の過酸化水素水濃度で決まります。これらを調整すれば良いのです。単純に言えば薄めれば弱くなります。

 

●アルカリはアルカリ度数と言ってアルカリの量を減らす、
●過酸化水素水は通常6%濃度です。これも薄めれば良いのです。

それに特に市販の製品はより染まりやすくするため、アルカリ濃度を高めに設定しているものが多いのです。でも単純に水、トリートメント剤を混ぜて薄めれば良いという事ではないでしょう。白髪染に限って言えば、薄めすぎるとその中の色素濃度も薄くなってしまいます。(染まりが悪い)

 考えるべきは、、、

染料(色素)濃度を落とさなくて、アルカリと過酸化水素の濃度を限界まで落とせばよいのです。

 

そこで、、、
薄め剤として、カラーバター(カラートリートメント)を混ぜるのです。

 

どの程度混ぜるのか??

当然多く入れ過ぎると、ダメージは少なくなりますが、染まりも弱くなります。

白髪染めの根元などでしたら、2~3割で、逆に毛先などの退色した部分を染めるのなら、カラーバターのみでまったく傷みがない色素補修ができます。

 

P.S.もっとツヤピかのヘアカラーがしたい方は、、、


https://kf-shop.ocnk.net/page/9

From:内野

にっく気かなヘアカラーの傷み、ダメージ毛、ビビリ毛、トロ毛、

こんな、イヤ~な言葉、

その根底にあるのが、ブリーチ(脱色)の効くヘアカラー、

 

「私はブリーチしていない。白髪染だから関係ない」

ちょっと待って!その考え方が失敗の始まりですよ。
昨日のメルマガでも案内したように一般的な白髪染はブリーチを伴っています。


●白髪染はブリーチ剤だ!
このフレーズはしっかり理解してください。

はっきり理解できない方はもう一度こちらを参照してください→ https://kf-shop.ocnk.net/page/63
「ヘアカラー基本の基」

 

では、行きましょう。

 

通常の2液(過酸化水素水)を使う酸化型のヘアカラー、ブリーチ剤、白髪染などは、そのブリーチ度によって傷みは確実に進行します(強度低下します)これはどんな優秀な美容師がやってもです!ブリーチによるダメージは防ぎきれません。おしゃれのためには、明るくする事も仕方ありません、まして白髪染も仕方ありません(私も2週間に1回しています)

 

予防する事は、 ≪不必要なブリーチをしない事≫これに尽きます。

 

髪風船には毎日多くのハイダメージ毛のご相談が舞い込みます。そのほとんどの方はヘアカラーをしています。もちろん当店も縮毛矯正の専門店ですが気を付けるべきはヘアカラー毛です、

  

さて、ここからが本題です。

あなたへ問題を出します、、、

●明るめのおしゃれ染と
●暗めに頻繁に染めている白髪染、(上記の一般的なヘアカラー)

どちらがその後の技術で傷みやすいか???

考えてください、、、

もちろん細かい条件で全く違いますが、

では、回答です、

圧倒的に白髪染です。

 

その心は、、、
まず、おしゃれ染の場合、少々明るくしていても、そのブリーチ度は目に見えています。
(いかに傷んでいるかが、目に見えているわけ)

もちろん危険で難しいです。でも慎重に、薬品選定さえ間違わなければ問題ないでしょう、慎重さが要求されます、ここで失敗する美容師は経験が浅い、慎重さがない、毛髪診断ができない、など、未熟と言わざるえません。単純にそう言う事です。

 

しか~し、

頻繁にされている白髪染(これがセルフカラーなら、なおの事)

これは厄介です、

 

だって、髪は黒く、中の状態は見えません、場合によっては染めている事すら、申告してもらわないと気付かない事さえあります。

まず、白髪染はおしゃれ染と違って、ほとんどの方が頻繁に染められます、白髪染(一般的な2液付きのタイプ)といってもその内容はバリバリのブリーチ剤です、そこに濃い色素が入っているわけです。染められた髪の中を想像してみましょう。表は黒くても中のメラニン色素は完全破壊、キンキラ金髪の状態になっています(いやいや本当ですよ)

2週間に1回でも染めている方は、2週間に1回ブリーチを続けているという事です。

特に、、、
たとえ美容室で染めている方も、生え際トップのほう、この辺の髪は途中自分でリタッチしたりする方が多くいます。

そうなると、
前のほうと、後ろの髪では毛髪強度は全く違います。そんな場合の失敗は、トップ顔周り薬品を付けて5分もすると髪が溶け出すなんて事も。あわてて流しても、ビビリ毛、、、

