髪を綺麗にするブログ

140

syohou .jpeg

From:内野

 

 このところ暖かくなってきましたね、寝ている時も気づくと布団から体がはみ出していたりしています。こんな季節の変わり目、体調も崩してしまいます。お気を付けください。なんて、、、自分の事言っているんですが、

 実は私ココ1週間ほどまともに寝ていないのです。夜中、咳が止まりません。咳が出ない時は鼻が詰まって、「くっ苦しい~、死ぬ~」ゴホゴホフガフガ、水はがぶ飲みするわトイレに行くわ「これは年のせいか?」まともに寝ていられない~なんて状況が続いています。もちろんすぐに市販の薬を買って飲んでいました。しかしこれもなかなか効かない。

 それで一昨日病院に行ってきました。診察、ま、定番通り、いろいろ聞かれ検査を受け喉見てもらいました。「う~ん、これは喉も赤くなっていますしリンパも腫れていますね」「では、お薬出しておきます」という事で処方箋書いてもらって薬局へ、、、で、早速一昨日からから飲んでいますが、昨日は久しぶりに咳も出ずよく眠れました。

と、ここまでが私の近況報告ですが、こんな事あんまり興味なかったですね。「すみません」


もう少しお付き合いください。で~~、

 

 ここで驚いた事は!(驚くほどの事でもない?)
その病院で書いてもらった処方箋です。市販の薬なら適したような1つの薬を選んで購入なんでしょうが、処方薬は、お医者さんが診察して私の症状にあった医薬品を選択、処方箋書きますよね、今回頂いた薬、なんと5種類も、、、そんなに必要?と思って薬剤の説明書読んでみたのですが、それぞれ細かく働きが違います。もちろん飲む時間帯も決まっていますよね。

例えば、
細菌による感染症の治療、傷みを抑える、熱を下げる、のどの痛み炎症を抑える、咳を抑える痰の切れを良くする、さらに薬剤から胃を守るための物でしょうか。

市販の薬なら自分での判断ですから、不必要な物も入っているでしょうし万遍なく少量づつ配合されているのでしょうか?(効きもそんな感じ?)

処方薬は状況に応じピンポイントに効果的な物を選択(専門家である医師の見立てで)

 

これって、、、

ヘアケアでも同じ

 例えばですが、市販品でケア商品見てみると(たんぱく質配合)なんて書いています。「これって髪風船のフィルアップローションと同じジャン、良さそ~!」、 私「はは~参ったな~((^^;))質も違えばその配合量も全く違いますよ」市販品に使っているのはコマーシャル原料と言って、ほんの少量入れておくと、それを謳って良いようになっているのですね、

 私たち(プロ)が使っているのは主原料その物と言っても良いような物なんです。だから、間違った使い方すると、ごわ付いたり重くなったりなんて事になります。もちろん単に使用法の間違い、使用法も大事という事です。(お薬で言うところの決まった用量飲み方時間指定みたいな事)

 

 髪の傷み状況で選択する物も違ってきますので、まさに処方箋に基づいて選択する事で的確に効果を発揮していきます。長くお付き合いいただいている方なら何を選べば良いか自分で簡単に判断ができるはずです。(ブログもたくさん読んで頂いていますのでね) しかし、今から髪を綺麗にしていこうなんて状況のあなたは、是非、専門家のアドバイス受けると良いですよ。髪の状況にあった的確な補修剤を選択してくださいね。

ー内野

 

P.S.
 あなたの髪の状況別で対処する方法は?そんな視点でコンテンツ作っています。特に初めての方には是非参考にしてもらいたい記事です。またヘアケア頑張っているあなたも、もっと適した方法が見つかるかも。
9つの状況別対処法とは、、、

http://kf-shop.ocnk.net/page/37

 

髪の傷みが気になる方は、みんなココから情報を取っている↓
Lineお友達登録
Lineお友達登録

From:内野

 

 

お喜びごと、
パーティー、

ご本人の結婚式、
またはお呼ばれ出席、

 

こんな時、美容室に行って
髪をきれいにしますよね。

 

綺麗にしようとやった縮毛矯正、パーマで
ちりちりビビリ毛なんて事になったら
どうします?

 

髪を短くする事も出来ないし、
直るのを待つ時間もない。
ただただ、どうしようもなく、
悔しく、悲しく、落ち込みますよね。
 

 

 

先日も、
こんな話が、、、

・・・・・・・・・・・・・ 

大事なパーティがあるのに 
矯正縮毛で失敗されてしまいました。
もし願い叶うなら注文した商品
本日発送していただけませんか?

 

次に、 

このたびは早急な対応ありがとうございました。
説明書どおり使って大事なパーティーには
気持ちよく出席し楽しめました。
なんだか魔法のような商品ですね。
さっそく後程追加注文しようと思います。
取り急ぎ、感謝をこめて御礼申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・                     

良かったですね。
こんなお喜びの声が1番うれしく思います。
補修ケアはまだまだ、これからですから、
本当の綺麗な髪に戻れるよう、
ゆっくり、長くお手入れしてください。

 

このような話、
決して珍しい事でもなんでもありません、
毎日同じ相談が後を絶ちません、
まさに、美容室不信になってしまいそうな事例に、
相談受けている私自身、あきれるばかりです。
もちろんご相談は全国からですから、
当たり前の数字かもしれませんが、

 

いえいえ当たり前ではいけませんが、

もし、あなたも、髪のダメージでお悩みなら、
遠慮なくご相談くださいね。

 ―内野

 

PS
そんな、お悩みの方に、お喜びいただいてるのは、、、
こちら↓
http://kf-shop.ocnk.net/product/81

uchinoFrom:内野

 
 
 
ほとんどの傷みの原因になっているヘアカラーのお話。
 
 
過去に何度となく一般的なヘアカラーはブリーチと同じなんて力説しています。 そうなんです、2液を使ったヘアカラーは色が入るのと同時にブリーチが効いているという事でした。白髪染でも表面的には暗くなっていても、髪の内部はバリバリの金髪状態、これがダメージになっているという事です。
 
 
 
では、ヘアカラーで
ダメージを低減する方法は?
 
 プロならどんな工夫をするの?と言う事で
髪風船のカラー剤の作り方を参考にお話しましょう。
 
 
ヘアカラーは1液と呼ばれるアルカリと色素(厳密には色素の元)で構成
2液は過酸化水素水6%液が基準。
 
 
 
この両方を混ぜる事で髪の中で色素が重合して発色定着し、
同時に過酸化水素がアルカリに反応してブリーチをおこします。
それで明るくなったり、しっかり色が定着したりするわけですが。
この時起きるブリーチ(脱色)が髪をひどく傷めてしまいます。
 
 
 
では、明るめの白髪染を例にとってお話しましょう。
 
 
市販品でもそうですし、ほとんどの美容室でも、
過酸化水素水は6%を使います。1液はアルカリと色素

いつも言っている完全なるブリーチ剤です。
その金髪と白髪に暗い色を入れる
これが白髪染で見かけはダークブラウン
 
 
 
そこまで傷めて(ブリーチして)暗い色を入れないといけないのか?
 
最小限度のブリーチで、できないものか?
 
 
 
 実は簡単なんです!
 
 
髪風船では30年も前から
新生部分根元に関しては2液濃度は3%を使います。 
これだけでも雑な計算でダメージ度は半減です。
もちろん前処理、後処理は絶対条件でしょう。
 
 
 
毛先など退色しているところを染める時は、
過酸化水素水濃度、混ぜた段階で1~0.6%程に調整。
これが最低限度の過酸化水素水濃度

ほとんどブリーチを起こす事はなく色素重合だけのための濃度です。
さらに1剤のアルカリも弱いカラー剤を利用します。
さらに企業秘密のツヤピカテクニックさえ可能です。
 
  
このデーターも、ここまで落としても十分に色は入るし、
必要な明るさは出るという結果に基づいての低ダメージ処方です。

 
 
PS, 
髪風船のカラーをちょっとだけ紹介しましたが、簡単に自分でできます。
そんな低ダメージ処方のカラーをしたいのなら、、、
この記事が参考になるでしょう

iron8.jpg

From:内野

 

前回のブログ読んでいただけました?

