黒染からの失敗【脱染】

 
 

From:内野

分かりにくいヘアカラー理論、でもヘアカラーしている方は絶対理解しないといけない事
そんなQ&A行きましょう。

 

>今まで黒に近い白髪染めをしていたのですが、明るくしたいと思い、今日美容院で2トーンほど明るくして白髪染めをして頂いたのですが、根元の部分のみ明るくなってしまい、恥ずかしいほどの色の違いが出ています。逆プリン状態

・・・・・・・・・・・

※理解しましょう→一般ヘアカラー(1剤2剤を混ぜるカラー剤)はブリーチ剤に色素が入ったもの。例え暗い白髪染でも色が付くと同時に髪の中はブリーチが効きます。

 

過去に染めた(白髪染の)人工色素は(明るいヘアカラー)では明るくなりません。髪の中のメラニン色素だけが漂白されている状態。

過去染めた所は金髪に白髪染の暗い色素が乗っている状態です。

根元は過去に染めていない為ブリーチが効いて単純に明るくなっています。このように染める事、ブリーチが起きる事、人工色素、メラニン色素、それぞれ対処が違う事を理解する事が大事です。

 

カラー色素が付いて暗くなっているのは、それを剥いで中のブリーチ毛の状態に近づけていくという事ですね。

 

※カラーで黒くなっている髪は脱染剤でカラー色素を剥いで明るくする。

染めていない黒髪は、明るいカラー剤(ブリーチ)で髪のメラニン色素を漂白して明るくする。

 

P.S.
脱染する時は髪を傷めない酸性脱染剤で(人体実験画像あり)
→ http://kf-shop.ocnk.net/page/24