しっとり髪は最悪!

From:内野
サロンオフィスより、、、 

 

髪の適切な水分量は11~12%。
ダメージした毛先などは、油断すると乾燥して、 バサバサ状態、これは10%を割っている状況ですね。 感触も悪いし、髪ももろく、枝毛などになりやすい状況。 やっはり、しなやか状態を保ちたいものです。

では、
シャンプー後、濡れた状態にオイルたっぷり、 しっとり状態はどうなんでしょう?
はい、更に悪い状態です。 髪は濡れた状態が最も弱い状態です。濡れたまま、 半乾きの髪で結んでいたりなんて、あまりお勧めできる状況ではありません。

髪が傷んでいる、しっとり状況を作りたい?? ヘアケアも感触重視で、アウトバスに目が行きがちです、 もちろん適切なアウトバスは大変効果的ですが、 必要以上の湿り感はマイナスに作用します。 決して【髪をふやかしてはいけません】

アイロンを使う場合も、、 ミルク系、オイル系を付けすぎると、濡れ感が出ます。 アイロンを当てた瞬間ボワーっと湯気(煙)が出ます、 これだけでも髪にはダメージを与えます。 このあたりの感覚は説明しにくいのですが、 シャンプー後なら、ほぼ乾かしてしまう、 その状況でほんの少量保護剤をつけてアイロン操作みたいな感じです。

  

 

 良い保湿状況の作り方(適切な水分量)とは、、、

健康な髪は、適切な水分量を保持する能力があります。 ダメージする事で、親水性と言って、変に水分を取り込みすぎたり、 またそれを維持する能力がなくすぐに乾燥状態にもなります。 その働きをコントロールするのが、CMC(細胞膜複合体)実際の保湿感覚としては、、 シャンプー後、ほぼ乾かす、この感覚 でもコレを維持できないのがダメージ毛です。

コレを維持できるようにするには、、、
乾燥過多になりにくいように、CMCプロを補給しておく、また乾かした時点で、乾燥していかないように、 リッチシルキージェルを少量擦り込んでおく、コレで、最高の状態を維持できるのです。 キューティクルも整います、しなやかさも出ます。

 

PS,
繰り返しになりますが、 濡れた状態で、オイル等を付けすぎると、親水性のハイダメージ毛は最悪です。濡れ濡れした感じでなかなか乾かない(経験ないですか?) 逆に、、 朝からなどバサバサに乾きすぎている髪にまたオイル等つけても、コレも髪に必要な水分がないため、しなやかさは出ません。

PPS,
そんなしなやか適正保湿は

http://kf-shop.ocnk.net/product/11