補修効果を出し切れない2つ目の原因

ヘアクリニック髪風船:内野


補修剤を使い始めたあなた、そしてなかなか思うように効果を出しきれない、そう思っているあなた、

思うようにならない原因は2つあります。

という事で昨日の記事

その1つは・・・

感触がうまく上がってこない。このようなお悩みの、ほとんどの場合は心理的な事が強く関係しているように思われます。

と言う事でした。さて今日は、、、

 

2つ目は・・・

●その1、

これを理解できれば、きれいな髪になれます。

『髪がビビリになりました、フィルアップローションがが良さそうなので購入しました。使用して1週間ですが効果を感じません、朝からまだがチリチリがひどいです』

そんな、声も聞こえます。 髪を基本的に丈夫にしていき健全な状態を作っていく事、これは補修剤の仕事です。ヘアケアの基本でしょう。

しかし、

傷んだ髪を改善する事と、ビビリ毛などの毛髪変形の修正は別物。

しかし初めての方は、、、

ビビリ毛になった、すぐにビビリを修正したい、初めて当店の記事を読み補修剤は良さそう、予算も限られているし、まずはフィルアップローションを買おう!お気持ち分かります。 しかし、補修剤はビビリ毛を直す物ではありません。毛髪強度を上げ健全な髪に近づけるためのものです。

それとビビリ修正するテクニックは別物です。この両方を的確にやる事で髪を傷める事無くビビリ修正をしやすくして、良いコンディションに保つ。 剤に頼り切ってはだめです。理解して使いこなした時、必ず効果は出ます。

 さてここまではビビリ毛に対しての考え方ですが、

 

●その2、

さらに、効果を出し切れないと、相談が多いのがこの現象

そんな方のほとんどに共通する条件があります。それは・・・縮毛矯正が綺麗に効いていないボワボワ現象、広がるなどです(不足現象)または癖が出てきているなどスタイリングが必要な状態です。

まずは質問から・・・
>いまいち効果が得られません。湿度の多い日はお手上げなくらい髪の毛が広がりますし、髪の毛の表面がモアモア、クルクルです。

>縮毛矯正しても、いつも伸びておらず、アイロンが手放せません。毎回矯正に満足出来ず。湿気の多い雨の日は外に出たくないくらい広がります。

 

回答:

 癖毛または縮毛矯正で伸びきれない。こうなると乾かせば、ぼさぼさうねうねになる現象です。補修効果を感じきれないわけです。

少しでも、しなやかになるようにしましょう。その上で、しっかりアイロンなりでスタイリングすると良いですよ。

その為には特にリードオイルKをシャンプー前、フィルアップローションの後、馴染ませて、さらにトリートメントする前もほんの少しだけリードオイルKを付けてみてください。これで保湿コントロールが出来ます。

さらにシャンプー後CMCプロ、それを乾かしてすぐにリッチシルキジェル(近日発売!)を少量擦り込みます。これで髪はかなりしなやかにまとまりの良い髪に変身します。そこでブロー(アイロン)してください、これできれいな髪が創れます。

ケアが上手に出来ないとあきらめかけているあなた、いかがですか?どうして上手く行かないかの根本的な原因を理解して、その為にどう対処すれば良いのでしょう?是非あなたも試してみてください。

 

そしてそんな綺麗に創るテクニックはこれを知れば完璧プロ並みです。どんな髪も思い通りに・・・
(次に続きます)