 

もちろん、お得意様などの場合は、過去のデーターから判断は容易につきますので、さほど問題ないでしょう。

しかし、白髪染している、あなたが、もし、、、

初めてのお店でパーマ縮毛矯正するとしたら、この判断が非常に難しいものとなってきます。

 

このように、明るいブリーチおしゃれ染よりも、頻繁にされる白髪染めのほうが圧倒的に毛髪強度は落ちているし、傷みやすくなっているという事実を認識して予防されると良いかと思います。

 

まずは、初めての美容室で矯正などする時は、白髪染めの状況をしっかり申告してみてください。また部分的にご自分でリタッチしている時もその旨、担当美容師に申告するべきでしょう。これらは、すべて自分の身(髪)を守るためです、万が一何らかの失敗があったとしても、申告していたのと、していないのでは、その責任所在の比率が全く違ってきます。

 

PS,
『予防美容は美容師の問題で責任ですが、あなたもその知識を持って認識をする事が、あなたの髪を守る予防美容なんです』

傷んだ髪は治らない、傷めない事が最大のヘアケア、

自分でできる、前処理の予防策は

http://kf-shop.ocnk.net/product/73

From:内野

 

最近、人気があって、質問の多いのが、、

 

   『メンディングメイド』

皆さん関心が高いみたいです。
コレ知らない方は、何の事か分からないと思いますので、簡単に説明しますね、、


主な効能は、カラー、パーマの施術後の回復補修剤です。

もちろんそれ以外にもパーマ縮毛矯正などのアルカリ除去、
2液等に使われる、過酸化水素の除去に使います。

そして残念な事に・・・これらは残存しやすいのです。まして術後、的確な処理をしていないとすると・・・(美容室で、セルフカラー後)

 あなたは大丈夫?

  お客様からの質問:

メンディングメイドもとても気になっているのですが、ホームカラー時にしか使えませんか?
普段のトリートメントとして使用してもいい物でしょうか?

 私からの回答、、

コレは常備してもらいたい製品です、カラー後、また美容室でのパーマ後、縮毛矯正後自宅でのアフターケアに全てに必要です。さて質問の普段のトリートメントとして使えるか?
『も ちろん優れた補修トリートメントとして使えます』ただし、これはアフター処理剤としての目的になっておりますので、さほど感触をお上げるようには作ってい ません、物足りない場合は軽く流した後、エモリエントシルキーマスクで毛先の方など感触を上げるようにすると良いかと思います

 もちろんアウトバスとして使って全く問題ありません、ヘアミルク(クリーム)みたいな感じでシャンプー後の濡れた髪に毛先中心で使ってください。コラーゲン、各種オイルが効果を発揮します。お勧めです。どうぞ参考にして下さい。

 

 こんなお客様の声も:
 
ホームカラー成功しました!
フィルアップローションと、メンディングメイド、最高です。更にカラー剤に、ぺリセールを少し混ぜたので感触の良いホームカラーができました。有難うございました。シャンプー後に再度、メンディングメイドをつけて流した時、いつものごわつき感が全くなかったです!メンディングメイド良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と言う事で、パーマ、カラー、縮毛矯正などされる方は、
ぜひ、ホームケア用として常備しておきたい製品です

   『えっ、まだ良く分からない??』

 じゃあ、詳しくは↓
http://kf-shop.ocnk.net/product/89

 

 

From:内野

  

実は、こんな質問も多くあるのです。

「美容室にパーマかけに行くんですが、補修剤は使って行ったほうが良いでしょうか?」

 もちろんあなたが通っている美容室は、
それなりにしっかり対処してくれていると思いますから
気にする事もないとは思います、が。 

でも、もし、不安があるのなら、、、

 

今回はパーマ、カラー、縮毛矯正など
美容室にて薬品を使う時に


事前に使用、処理しておいた方が良い方法を伝授しましょう。

 

前日まで2~3日集中補修をします。
その時使用するものは、内部補修剤のみです。
そう、【フィルアップローションインナー】のみです。
CMCプロ】も使って構いません。

もし普段のお手入れでアウトバス製品を使う時は
極力毛先中心で少量使うと良いですね。

特に1週間ほど使用をストップしたほうが良いのはクリアコート
メントバランサプレミアム
も2日ほどは使用しないほうが無難です。

 