沢山のQ&Aをご紹介しましたが、その全てがくせ毛、または縮毛矯正が綺麗になっていない、ボサボサ広がるなどの状態で毎日アイロンでやるしかない、、、そんな悪循環に対する対処法でしたが、そんな場合は保湿効果を高め感触を良くしてまとまりの良い髪にしておくというような対処法です。それに必要な剤の紹介などを書いています。

 

そして、これら紹介した事例はほんの1部です、
本来ダメージ毛の補修と言うのはその髪に不足している物を補給またはキューティクルの修正保湿効果を高めるなど対処していく事なんですね、これらは手順通り剤を使いこなせば何とか綺麗になっていきます。アドバイスも意外と簡単?です。

しかし、前出のような、くせ毛、縮毛矯正が綺麗になっていなくて膨れるボワつく、うねる、はねるなどの現象は綺麗にスタイリングしないといけないという事ですよね。そして高温アイロンで毎日スタイリング→悪循環でのダメージと言う流れ、

 

例えば、昨日の記事でも、、、

>私は癖が強いので、小さい頃から縮毛矯正をかけていたのと、毎朝 高温で長時間アイロンをかけたりしているのですごく傷んでいます。

>ぼわっと広がり外ハネします。顔の横も肩に当たった所から外にはねてしまいます。毎日アイロンで痛めるくらいなら、、、

 これは昨日の記事より抜粋しての紹介ですが毎日の相談事例でも、同じような現象から悪循環で「ダメージしているから少しでも良くなるように何か良いヘアケア剤ないですか?」

お気持ちわかります、もっともな質問です。

 でも、私が推奨している予防美容、これは最大のヘアケアは髪を傷めない事です。さてこうした場合傷んでいるから何か良い補修剤を使えば良くなるか?、、、もちろん使わないより使った方が少しでも良くはなります。でももっと大事な事は悪化スパイラルを断ち切る事です。剤だけに頼ってもダメ、根本的な原因を改善しましょう。

 

傷んでいるから何を使うか?ではなく、傷めないように何を使うか?

この考え方が、悪化スパイラルから良化スパイラルへ変化させる予防美容の考え方なんですね。

では具体的に見てみましょう。


 上記では、くせ毛縮毛矯正が綺麗になっていないなどは、やはりスタイリングは必要です、と言うようなことを書いています。補修剤使ったから髪はまっすぐになるわけではありません。だとすれば、いかにアイロンの温度を下げてきれいに出来るか、またはアイロンではなくブロー程度で綺麗に出来ないか?ココです。これを考える事が最も大事な事なんですね、その為に何を使えば良いのかと言うところです。

 髪の保湿を適切に保ち、しなやかさを出して感触を良くして、さらに髪を保護し滑りを良くする。こうする事で髪は楽にスタイリングできます、もちろんアイロンも今まで以上に低温でも簡単にスタイリングができます。例えばこの逆もあります、縮毛矯正した事がある方は感じた事があると思いますが、まっすぐに矯正された髪は乾かすとよりまっすぐになろうとします。曲げたくても曲がりません、高温カールアイロンで無理に曲げる、これじゃいけません。そんな時やはり同じ手入れ法で髪はしなやかになって簡単に曲がります。ブローでロールブラシ等で曲がります。前髪ぴんぴんなんて時にはどうぞお試しください。びっくりするでしょう。

いかがでしょう。

 傷んでいるから対処する(現状これは必要な考え方)でも今後を考えたら傷めないような手入れの知識を知る。これこそが予防美容です。是非あなたもどうしたら傷めないようにできるかの知識を持ってください。(これは例え同じものを使っても付ける量、タイミング付け方乾かし方など違ってきます。)

1年後は大きく違ってきます。綺麗な髪になる事保証します。

ー内野

 

P.S.
えっ、よく分からない?どうすれば良いのか?って、そうでしたね、まず適切な保湿と髪をしなやかにする、スタイリング時の摩擦熱からの保護、その為には、あなたも持っていると思いますが、CMCプロとスーパーシャイニングジェルこれは最低必要でしょう。もっと詳しくはココをじっくり読んでください↓
http://kf-shop.ocnk.net/page/31

bosaboa.jpg

From:内野

今日の記事は1部の美容師には大変耳の痛い内容となっています。しかし声は生の声です、こんな声が髪風船には毎日届きます。また先にお断りしておきますがこれは全ての美容師の事を言っている訳ではない事を、もちろん素晴らしく上手な美容師さんも多くいらっしゃいます。

さて、あなたはいかがですか?

縮毛矯正した、
「失敗した。どうしたら良いの?美容師不信になっちゃった(泣)」
そんなあなたへのQ&A

 

例えば、、、

>くせ毛で毎日アイロンをしないと外にでれないくらいボサボサです。矯正をあててもすぐに癖が出て変なところで折れてしまいます。綺麗なロングヘアに憧れますが癖がひどく今まで髪の毛を伸ばしたことがありません(;_;)

回答:

まず癖はなくなりません、ストレートにするにはやはり縮毛矯正しないといけません。結論から言うと上手な美容師を探す事かと思います。

>矯正をあててもすぐに癖が出て変なところで折れてしまいます。

これは、ありえません、縮毛矯正が綺麗になっていない、結果アイロンをあてないといけない、これではいくら手入れしても綺麗にならないでしょう、まずは傷めない事が最大のヘアケアです。綺麗な矯正をするとすべてが解決するはずです。先に綺麗なストレートにする、それからしっかり補修ケアをする。これ以外方法は見つかりません。

 

さらに、、、

Q.
私は癖が強いので、小さい頃から縮毛矯正をかけていたのと、毎朝 高温で長時間アイロンをかけたりしているのですごく傷んでいます。外へ出ると真っ直ぐだった髪も湿気で膨らんでしまいます。何とかしたくて縮毛矯正をかけても傷みすぎているからなのか全然真っ直ぐになりません。何か、真っ直ぐに出来る方法はありませんか?

A
まず、どんなに傷んでいても縮毛矯正でまっすぐにならない事はありません。上手な美容師ならそれなりに綺麗に出来るはずです。傷んでいるので弱過ぎる薬を使い、不足現象で逆に綺麗になってないと推測します。綺麗な縮毛矯正をかける、これに尽きます。そうしないと高温アイロンに頼って悪循環になっていつまでも髪は綺麗にならないですよ。

 

そして、、、

Q.
昨年7月にストレートパーマでチリチリになり、髪風船さんと出逢いもうすぐ1年近くなります。髪風船さんに巡り会わなければ耐えられなかったでしょう・・・

今日は梅雨や汗をかく季節にどうしたら広がらないかの相談です。長いと気にならないのですが短くする とくせがでてきます。せっかくまっすぐにセットしても湿気や汗でぼわっと広がり外ハネします。顔の横も肩に当たった所から外にはねてしまいます。毎日アイロンで痛めるくらいなら矯正やストレートパーマを一回かけてしまったほうが良いのではないかと思うのですが、昨年の事を思い出すと恐ろしくてできません。いつも行く美容院は失敗した所とは別ですが、過去に何回も根元折れになりました。「弱い薬もあるよ」と言われましたが信頼しきれません。くせはあきらめるとしてもなんとかぼわっと広がらなくしたいです。どうしたら良いでしょう。毎日CMCとシャイニングジェル、様子見ながらフィルアップ...、たまにスペシャルトリートメントをしています。アドバイスをおねがいします。

 

