あっ、それでは髪が傷みますよ!

From;内野

 

髪が傷みだす温度ってご存知ですか?

 髪風船ではヘアクリニックシステムとして、メントバランサーなどの薬剤浸透定着促進の為、低温アイロンプレスを紹介しています。あなたはご存知ですか?その場合の知識として以下の事をご理解ください。

 乾いている髪は硬くなっていて結構強いのですが、濡れている髪、これはものすごく弱いのです。濡れた状態で、ある一定の温度を超えると、髪は傷んでいきます。

「タンパク熱変性、加水分解」

水分、もう一つ加えればアルカリ
これは髪の蛋白質を溶解する原理。

では、
濡れた状態での安全限界温度は???

それは60℃です。
(弱った髪はさらに低くなります) 

美容室にある、促進器、スチーマー、遠赤外線これらは60℃を最高温度と設定しています。それ以下なら心配する事はありません。効率的に薬効作用だけを進める事ができるという事です。

良く質問を受けます。

トリートメント促進用として利用する時
「市販のアイロンで100℃からの設定温度に
なっているが、これではいけないか?」

「いけません!」

 ※これは濡れた状態での話で、通常のスタイリング(乾いた状態)ではもっと温度は高くなっても構いません。(150℃~180℃くらいまで)

 

当方お勧めのハイダメージ修正のやり方の中に、このような方法論を紹介しています。(1部抜粋)

ビビリ毛の修復作業として、、、
 リッチシルキージェルをつけた後、粗目ブラシで丁寧にブラッシング、さらに大きめのロールブラシなどで少しテンションをかけながら、軽くブローうまくできない人はストレートアイロンで軽くプレススルーします。

※最も大事な事は温度管理必ず60度くらいが理想、100度以上では絶対しないでください、これはあくまでビビリを修正する事が目的で、ストレートにする事ではありません。
・・・・・・・・・・・
実際的には60℃~100℃という事になりますが、これは乾いた状態でのスタイリングですから60℃以上になっても髪は耐えきれます。

 

メントバランサーなどの浸透定着促進などを目的の場合は濡れた状態で作業しますので、60℃を超えないというのは必須条件となります。

 

P.S.
そんな、温度設定が必要なアイロンなら、こちらがすごい!
なんと40℃~210度の幅広く設定、さらに濡れた髪にも使える(トリートメント用)防水機能、もちろん普通のストレートアイロンとしてもより効果的なバイブレーションアイロン

詳しくは↓