基本的な考え方として内部充填をしっかりしておく、
これによりパーマ、カラー剤の浸透調整をします。
むらかかり、むらな染まりが防げます。
当然ダメージ軽減になります。

 

 こんな事書いていると、、、
これ見た美容師、言うでしょう。

「そんな事言われなくても、しっかりしているよ」

 イエイエあなた(美容師)の事を
言っているのではないのです。
薬剤調整すら出来ない美容師が
世の中にはゴロゴロいるのです。

 

実際のところ、

髪風船の相談者の多くの方は
美容師不振に陥っています。
だから自分での防御補修を考えているのです。

 

そして、その方法を教えているのです。

さー、本物のヘアケアしましょうね。

 

 PS、
そんな前処理補修の基本になるのが、コレ!

http://kf-shop.ocnk.net/product/73




 

 

 

From:内野

 

髪が傷んでいると乾かすのも大変、
そう!ハイダメージ毛、トロ毛などの典型的毛質それが親水性毛

 

例えば(トロ毛とは)

白髪染など頻繁にヘアカラーしている方は髪に腰がなくなってきます。まして縮毛矯正など併用されている方は、さらにたんぱく質、キューティクルのダメージが進んでいます。

シャンプー後など濡れた状態を見ると、クチャとなって櫛も通らない、引っ張るとプッツンと切れる、ヌレヌレ、ベタベタしたりなんて事にも、この場合、髪は必要以上の水を含んでいます。ドライヤーで乾かそうにも、なかなか乾かない。

 

それに比べ健康な髪は疎水性(疎水化)と言ってキューティクルもしっかりしていて常に12~15%の水分を蓄えていますし余分な水分は弾くような作用があります。この状況を保つためにCMCがしっかり役割を果たしているという事です。乾かす時も簡単に乾きます

そうなんです。
健康毛は水分保持力が高い、12%~15%を常に維持します。逆に乾くのも簡単(疎水性)

 

不健康な髪になると、水分も必要以上に含んでいる為ドライヤーかけても、なかなか乾かないのですが、水分保持力がないので放置しておくだけでも必要以上に乾燥してしまいます。水分含みすぎからの乾燥過多と振れ幅が大きい為、手入れが大変。水分5%~25みたいな感じです。

 

では、では、関連して良く受ける質問に行ってみましょう。

「傷んだ髪は乾燥が良くないから、あんまり乾かしすぎない方が良いですよね?」

そうです、乾燥しすぎると、上記で書いたようにゴワギジボワ~です。
しかし、、、濡れている状態は、さらに弱い状態、半乾き(半濡れ)状態では簡単に髪は切れたり強く引っ張るとビビリもできます。少なくとも半乾き状態より、完全に乾かした髪の方が断然強い状況になっています。

 問題は乾燥させすぎないようにする事。

シャンプー後にしてもイメージ的にはドライヤーで乾かすのは良くない!なんて思いますよね。

これも間違い。自然乾燥が最も良くない方法です。自然と髪はよれて乾いていくし、サラサラにはなりません。気づいた時はすでにバサバサが自然乾燥、

 

最もお薦めは

シャンプー後CMCプロをたっぷり目につけて、特に乾燥が激しい毛先などにリードオイルKを少量馴染ませます。そこで綺麗にスタイリングしながらブロー仕上げです。これで完全乾燥、CMCプロとリードオイルKの力で適正水分を保持させます。

 

PS、
こんな声も(ビビリ毛の補修の声より)

洗い流してみるとペッタペタのトロットロ...これ本当に髪なの...という絶望的な状況、・・・

届いたR2シャントとフィルアップローションをたっぷり髪に馴染ませメントバランサーを塗ってシャンプーしたところ髪の毛がキュッキュしたのがまず衝撃でした。あんなにトロトロだった髪の毛がキュッ...キュッ...?タオルドライのあとCMCプロ塗ってブローすると、あっという間に乾きました。仕上げに低温アイロンで伸ばしたところ、天使の輪まで出来る始末です。ここまで綺麗にダメージを隠せるのはとてもありがたいです。