A.
結論から言うと、今の現象は縮毛矯正をかけると解消されます。その為の縮毛矯正です。縮毛矯正が悪いのではありません美容師が下手過ぎるのです。どうにか良い美容師探せないでしょうか?県下に1~2店舗はあるはずです。ビビリを出す事もおかしいですし、根元折れも初歩的なミスです。お分かりのように補修剤でくせを調整する事はできませんが、今のお手入れで基本的には問題ないはずです。効果的な物はCMCプロ、スーパーシャイニングジェル、リードオイルとエモリエントシルキーマスクの併用、このあたりが髪のおさまりを良くします。もっと綺麗にしたい場合はやはりアイロン等を使うしか方法はありませんが、その際もやはりCMCプロをスタイリング前に軽く霧吹きして馴染ませた後軽くブロースタイリングします。乾いたらスーパーシャイニングジェルを薄くしっかり擦り込みましょう。これで髪はしなやかになり簡単に今まで以上の低温でアイロンスタイリングが出来ます。ダメージも少なく、よりきれいになるはずです。上手な美容師が見つかると良いですね、、、

 

こんな事例も、、、

Q.
初めまして。もう15年以上、3ヶ月に1度の頻度で縮毛矯正を当て続けています。いつも、納得のいかない仕上がりですが、生え際だけでも落ち着いてくれているように思うので止めてしまいたいけど、対策が縮毛矯正しかないように思えます。ハッキリ言って美容院に行くのも勇気がいります。自分で縮毛矯正の薬をインターネットで購入してやった事もあります。勿論、傷みました。それと月に1度は白髪染めを自分でやってます。毛先はビビリ状態で、今月初旬に縮毛当てたと思えないほど広がりがスゴいです。私はどういうお手入れ方法をしていけば良いでしょうか?

 

A.
くせ毛を綺麗にするのはやはり縮毛矯正しかありません。納得いかないのは縮毛矯正がだめなのではなく、する美容師の技術不足であると思います。 本当にジレンマを覚えるところです、縮毛矯正で綺麗になるはずです。綺麗な縮毛矯正をしてからのホームケアでよりきれいになるのですが、これを言っても仕方ないところですので、対処としてのポイントは保湿と髪をしなやかにして、しっかりブローする事になります。特にCMCプロ、スーパーシャイニングジェルの併用、CMCプロを付けた後8割ほど乾かします。その上にジェルを少量しっかり擦り込みます。これでブローしてください。仕上げでアイロン入れるとなお綺麗になります。(アイロン入れる前にさらにほんの少量のジェルを擦り込んでやると良いかと思います。決して付け過ぎない)
以下も参考に

http://kf-shop.ocnk.net/page/31

 

お気づきの通り全て似たようなお悩みです。

もっともっと相談いただいておりますが、ほんの一部です。原因は縮毛矯正がきれいになっていないという事、それを毎日一生懸命アイロンでスタイリング!何のために縮毛矯正したのやら?まさに悪化スパイラルです。これ以外にも縮毛矯正の最悪な失敗例はトロ毛現象ですが、今回の質問は全て単純に縮毛矯正が綺麗になっていないという事だと思います。だとすれば本来修正技術も簡単なはず。上手な美容師さんに頼めば簡単に綺麗になれます。

そうすると手入れも簡単だし無理なスタイリングも要らないからさほど傷みません、それで一生懸命ヘアケアすると必ず綺麗な髪になれます。

イヤイヤ、そこまでは分かっているんですよでも皆さん美容師不信、問題はココにあります。本来大した修正技術でもないのですが、それを可能に出来ない美容師が多いという事です。

髪の状況を見極め切れない。髪の強度に対しての薬剤の効かせ方が判断できない。髪が傷んでいるため怖がって弱すぎる薬を使う→不足現象、結果がきれいなストレートになっていないという上記の相談内容のパターンです。そしてますますの美容師不信。

そこで、少しでもホームケアで手入れのしやすい状況にできないかの質問となるわけです。

だとすればこれを見るしかないでしょう。

http://kf-shop.ocnk.net/page/31

From:内野

 

あなたはヘアケアしていて疑問に思う事はないですか?

なかなか効果が上がらない(感じない)
かえって、感触が悪くなったなど、、

髪風船では、専門店用の補修剤を提供しています、悪かろう筈はありません。でも、なかなか効果を出し切れない、また使い方によっては重くなる感触が悪くなる、そんな事もあります。(これは髪が傷むとかいう問題ではなく使い方の問題です)

という事で、今回のQ&Aを行ってみましょう。

 

お客様から、こんな困惑の声も聞かれます。

>メントバランサーαもクリアコートも使っていますが返ってツヤがないです。 重くべたつきも有ります。髪が傷んでいるから?乾かすとギシギシします。 どうしたら宜しいでしょうかアドバイスお願いします。
・・・・・・・・・・・・

このようなお悩みの、ほとんどの場合は心理的な事が多く関係しているように思われます、 髪がひどく傷んでいる、だから毎日たくさん補修剤もつける! 髪にもしっかり残った方が効果も早いだろう? 髪も乾燥させないようにアウトバスもタップリ、さらにオイルも、、、お気持ちは分かります。



では、ここで、
私たちのサロンワークでのテクニックを簡単に解説してみましょう。

シャンプー前の乾いた髪に、フィルアップローションもメントバランサーαもタップリ塗布します、 加温機浸透促進機で充分時間を置いて浸透吸着させます、場合によっては低温アイロンプレスも、 またドライヤーで加温重合等の効果も狙います。後はしっかりシャンプーで洗い流してしまいます。



『えっ~だったら栄養分全部流れてしまうじゃん!』


シャンプーで流れるような物は全て流しましょう。 それがプロ用なんです、高濃度高品質の証!
しっかり浸透、しっかり内部重合、しっかり吸着、コレで、すっきり、サラサラ、ツヤ効果、感触UP!

そうなんです、変な感触の悪さが出た場合は、、、ほとんどが薬剤の残存させすぎなんです!


そのアドバイス通り修正していただいたお客様の声も、

>アドバイス通り、べた付き感を無くす為、 メントバランサーαの順番を変えて、クリアコートも今までとまったく違った方法で使用してみました。 すると・・・ 目からうろこって感じでした!   使用法を変えるだけで、こんなに効果が違ってくるなんて。 本当に驚きと感動でした。 デジタルパーマが、こんなに艶やかに、しなやかに、仕上がったのは初めてでしたし、 べた付きも無くなり、さらさらになったんです。  デジタルパーマをかけて、いつも後悔の連続だったのに、 こんなに嬉しかったのは本当に初めてでした。 いつも、的確なアドバイスをいただけるので、本当に感謝しています。

 

いかがですか?

アナタも、疑問に思う事は質問ください。
使ってみて色んな方法試してみて最も良い自分なりの方法を探すのも、ヘアケアの楽しみです。

髪風船の補修剤でケアしている事は、毎週美容室で本格的トリートメントしている事なんですね。
持続させると必ず良い結果が付いてきます。

 

P.S.
べた付き、感触の悪さ、ツヤが出ない、、、etc.
もしそんな現象が出たなら、それは剤の残存させすぎ、不必要な表面に残る剤は洗い流しましょう。とは言っても、市販シャンプー(?の洗浄基剤)では、やはり効果は半減する事さえ考えられます。
そこで、つやサラ補修のために作られたシャンプーがコレ

http://kf-shop.ocnk.net/product/93

From:内野

 

この質問って、もしかしたら皆さんの素朴な質問かもしれません、アナタはいかがですか?

是非あなたからの質問お待ちしております。ただし、該当者のためにシェアさせていただく場合がありますので、よろしくご理解ください。(すべての髪の悩みの方々のために)

では、行きましょう。 

質問者

ビビリ毛について
1週間ほど前に、根元のリタッチ(白髪染め)と縮毛矯正かけました。24時間過ぎてシャンプーしたら内側の髪の毛がチリジリゴワゴワとんでもない事になってしまいました。こちらの商品を見て、すがりたい気持ちになりました。まずは、何を購入するのがよろしいでしょうか?また、こちらの補修剤などを使うと、ますます人工的な毛質になって、本来の美しい髪に戻っていくのか不安なのですがどうなんでしょうか?

