補修ケアが上手く行かない?その原因と対処法

 

From:内野

あなたの補修ケア、上手く行っていますか?

中には、なかなかうまく効果を出し切れ無いという相談もあります。

ケアしても乾かすと広がる、ボサボサになる、うねりが取れない」
補修ケアするとツヤサラになる。このようなイメージでケアされているのでしょうか?自分ですると、ボワボワ広がる艶も出ない。なぜ?

上手く行かないという方の状況を調べると、
ほとんどが癖毛、縮毛矯正が綺麗に伸びていない(不足現象)さらにパーマがかかっているなどの状態です。もうお分かりですね。補修剤は癖を伸ばすものではありません。ベースがボワボワの場合髪の毛1本1本は補修が効いていても外見上綺麗に見えません。乾かすと、やはりボワボワです。それで「補修ケアしても綺麗にならない」?

補修剤に役割以上の期待は持たないほうが良いでしょう。

さて、そんな状況をどう解決していくか「好美さん」の例を見ていきましょう。必ず最後(結果)までお付き合いくださいね。
メールのやり取り繰り返していますが、私の回答も参考にしてください。

 

まずは質問から・・・

>ヘアケア製品をひと通り使っておりますが、いまいち効果が得られません。湿度の多い日はお手上げなくらい髪の毛が広がりますし、髪の毛の表面がモアモア、クルクルです。


 これはもしかして癖毛ですね? だとすれば、難しいです。と言うのも、癖を伸ばすような力は補修剤にはありません。この場合は、まずは縮毛矯正をする事をお勧めします。それからの補修ケアがより効果を実感できます。もしそれはできない状況があるなら、少しでも、しなやかになるようにしましょう。その上で、しっかりアイロンなりでスタイリングすると良いですよ。

 その為には、シャンプー前フィルアップローションの後リードオイルKを馴染ませてメントバランサープレミアムをお持ちなら付けてください。それからのシャンプーです。

 さらにトリートメントする前もほんの少しだけリードオイルKを付けてみてください。これでかなり保湿コントロールはできる髪になっています。しかし、癖が強いと乾くにしたがって髪は固くなってきます。それを少しでも柔らかくしておくために、シャンプー後は当然CMCプロを霧吹き、乾かしてから少量のリッチシルキージェル。これでかなり通常よりは柔らかくなるはずです。

そこでブローそして仕上げはアイロンで伸ばしましょう。もちろん髪がしなやかに作られているならアイロン操作も簡単です。
補修ケアは手入れしやすくするためのベース作り

 

 効果を感じきれないと言われる方のほとんどが髪の毛自体は補修されても、形状は綺麗に見えないという事です。是非ご理解いただき、別の観点からスタイリングを考えてくださいね。

 

> 縮毛矯正しても、いつも伸びておらず、アイロンが手放せません。毎回矯正に満足出来ず。湿気の多い雨の日は外に出たくないくらい広がります。 ただ今フィルアップローション→リードオイルK→メントバランサーでアドバイス通り処置中です。


やはりそうですか。縮毛矯正で伸びきれない。失敗の半数はこれです。(縮毛矯正が綺麗になっていない、伸びていない)こうなると、なかなか綺麗に仕上げができません。乾かせばぼさぼさうねうねなる現象です。それでも本質的な補修は効いていますので頑張ってお手入れは続けてください。

 

>お返事、ありがとうございます。リードオイルKの良さを初めて実感。昨日、たっぷりフィルアップ→リードオイル→メントバランサー→シャンプー →リードオイル→トリートメント→CMC の手順で行いましたところ、一日中湿気にも負けない仕上がりがキープ出来ました。リードオイルKを前処理に加えただけでこんなに違うのか?という感じでした。あと、フィルアップはいつもよりたっぷり、CMCプロも濡れ髪、乾かす最中二度に分けて霧吹きしたりと工夫しました。リードオイルK無しでは過ごせません。

 そうです、その感じです。これがプロのやり方です。これからもいろんな発見があると思います。実は私たちもいつも、いろいろ工夫しています。もっと良くなる方法はないかと?一緒に頑張っていきましょう。

もっときれいな髪になれるよう。

P.S.
ここで大活躍するのがコレ