From:内野

もし、あなたの髪がパーマ、縮毛矯正失敗で、バサバサチリチリで外にも出たくない、人に会うのも嫌だと思っているなら、時間はかかってもきれいになれるよう変化しよう。

それは可能だ!今は無理だと思っていても、、、

出口の見えない真っ暗なトンネルの中、手探りで焦る気持ちを抑えながら歩いていたら、小さな光が見えてきた、「あれが出口かも?」頑張って歩こう。

そうすると、、、
明かりはどんどん大きくなって、その先にはやっと外の景色も見えてきた。もうそこがトンネルの出口だ。

・・・・・・・・・・・・・・・

お一人のお客様からのご相談と、私からの回答です。すべてに詳しく回答していますが、あまり長くなるので1部抜粋しています。

・・・・・・・・・

今週、修正セットが届き、2日使いました。指通りはよくなりましたが、うなじあたりの髪が、ほうきみたいです。毎日、髪を結んで仕事に出掛けますが、朝、落ち着いたようにみえた髪が10時ころには、結んだところから毛先にかけてボワッと膨らんで来ます。一日中、この傷んだ髪のことばかり考えてしまいます。

 

回答:

お気持ち察します。最初の状況説明メールを読んでみましたが、確か、パーマをかけての失敗ですね。よってなかなかパーマによるボサボサ感が取れないはずです。決して補修剤は万能ではない事はご理解ください。傷み自体は簡単には改善できないので、まず、今の感触を上げるようにやり方を慣れてください。ケアは今始まったばっかりで、現状はまだまだ水分保持力がない状態です。必ず朝からもCMCプロを軽く霧吹きして、よく馴染ませ、毛先にリードオイルKを少量付けて乾かします、それからスタイリングてください。
ヘアケアはずっと続くものです。焦らず、ゆっくり慣れていきましょう。

 

そうして少しづつ、、、


修正セットを使い始めて1週間になりました。夜、すべてのお手入れが終わると、柔らかい、サラサラの指通りになるのですが、朝にはまたボワッと広がっています。仕事復帰の際に少しでも朝が楽なように、デジパでおしゃれに...が、チリチリで、朝晩、通常の倍の時間がかかって、現在、最高にくたびれています。見た目はボサボサですが、指通りは良くなっていると思っています。このまま、しばらくは修正セットでお手入れすればいいのでしょうか⁉️

 

回答:
パーマ失敗の場合早急な改善は期待できません。もちろん時間かければどうにでもできますが。まず初めにしっかり理解してください。指通りが良くなっていることは補修効果は表れています。しかしボサボサになる、これはパーマのせいです。初めにアドバイスしたこと思い出してください
コピペします。

>ストレートに戻す場合、もっと傷んでしまうことはないでしょうか?
理論上は傷みますが、ジリジリ状態が解消できればかえって綺麗に創ることは可能ですし、そのままよりはるかに手入れは楽です。私なら迷わずお勧めします。とは、言うものの上手な美容師にやってもらう事の条件付きです。

解決法は、
1.ベースを綺麗な形状にする事、
2朝からスタイリングをする事、
3朝から必ず、CMCプロとリードオイルKで少しでも保湿効果を上げおさまりが良いようにお手入れする事です

補修剤は魔法の薬でも何でもありません、専門店で使うトリートメント剤です。パーマ自体が失敗しているのであればまずはそれを解決するべきです。それからのケアが功を制します。そこをご理解いただき、それでも補修剤のみに頼るようなら、必ず朝からの保湿を高めるように考えてください。それと1~2か月は時間をかける心づもりで頑張ってください。早急にと考えるなら、やはり上記の1.2を考えましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも、お世話になっております。昨日、ペリセールが届きました。シャンプー前に霧吹きして、シャンプーにも混ぜてみました。夜、シャンプーした後は、いつもと同じ感じだと思っていましたが、今朝はサラサラ、軽い感じで、気持ちまで軽くなったようです。パーマの失敗なので見た目あまりよくありませんが、手触りがいいだけでも私には救われた気がしています。


回答:
そうですね、パーマ、くせ毛はベースを綺麗にしないとなかなか綺麗に見えないものです。しかし、効果は出てきますので、確実にお手入れを続けてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんばんは‼︎
修正セットを使いはじめて1ヶ月経ちました。パーマ失敗でゴワゴワ、チリチリだった髪が、手触りも、なめらかになりました。矯正はしてないので、見た目はヘンで、とても髪をおろしてはいられませんが、今は、シャンプー前にフィルアップローション+ペリセール...シャンプー後にはメトバランサー+トリートメント...CMCプロにリードオイルKで終了です。夜、しっかり保湿すれば、朝はまとまりがいいので、洗い流さないトリートメントをつけて髪を結んで仕事に行ってます。

・・・・・・・・・・・・・・・

その後

修正セットに加えて、パフォームクレンジングやエモリエントシルキーマスクを使えば、もっと修正出来るのでしょうか?