 

今回の素朴な質問:

>こちらの補修剤などを使うと、ますます人工的な毛質になって、本来の美しい髪に戻っていくのか不安なのですがどうなんでしょうか?


昨今はほとんどの情報がネットで簡単に入手できます。そして、最も厄介なのは、情報が錯綜している事。いろんな意見があります。はたして、どれを信じて良いのやら?

いかがですか?あなたもそんな思いしていませんか?

私が感じる事は、
それぞれの意見が断片すぎるという事です。間違いではありません、でも全てにおいて正解でもありません。その記事を書いている人も、細切れの情報を書いているだけです。
もし、全てを理解したいなら、、、
100記事書いていれば、100記事読まなければ、その真意は理解できない事もあります。情報発信者からすれば、伝えきれない事のジレンマがあります。長いお付き合いお願いします。

さて、そんな思いを理解してもらい、


私の解答編です。

>こちらの補修剤などを使うと、ますます人工的な毛質になって、本来の美しい髪に戻っていくのか不安なのですがどうなんでしょうか?


「人工的な毛髪」とは、無理やり1時的に何らかの材質でコーティングして綺麗を作ってしまう技術かと誤解されている感じです。そして逆にそれが綺麗な髪に戻るのを邪魔してしまい元には戻らない髪に変化してしまう???それが怖い不安ということでしょうか?

でも大丈夫ですよ、
傷んだ髪は何をしても「本来の美しい髪」には戻らないというのが本当なのです。


だとすれば、、、

ハイダメージは本来髪が持っている、たんぱく質、CMC(細胞膜複合体)などが破壊流失した状態。ビビリ現象はその傷み状態がさらに毛髪変形した状態をいいます。それらを健康毛の状態に少しでも近づけようと、擬似的ではありますが、たんぱく質、CMCなどの補給、また、ビビリ現象が出やすい乾燥を保湿効果のあるしなやかな髪に作る事で緩和させて、本来の美しい髪に疑似的に戻していこうとする事です。

言われている本来の美しい髪に戻す事(擬似的に)を考えての処方です。

上記で説明した、擬似成分で健康毛に近づけるだけです。

 でもこれが非常に大事な事で、


●健康毛に近い状態を維持するという事、
毎日を快適に過ごし、ダメージをストップするという事、

 その逆に、ケアをしないと、、、

●毎日憂鬱です、イライラします。
それとびっくりするスピードで、髪はダメージを進行させます。

 

さてさて、あなたはどちらを選択しますか?

ぜひ、補修の本質を理解してもらって少しでも良い状況になれるようヘアケアをしてください。

 

P.S.
補修の効果を左右する、ヘアケアの基本はシャンプー、そしてその良し悪しはシャンプー基剤で決まります。

http://kf-shop.ocnk.net/product/93

 

From:内野

uchino

 

前回は、おしゃれ染VS白髪染

果たして、

髪が傷みやすくなるのはどちら?
みたいな話をしました?
 

読んでいただいた方から質問いただきました。

「内容は理解できました、対処として≪不必要なブリーチをしない事≫これに尽きますという事ですが、実際はどんな事を注意すれば良いのでしょうか?」

そうですね、なかなか1記事ですべてを話す事は難しく不完全燃焼な気分です。

そこで今回は、もう少し具体的に書いてみましょう。

 

傷みの根源は、ブリーチにあり。 

髪を明るくする、
明るいヘアカラーをする
明るめの白髪染をする、、、

色んな状況があるでしょうが、

髪を明るくする行為には必ずブリーチが必要。

上記でも黒く色を入れるだけなら、全くブリーチを起こさない、カラーバター、カラートリートメント、へナ、マニュキアなど傷まないカラー剤は多くあります。でもその全てが、明るさは望めないという事、ただ色を入れるだけ。 髪を明るくするというのは、すべてブリーチの仕事なんです。たとえ白髪染めでも、黒染めでも、過酸化水素水の2液が使われているアルカリヘアカラー剤は全てブリーチ剤と同じです。

ここをしっかり認識してください。そして、髪の中でブリーチが起きているという状況がダメージに直結していきます。

 

で最初の話に戻りますが、髪の傷みを少なくする事は、≪不必要なブリーチをしない事≫ここに戻ります。

どうすれば不必要なブリーチを起こさないようにできるか?

ブリーチの理論は、薬剤の中のアルカリと、2液の過酸化水素水濃度で決まります。これらを調整すれば良いのです。単純に言えば薄めれば弱くなります。

 

アルカリはアルカリ度数と言ってアルカリの量を減らす、
過酸化水素水は通常6%濃度です。これも薄めれば良いのです。

それに特に市販の製品はより染まりやすくするため、アルカリ濃度を高めに設定しているものが多いのです。でも単純に水、トリートメント剤を混ぜて薄めれば良いという事ではないでしょう。白髪染に限ってい言えば、薄めすぎるとその中の色素濃度も薄くなってしまいます。(染まりが悪い)

 考えるべきは、、、

染料(色素)濃度を落とさなくて、アルカリと過酸化水素の濃度を限界まで落とせばよいのです。

 

そこで、、、
薄め剤として、カラーバター(カラートリートメント)を混ぜるのです。

 

どの程度混ぜるのか??

当然多く入れ過ぎると、ダメージは少なくなりますが、染まりも弱くなります。

白髪染めの根元などでしたら、2~3割で、逆に毛先などの退色した部分を染めるのなら、カラーバターのみでまったく傷みがない色素補修ができます。

 

P.S.もっとツヤピかのヘアカラーがしたい方は、、、

kara.jpg 

From:内野

uchino

 

にっく気かなヘアカラーの傷み、、、ダメージ毛、ビビリ毛、トロ毛、

こんな、イヤ~な言葉、

その根底にあるのが、ブリーチ(脱色)の効くヘアカラー、もっとはっきり言えば、ブリーチがハイダメージの原因です。

 

「私はブリーチしていない。白髪染だから関係ない」

ちょっと待って!その考え方が失敗の始まりです。

では、行きましょう。

 

原因とは、、、
毛髪強度を低下させるという事、強度が低下した結果、縮毛矯正パーマで一気にビビリ毛、、、

例えば 縮毛矯正のみを連続している方は(染めてない方)それほど傷みを進行させる事はありません(率の問題)

 なぜなら、、、
縮毛矯正もパーマも、薬品など適正に作用させると、さほど傷めないように調整することは十分可能です。 

 

しかし、、、
通常の2液(過酸化水素水)を使う酸化型のヘアカラー、ブリーチ剤、白髪染などは、そのブリーチ度によって傷みは確実に進行します(強度低下します)これはどんな優秀な美容師がやってもです!基本的なブリーチによるダメージは防ぎきれません。おしゃれのためには、明るくする事も仕方ありません、まして白髪染も仕方ありません(私も2週間に1回しています)

 

予防する事は、 ≪不必要なブリーチをしない事≫これに尽きます。

 

髪風船には毎日多くのハイダメージ毛のご相談が舞い込みます。そのほとんどの方はヘアカラーをしています。もちろん当店も縮毛矯正の専門店ですが気を付けるべきは、ヘアカラー毛です、

  

さてさて、ここからが本題です。

あなたへ問題を出します、、、

 

●明るめのおしゃれ染(ブリーチ毛)と
●黒に頻繁に染めている白髪染、(上記の一般的なヘアカラー)

どちらがその後の技術で傷みやすいか???

考えてください、、、

もちろん細かい条件で全く違いますが、

では、回答です、

圧倒的に白髪染です。

 

その心は、、、
まず、おしゃれ染の場合、少々明るくしていても、そのブリーチ度は目に見えています。
(いかに傷んでいるかが、目に見えているわけ)

もちろん危険で難しいです。でも慎重に、薬品選定さえ間違わなければ問題ないでしょう、慎重さが要求されます、ここで失敗する美容師は経験が浅い、慎重さがない、毛髪診断ができない、薬品選定ができないなど、未熟と言わざるえません。単純にそう言う事です。

 

しか~し、

頻繁にされている白髪染(これがセルフカラーなら、なおの事)

これは厄介です、

 

だって、髪は黒く、中の状態は見えません、場合によっては染めている事すら、申告してもらわないと気付かない事さえあります。

まず、白髪染はおしゃれ染と違って、ほとんどの方が頻繁に染められます、白髪染(一般的な2液付きのタイプ)といってもその内容はバリバリのブリーチ剤です、そこに濃い色素が入っているわけです。染められた髪の中を想像してみましょう。表は黒くても中のメラニン色素は完全破壊、キンキラ金髪の状態になっています(いやいや本当ですよ)

2週間に1回でも染めている方は、2週間に1回ブリーチを続けているという事です。

特に、、、
たとえ美容室で染めている方も、生え際トップのほう、この辺の髪は途中自分でリタッチしたりする方が多くいます。

そうなると、
前のほうと、後ろの髪では毛髪強度は全く違います。そんな場合の失敗は、トップ顔周り薬品を付けて5分もすると髪が溶け出すなんて事も。あわてて流しても、ビビリ毛、、、

 

もちろん、お得意様などの場合は、過去のデーターから判断は容易につきますので、さほど問題ないでしょう。

しかし、白髪染している、あなたが、もし、、、

初めてのお店でパーマ縮毛矯正するとしたら、この判断が非常に難しいものとなってきます。

 

このように、明るいブリーチおしゃれ染よりも、頻繁にされる白髪染めのほうが圧倒的に毛髪強度は落ちているし、傷みやすくなっているという事実を認識して予防されると良いかと思います。

 

まずは、初めての美容室で矯正などする時は、白髪染めの状況をしっかり申告してみてください。また部分的にご自分でリタッチしている時もその旨、担当美容師に申告するべきでしょう。これらは、すべて自分の身(髪)を守るためです、万が一何らかの失敗があったとしても、申告していたのと、していないのでは、その責任所在の比率が全く違ってきます。

内野サイン

PS,
『予防美容は美容師の問題で責任ですが、あなたもその知識を持って認識をする事が、あなたの髪を守る予防美容なんです』

傷んだ髪は治らない、傷めない事が最大のヘアケア、

自分でできる、前処理の予防策は

http://kf-shop.ocnk.net/product/73

From:内野

 

 

湿気が強い時
くせ毛の方は、いくら朝から綺麗にブローしても、
すぐ髪がうねうねボワボワ、まとまりが良くありません。

 縮毛矯正も必要になってくるでしょう。


そんな時、
是非、良い状態で施術を受けたいものですね。
もちろん、優秀な美容師さんは、
抜かりなく薬品選定してくれるでしょう。

 

でも非常にコンディションが悪い状態では、
やっぱり薬剤の過剰反応などで
失敗する事も多々あります。

 

しかし、
これを読まれてる髪風船の
お得意様のあなたは補修剤使っていますよね。

せっかくですから、ご自身でもしっかりケアしてから
美容室に行ったらいかがでしょうか。

  

実は、こんな質問も多くあるのです。

「美容室にパーマかけに行くんですが、補修剤は使って行ったほうが良いでしょうか?」

 もちろんあなたが通っている美容室は、
それなりにしっかり対処してくれていると思いますから
気にする事もないとは思います、が。 

でも、もし、不安があるのなら、、、

 

今回はパーマ、カラー、縮毛矯正など
美容室にて薬品を使う時に


事前に使用、処理しておいた方が良い方法を伝授しましょう。

 

前日まで2~3日集中補修をします。
その時使用するものは、内部補修剤のみです。
そう、【フィルアップローションインナー】のみです。
CMCプロ100】も使って構いません。

 

特に1週間ほど使用をストップ
したほうが良いのはクリアコート

もし普段のお手入れでアウトバス製品を使う時は
極力毛先中心で少量使うと良いですね。

 

基本的な考え方として内部充填をしっかりしておく、

これによりパーマ、カラー剤の浸透調整をします。
むらかかり、むらな染まりが防げます。
当然ダメージ軽減になります。

 

 こんな事書いていると、、、
これ見た美容師、言うでしょう。

「そんな事言われなくても、しっかりしているよ」

 イエイエあなた(美容師)の事を
言っているのではないのです。
薬剤調整すら出来ない美容師が
世の中にはゴロゴロいるんです。

 

実際のところ、

髪風船の相談者のほとんどは
美容師不振に陥っています。
だから自分での防御補修を考えているのです。

 

そして、その方法を教えているのです。

 

さー、本物のヘアケアしましょうね。

 PS、
そんな前処理補修の基本になるのが、コレ!

http://kf-shop.ocnk.net/product/73




 

 

 

From:内野

あなたは、どう思います?

髪が傷んでいると乾かすのも大変、このブログでも良く出てくるビビリ毛にトロ毛、
そう!ハイダメージ毛、トロ毛などの典型的毛質それが親水性毛、このブログ読者なら理解してもらっていると思うのですが、初めての方はよく分からない言葉が出てくる?

 

例えば
白髪染など頻繁にカラーしている方は髪に腰がなくなってきます。もうこの時点で髪に本来あるはずのCMC(細胞膜複合体)と言う成分は全くない状態、まして縮毛矯正など併用されている方は、さらにたんぱく質、キューティクルのダメージが進んでいます。

この状態になると濡れている時は髪の強度が極端に弱くなっているんですね(ウエット強度)シャンプー後など濡れた状態を見ると、クチャとなって櫛も通らない、引っ張るとプッツンと切れる、ヌレヌレ、ベタベタしたりなんて事にも、この場合、髪は必要以上の水を含んでいます。ドライヤーで乾かそうにも、なかなか乾かない。

 

それに比べ健康な髪は疎水性(疎水化)と言ってキューティクルもしっかりしていて常に12~15%の水分を蓄えていますし余分な水分は弾くような作用があります。この状況を保つためにCMCがしっかり役割を果たしているという事です。乾かす時も簡単に乾きます

そうなんです。

健康毛は水分保持力が高い、12%~15%を常に維持します。逆に乾くのも簡単(疎水化)

 

不健康な髪になると、水分も必要以上に含んでいる為ドライヤーかけても、なかなか乾かないのですが、逆に水分保持力がないので放置しておくだけでも必要以上に乾燥してしまいます。こうなると髪はゴワゴワギジギジ硬くなるし、髪は乾燥するとよれる習性があります。ゴワ、ギジに+ボワボワと最悪
水分含みすぎからの乾燥過多と振れ幅が大きい為手入れが大変。水分5%~25みたいな感じです。

嫌ですねー、さらに最悪なのがこれからの季節、そう!梅雨、いくら朝からきれいにスタイリングしても(親水性)湿気吸ってチリチリボワ~(泣)

やはりこれは強力に内部補修にCMC補修が必要です。
(もう少し待ってください)今、最高の疎水化オイル開発中です。

 

では、では、関連して良く受ける質問に行ってみましょう。
あなたはどう思います。

「傷んだ髪は乾燥が良くないから、あんまり乾かしすぎない方が良いですよね?」

そうです、乾燥しすぎると、上記で書いたようにゴワギジボワ~です。
しかし、、、濡れている状態は、さらに弱い状態(ウェット強度)とこれも上記で書いています。半乾き(半濡れ)状態では簡単に髪は切れたり強く引っ張るとビビリもできます。ましてこの状態でアイロンなど使うものなら、さらにビビリダメージ進行です。少なくとも半乾き状態より、完全乾燥した髪の方が断然強い状況になっています。

 

問題は乾燥させすぎないようにする事。

シャンプー後にしてもイメージ的にはドライヤーで乾かすのは良くない!
なんて思いますよね、これも間違い、自然乾燥が最も良くない方法です。自然と髪はよれて乾いていくし、サラサラにはなりません。気づいた時はすでにバサバサが自然乾燥、

 