回答:
補修効果が上がりやすくなるような目的で作っていますので、感触が上がリまとまりが良くなります。

・・・・・・・・・・・・
さらに、、、

いつも大変お世話になっております。先日、以前から使いたいと思っていたパフォームクレンジングとシルキーマスクを購入しました。パーマ失敗で、ゴワゴワパサパサチリチリの髪が、髪風船さんの修正セットでだいぶマシになってきたところでしたが、クレンジングとシルキーマスクで髪がとぉっても軽くなり、櫛通りもよく、サラサラです。何度も触ってしまいます(๑˃̵ᴗ˂̵)ワンカールだけのパーマのオーダーが、目のあたりからの失敗パーマ、絶望的な髪とあとどれくらい付き合わなければならないのか、とため息ばかりついていました。このクレンジングとシルキーマスクがあれば、なんとか乗り切れそう...そう思えるヘアケア製品に出会えたこと本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

回答:
パフォームクレンジング、シルキーマスク気に入っていただけたみたいでうれしく思います。
お手入れは時間がかかります。ゆっくり長くお付き合いください。
・・・・・・・・・・・・・・

 

 

いかがでしょう?
パーマ、縮毛矯正の失敗は本当につらい、中にはストレスで寝込んでしまう人もいらっしゃいます。そんなご相談は毎日です。
こちらのご相談者も、初めは〝泣きたい"〝辛い"、その絶望的なストレスから1日も早く解放されたいという思いだった事でしょう。でも頑張って1か月はかかりましたが、「髪がとぉっても軽くなり、櫛通りもよく、サラサラです。何度も触ってしまいます(๑˃̵ᴗ˂̵)」

 人それぞれ状況は違います。大事な事は状況にあったケアのやり方をマスターする事なんです。それとヘアケアは一時の事ではありません。ず~っと続くものです。本物のヘアケアをマスターしましょう。

  

PS、
あなたも補修剤使っていますか?そしてもっと効果を上げたいと思っているなら、こちらが効果を上げます。

http://kf-shop.ocnk.net/product/93

From:内野

 

今日の記事はパーマもカラーも縮毛矯正も
していない方には必要ないかもしれません。
読むだけご迷惑おかけしますので、
このままスルーしてください。

しかし、、、

あなたが、パーマ、カラー、縮毛矯正など
しているのなら必ず参考になると思います。

 

これらメニューは、ほとんどの場合、
薬剤の効果を上げるために髪を膨潤させたり、
キューティクルを広げて薬剤の浸透をしやすくします。
これらに必要なものがアルカリなんですね。

薬剤処理が済んだ後もシャンプー水洗処理だけでは、
髪の等電点(健康な状態は弱酸性)に
戻ってないわけです。

そのまま放置しておくと、
パーマ、カラー後のバサバサ感など続きますし、

シャンプーの度、内部タンパク質の流失も有るので
当然髪は傷みを進行させます。

カラーの場合は退色も激しくなります。

さらに、、、

これら薬剤処理は、ほとんどの場合、
過酸化水素水を2液で使います。

カラーに至ってはその2剤は
完全に過酸化水素水です。

 

さらに、まずいのが、
髪内部に残りやすいという事、
これは完全に除去しないといけません。

髪のバサツキ傷みの進行につながります。

もちろん、美容室では後処理まで
されているところも多くあります。

しかし、、、
していない所もある事は確かです。
あなたの行きつけはいかがですか?

セルフカラーの場合は
そのシステムには後処理はありません
傷みやすくなる事は確かです。

 

また美容室でやっていても、
髪はまだ数日デリケートな状態に、
最低でも直後3日~1週間は、

アフター補修
ルカリ除去、
過酸化水素水除去

自宅でもやったほうが
確実に良い状態に持っていけますし
ダメージ度合いも違ってくるというものです。

 

自分の髪は自分で守りましょう。

 

その為にする事は、、、
髪風船のお客様なら、もうお分かりですね?

こんな声が聞かれました↓
「本当に髪の手ざわりが違い、本当に良さを実感しています。」

http://kf-shop.ocnk.net/product/89