最もお薦めは

シャンプー後CMCプロをたっぷり目につけて、ドライヤーでしっかり乾かしましょう。90%ほど乾かしたら、スーパーシャイニングジェルを擦り込みます。そこで綺麗にスタイリングしながらブロー仕上げです。これで完全乾燥、CMCプロとスーパーシャイニングジェルの力で適正水分を保持させましょう。

 

PS、
疎水化トリートメントならこのやり方が効果的でしょう。

http://kf-shop.ocnk.net/product/81

 

PPS、
こんな声も(ビビリ毛の補修の声より)

洗い流してみるとペッタペタのトロットロ...これ本当に髪なの...という絶望的な状況、・・・

届いたR2シャントとフィルアップローションをたっぷり髪に馴染ませメントバランサーαを塗ってシャンプーしたところ髪の毛がキュッキュしたのがまず衝撃でした。あんなにトロトロだった髪の毛がキュッ...キュッ...?タオルドライのあとCMCプロ塗ってブローすると、あっという間に乾きました。仕上げにジェルを塗って低温アイロンで伸ばしたところ、天使の輪まで出来る始末です。ここまで綺麗にダメージを隠せるのはとてもありがたいです。

From:内野

もし、あなたの髪がパーマ、縮毛矯正失敗で、バサバサチリチリで外にも出たくない、人に会うのも嫌だと思っているなら、時間はかかってもきれいになれるよう変化しよう。

それは可能だ!今は無理だと思っていても、、、

出口の見えない真っ暗なトンネルの中、手探りで焦る気持ちを抑えながら歩いていたら、小さな光が見えてきた、「あれが出口かも?」頑張って歩こう。

そうすると、、、
明かりはどんどん大きくなって、その先にはやっと外の景色も見えてきた。もうそこがトンネルの出口だ。

・・・・・・・・・・・・・・・

お一人のお客様からのご相談と、私からの回答です。すべてに詳しく回答していますが、あまり長くなるので1部抜粋しています。

・・・・・・・・・

今週、修正セットが届き、2日使いました。指通りはよくなりましたが、うなじあたりの髪が、ほうきみたいです。毎日、髪を結んで仕事に出掛けますが、朝、落ち着いたようにみえた髪が10時ころには、結んだところから毛先にかけてボワッと膨らんで来ます。一日中、この傷んだ髪のことばかり考えてしまいます。

 

回答:

お気持ちお察し致します。髪の傷み自体は簡単には改善できないので、まず、今の感触を上げるようにやり方を慣れてください。ケアは今始まったばっかりで、現状はまだまだ水分保持力がない状態です。シャンプー後付けただけでは足りません。必ず朝からもCMCプロを軽く霧吹きして、よく馴染ませ、7~8割ほど軽く乾かします、そこでスーパーシャイニングジェルを少量擦り込みます。それから軽く仕上げブローしてください。この時のCMCプロの濃度とか、付ける量、乾かす程度、またはスーパーシャイニングジェルの付ける量(少量)で保湿力感触が違ってきます。まずはこの辺りを慣れてください。

ヘアケアはずっと続くものです。焦らず、ゆっくり慣れていきましょう。

 

・・・・・・・・
さらに、翌日

こんばんは‼︎いつも、ありがとうございます。
泣きたい気持ちをこらえた毎日です。フィルアップローションは、今そのまま薄めず使っていました。CMCプロは2倍に薄めて使っています。夜、髪を乾かした後はパサパサ感がありますが、朝起きた時は、手触りはまずまずです。毎月、根元だけカラーしてもらってますが、伸びた分だけ切って、今のストレスから解放されたいです。

 

回答:
お気持ち察します。最初の状況説明メールを読んでみましたが、確か、パーマをかけての失敗ですね。よってなかなかパーマによるボサボサ感が取れないはずです。決して補修剤は万能ではない事はご理解ください。初めに私が説明したように、パーマ自体を綺麗なストレートにしないと正直手入れが大変です。

・・・・・・・・・・・・・
そうして少しづつ、、、


修正セットを使い始めて1週間になりました。夜、すべてのお手入れが終わると、柔らかい、サラサラの指通りになるのですが、朝にはまたボワッと広がっています。仕事復帰の際に少しでも朝が楽なように、デジパでおしゃれに...が、チリチリで、朝晩、通常の倍の時間がかかって、現在、最高にくたびれています。見た目はボサボサですが、指通りは良くなっていると思っています。このまま、しばらくは修正セットでお手入れすればいいのでしょうか⁉️

 

回答:
パーマ失敗の場合早急な改善は期待できません。もちろん時間かければどうにでもできますが。まず初めにしっかり理解してください。指通りが良くなっていることは補修効果は表れています。しかしボサボサになる、これはパーマのせいです。初めにアドバイスしたこと思い出してください
コピペします。

>ストレートに戻す場合、もっと傷んでしまうことはないでしょうか?
理論上は傷みますが、ジリジリ状態が解消できればかえって綺麗に創ることは可能ですし、そのままよりはるかに手入れは楽です。私なら迷わずお勧めします。とは、言うものの上手な美容師にやってもらう事の条件付きです。

解決法は、
1.ベースを綺麗な形状にする事、
2朝からスタイリングをする事、
3朝から必ず、CMCプロとジェルで少しでも保湿効果を上げおさまりが良いようにお手入れする事です

補修剤は魔法の薬でも何でもありません、専門店で使うトリートメント剤です。パーマ自体が失敗しているのであればまずはそれを解決するべきです。それからのケアが功を制します。そこをご理解いただき、それでも補修剤のみに頼るようなら、必ず朝からの保湿を高めるように考えてください。それと1~2か月は時間をかける心づもりで頑張ってください。早急にと考えるなら、やはり上記の1.2を考えましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも、お世話になっております。昨日、ペリセールが届きました。シャンプー前に霧吹きして、シャンプーにも混ぜてみました。夜、シャンプーした後は、いつもと同じ感じだと思っていましたが、今朝はサラサラ、軽い感じで、気持ちまで軽くなったようです。パーマの失敗なので見た目あまりよくありませんが、手触りがいいだけでも私には救われた気がしています。


回答:
そうですね、パーマ、くせ毛はベースを綺麗にしないとなかなか綺麗に見えないものです。しかし、効果は出てきますので、確実にお手入れを続けてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんばんは‼︎
修正セットを使いはじめて1ヶ月経ちました。パーマ失敗でゴワゴワ、チリチリだった髪が、手触りも、なめらかになりました。矯正はしてないので、見た目はヘンで、とても髪をおろしてはいられませんが、今は、シャンプー前にフィルアップローション+ペリセール...シャンプー後にはメトバランサー+トリートメント...CMCプロにスーパーシャイニングジェルで終了です。夜、しっかり保湿すれば、朝はまとまりがいいので、洗い流さないトリートメントをつけて髪を結んで仕事に行ってます。

・・・・・・・・・・・・・・・

その後

修正セットに加えて、パフォームクレンジングやエモリエントシルキーマスクを使えば、もっと修正出来るのでしょうか?

回答:
補修効果が上がりやすくなるような目的で作っていますので、感触が上がリまとまりが良くなります。

・・・・・・・・・・・・
さらに、、、

いつも大変お世話になっております。先日、以前から使いたいと思っていたパフォームクレンジングとシルキーマスクを購入しました。パーマ失敗で、ゴワゴワパサパサチリチリの髪が、髪風船さんの修正セットでだいぶマシになってきたところでしたが、クレンジングとシルキーマスクで髪がとぉっても軽くなり、櫛通りもよく、サラサラです。何度も触ってしまいます(๑˃̵ᴗ˂̵)ワンカールだけのパーマのオーダーが、目のあたりからの失敗パーマ、絶望的な髪とあとどれくらい付き合わなければならないのか、とため息ばかりついていました。このクレンジングとシルキーマスクがあれば、なんとか乗り切れそう...そう思えるヘアケア製品に出会えたこと本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

回答:
パフォームクレンジング、シルキーマスク気に入っていただけたみたいでうれしく思います。
お手入れは時間がかかります。ゆっくり長くお付き合いください。
・・・・・・・・・・・・・・

 

 

いかがでしょう?
パーマ、縮毛矯正の失敗は本当につらい、中にはストレスで寝込んでしまう人もいらっしゃいます。そんなご相談は毎日です。
こちらのご相談者も、初めは〝泣きたい"〝辛い"、その絶望的なストレスから1日も早く解放されたいという思いだった事でしょう。でも頑張って1か月はかかりましたが、「髪がとぉっても軽くなり、櫛通りもよく、サラサラです。何度も触ってしまいます(๑˃̵ᴗ˂̵)」

 

こちらの事例はパーマのジリジリボワボワ変形ですから、まとまったスタイルにするのは大変ですし、時間もかかりますが状況次第では初めから綺麗になる人も多くいます。アナタはいかがですか?人それぞれ状況は違います。大事な事は状況にあったケアのやり方をマスターする事なんです。それとヘアケアは一時の事ではありません。ず~っと続くものです。本物のヘアケアをマスターしましょう。

 

 

PS、
あなたも補修剤使っていますか?そしてもっと効果を上げたいと思っているなら、こちらが効果を上げます。

http://kf-shop.ocnk.net/product/93

From:内野

 

最近、人気があって、質問の多いのが、、

メンディングメイド

   『メンディングメイド』

皆さん関心が高いみたいです。
コレ知らない方は、何の事か分からないと思いますので、簡単に説明しますね、、


主な効能は、過酸化水素の除去、とアルカリの除去が目的の製品で、
ヘアカラーのアフターには必需品です。
もちろんそれ以外にもパーマ縮毛矯正などのアルカリ除去、
2液等に使われる、過酸化水素の除去に使います。

 

  お客様からの質問:

メンディングメイドもとても気になっているのですが、ホームカラー時にしか使えませんか?
普段のトリートメントとして使用してもいい物でしょうか?

 私からの回答、、

コレは常備してもらいたい製品です、カラー後、また美容室でのパーマ後、縮毛矯正後自宅でのアフターケアに全てに必要です。さて質問の普段のトリートメントとして使えるか?
『も ちろん優れた補修トリートメントとして使えます』ただし、これはさふたー処理剤としての目的になっておりますので、さほど感触をお上げるようには作ってい ません、物足りない場合は軽く流した後、エモリエントシルキーマスクで毛先の方など感触を上げるようにすると良いかと思います

 もちろんアウトバスとして使って全く問題ありません、ヘアミルク(クリーム)みたいな感じでシャンプー後の濡れた髪に毛先中心で使ってください。コラーゲン、各種オイルが効果を発揮します。お勧めです。どうぞ参考にして下さい。

 

 こんなお客様の声も:
 
ホームカラー成功しました!
フィルアップローションと、メンディングメイド、最高です。更にカラー剤に、ぺリセールを少し混ぜたので感触の良いホームカラーができました。有難うございました。シャンプー後に再度、メンディングメイドをつけて流した時、いつものごわつき感が全くなかったです!メンディングメイド良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と言う事で、パーマ、カラー、縮毛矯正などされる方は、
ぜひ、ホームケア用として常備しておきたい製品です

   『えっ、まだ良く分からない??』

 じゃあ、詳しくは↓
http://kf-shop.ocnk.net/product/89

 

★お詫びとお知らせ:

髪風船の人気補修剤、メントバランサーα、当然あなたもお使いだと思いますが、こちらの200ml製品が完全な在庫切れです。
大変よく動く製品だけに、当分の間ご迷惑おかけすると思います。

さて、その原因経緯ですが、実は、、、
パッケージが完全リニューアルします。中身は変わりませんが「お客様の声」など参考に、もっと使いやすく、デザインしました。ご期待ください。(発売までに1か月くらいかかるかと思います)
※1000ml(お徳用)の方はまだ少しありますので、緊急に必要な方は、出来ましたらそちらの方をお買い求めいただくと良いかと思います。こちらは今後とも変更ありません。(在庫40個ほどあります、無くなればこちらも1か月ほど先の入荷となります)

http://kf-shop.ocnk.net/product/59

From:内野

 

今日の記事は
パーマもカラーも縮毛矯正も
していない方には必要ないかもしれません。
読むだけご迷惑おかけしますので、
このままスルーしてください。

しかし、、、

あなたが、パーマ、カラー、縮毛矯正など
しているのなら必ず参考になると思います。

 

これらメニューは、ほとんどの場合、
薬剤の効果を上げるために
髪を膨潤させたり、
キューティクルを広げて
薬剤の浸透をしやすくします。
これらに必要なものが
アルカリなんですね。

薬剤処理が済んだ後も
シャンプー水洗処理だけでは、
髪の等電点(健康な状態は弱酸性)
に戻ってないわけです。

そのまま放置しておくと、
パーマ、カラー後の
バサバサ感など続きますし、
シャンプーの度、
内部タンパク質の流失も有るので
当然髪は傷みを進行させます。

カラーの場合は退色も激しくなります。

さらに、、、

これら薬剤処理は、ほとんどの場合、
過酸化水素水を2液で使います。

カラーに至ってはその2剤は
完全に過酸化水素水です。

 

さらに、まずいのが、
髪内部に残りやすいという事、
これは完全に除去しないといけません。

髪のバサツキ傷みの進行につながります。

もちろん、

美容室では後処理は
されているところも多くあります。
しかし、、、
していない所もある事は確かです。
あなたの行きつけはいかがですか?

セルフカラーの場合は
そのシステムには後処理はありません
傷みやすくなる事は確かです。

 

また美容室でやっていても、
髪はまだ数日デリケートな状態に、
最低でも直後3日~1週間は、

アフター補修
ルカリ除去、
過酸化水素水除去

自宅でもやったほうが確実に
良い状態に持っていけますし
ダメージ度合いも違ってくるというものです。

 

自分の髪は自分で守りましょう。

 

その為にする事は、、、
髪風船のお客様なら、もうお分かりですね?

こんな声が聞かれました↓
「本当に髪の手ざわりが違い、本当に良さを実感しています。」

http://kf-shop.ocnk.net/product/89

 

 

 

From:内野

 

毎日、沢山のメールが入ります。お喜びの声、初めて使う方からの使用法の疑問メール、さらに質問メール、

アナタはいかがですか?

当方から提供しているのはプロ用です、色んな疑問を持ちながら試行錯誤されている方も多いと思います。
そこで、お客様からの質問(一部ではありますが)Q&Aをシェアさせてもらいましょう。

アナタも同じような疑問があれば参考になるでしょう。

 

>フィルアップローションをシャンプー前に塗布しドライヤーで軽く乾かすと髪の毛が固くなります。

高濃度ですから、髪表面の分が固まります。まったく問題ありません、または2倍まで薄めてください。高濃度製品の証です。フィルアップローションはタンパク質の内部補修剤で、本質的なケア剤ですから感触的な即効性を期待せず使用続けてください。もちろんシャンプーすると余分なものは取れますので気にする事はありませんし必要なものは浸透するように設計しています。ご安心ください。

 

>タオルドライの時にCMCプロを軽く塗布しスーパーシャイニングジェルを小豆1粒位毛先に塗布しています。

シャンプー後濡れた髪にはCMCプロ原液または2倍液を多めに霧吹きします。CMCプロをいったんある程度乾かしてからのスーパーシャイニングジェルの使用です。これは付け過ぎないように、少量をしっかり擦り込むようにしてください。これで必ず感触は良くなります。保湿の程度とジェルの量、擦り込み方が大事です。

 

>朝はCMCプロを軽く塗布しておりますが他の方の様に効果が見えないのですが。

朝は乾燥している髪にCMCプロの2~3倍液を軽く霧吹き馴染ませ、いったんある程度乾かします。それからスーパーシャイニングジェルをほんの少量手の平に取り良く伸ばしてしっかり擦り込みます。これで髪がしなやかになり滑りが良くなります。そこでブラッシングまたは仕上げブローしてください。効果が感じ切れないのは、保湿の程度と乾かす程度、ジェルの擦り込み方これをいろいろ試してください。

 

>それと堅くパサついた髪の毛を何とかする方法があるをあれば教えてください。

保湿のもっともよい状態を知る事、(CMCプロの濃度、霧吹きの量、その乾かし具合)その状況でジェルをほんの少量擦り込む事、(量を知る事、少量を手の平に良く伸ばし毛先中心で擦り込みます、)何度か試して、そのタイミング、量を理解する事。これでかなりしなやかで滑りの良い髪が手に入ります。


 

いかがでしょう?ほんの一部ですが、もっとたくさんの疑問ありますので、シリーズ的に紹介していきたいと思います。
 

PS、
さらに毛先バサバサ髪、乾燥で指通りの悪い髪、CMCの不足、しっかり内部保湿を心掛けましょう。
この場合は部分補修の考え方が必要で、より感触を良くするためにはこれがおすすめ

http://kf-shop.ocnk.net/product/81

 

From:内野

 

最近良く質問受けます。
くせを伸ばしてもすぐに戻ってしまう、アイロン当てても1時間もしないうちにまたボサボサになる。


アナタはいかがですか?そんな思いありませんか?

髪をきれいに創る、ビビリ毛を修正する、ボサボサをきれいにする、さらに長持ちするスタイリング、、、これらは全て同じ理屈です。

 

例えば
パーマのスタイリングでも、朝からバサバサの乾いた髪に一生懸命アイロンを当てる、カーラーで巻く、逆に、、、湿してから、すぐにカーラーを巻く、おかしいですね???では、ビビリ毛ボサボサ状態の手入れはいかがでしょう。朝から、ボサボサ状態をきれいにしようと乾いた髪を180度のアイロンでしっかり伸ばす、反対に湿った状態にアイロンを当てる

アナタはそんな事は無いでしょうが。これらは全て間違いです。


しなやか艶サラッとはならないでしょう、また綺麗になったとしてもその持続性は無いでしょう。1時間もしないうちに戻ってしまう、な~んて事にも。髪をきれいにしようとしながらバリバリ髪を傷めてしまうという事に。

 では、何が間違いで、どうすれば綺麗になって長持ちするのか?

 それが、、、
基本を知る事なんです。

その基本になるのは水分コントロール
専門的に言うと水素結合を操る事。

 

●ボサボサを綺麗にするのも、
●ビビリ毛を綺麗に創るのも、
●パーマのスタイリングも、
●艶やか持続ブロー、またはアイロンも、

全てが水分コントロール!
水分を持ち過ぎている状態で仕上げても全く決まらないし、すぐにお戻ってしまいます。逆に水分の無い乾いた髪で綺麗にしようとしてもなかなか決まらないし、熱とテンションが必要になります。もちろん艶は出ないし傷みはガンガンに進行します。綺麗にしようとしているのに逆効果。


全て、、、
まずは水分を持った状態から、
完全に乾く時に全て綺麗になります。

ここです、ここが最も大事なポイントです

水分を持っている状態は髪は柔らかく、自由に動きます、
それから完全に乾く瞬間にスタイリングが決まります。

朝からでもバサバサに乾燥していたら、必ず軽く霧吹きして水分を与えましょう。それからスタイリングです。
注意: まさかアナタは朝からなど乾いた髪にオイルだけ付けてスタイリングしていないでしょうね?
スタイリングに必要なのは水分であってオイルではありません

 

さてさて、かなりしつっこく理屈を書いていますが、
ここでさらにポイントは、、、

良くあるのが朝からでも水(水道水)で濡らして寝ぐせ直し、ブローの流れの方もしあなたの髪が傷んでいるのなら、残念ですがこれも間違い、なぜなら、傷んでいる髪は水分保持力が弱いという事、艶やか、しなやかを保つ適正水分量をすぐにオーバー乾燥過多になるという事です。スタイリングしている段階で乾きすぎて綺麗に仕上がらないバサバサになってしまう。

こんな経験は無いですか?

 そう、適正水分を保持できる状態にしないといけないという事です。そのためには、水で水分補給ではなく、ローションタイプのCMCプロ1が必要、さらに保護しなやかさと保つためにスーパーシャイニングジェルこれらが活躍するのです。

適正な水分量を保持できる状態で、しっかりスタイリングこれが髪をきれいにするコツなんですね。

 

PS、
剤から入ったあなたも、是非、基本をマスターして、ヘアケアの達人になってください。
髪の傷みが気になるなら、必ず必要なものはコレ↓
http://kf-shop.ocnk.net/product/11

 

From:内野

 

あなたは白髪染はブリーチ剤だと知っていますか? 

 

 色を付けて染めるカラーとしては

●一般的な2液(過酸化水素水)がセットされているヘアカラー
●2液を使わない色を付けるだけのカラー剤があります。

 大きく分けてこの2種類を考えてもらいたいのですが、

 

おしゃれ染などの黒髪を明るい色に染めるという事は、前者の2液を使った一般的なヘアカラーの仕事になるのですね。そうなんです、明るく染めるという事はカラー色素の問題ではなく、アルカリと過酸化水素によるブリーチの力なんです。一般的な白髪染もこの部類です。白髪染は地髪が一旦ブリーチされ、その上に黒い色素が入るというシステムです。退色すると金髪状態。

●後者の物は全て色をくっつけるだけ、例え黒髪に黄色をくっつけても黒です。カラートリートメント、ヘナ、ヘアマニュキアなどはこの部類、ブリーチがされないため明るさは望めません。(髪は傷みません)


それともう一つご理解頂きたいのは、カラーによる髪の傷みは、このブリーチ(脱色)によるものだという事を!おしゃれのためなら、髪を明るくする、これも全く問題ないでしょう。でも必要以上のブリーチを起こさない工夫が大事だという事。

 

ヘアカラーのメカニズ

一般的な酸化染料(ヘアカラー)を説明しますね。
ヘアカラー剤、には1剤と2剤があります

1剤の主原料
ジアミン系の染料アルカリ剤

2剤の主原料
過酸化水素水 

この2つを混ぜ合わせます

1剤に2剤を混合し毛髪に塗布するだけですが、毛髪の中ではどのような化学変化がおきているのでしょうね。

 2剤の主剤である過酸化水素1剤中のアルカリの影響をうけ分解し大量の酸素を発生します。 発生期の酸素は毛髪に漂白作用(ブリーチ)をもたらします

一方で同時に行われている染着ですが、
1剤中にあるジアミン系色素が酸化されジアミン同士がくっつきあい色の塊となります。これを酸化重合といいます。

 一般的なカラー(アルカリカラー)は毛髪のメラニンを漂白する作用と染料を発色させる2つの事を同時に行っています。暗めの白髪染めでも漂白作用はかなりあり漂白した分だけ色素が入る為に結果として暗めに染まります。

 

 

では,まとめますね。

カラーリングには

1、髪のメラニン色素を漂白するブリーチ(剤)というのが有ります。
(明るくなるだけです)

2、ブリーチと染着を同時にする一般的なヘアカラーが有ります。(明るさと色味が出ます、暗くも出来ます)

3、色素入れのみをする、へナ、ヘアマニュキア、カラートリートメント類が有ります。明るさは望めません、色味だけです。

 

4、それに漂白(脱色)と別に、脱染というヘアカラー時の色素パラフェニレンジアミンなどの色素を分解して取る技法もあります。
一般美容室で使っているアルカリ脱染剤(ブリーチ剤)はひどく髪を傷めてしまいます。もし、黒く染めた髪を明るくしたい時は、必ず、髪を傷めない酸性脱染剤を使用ください。
それは、、、↓
http://kf-shop.ocnk.net/product/71 

 

PS、
美容技術の中で、最も髪を弱める技術が一般ヘアカラーです、自分でも常識的にアフター処理はしましょう(自宅でも)これでバサバサ髪も、ツルサラの髪に、、、(カラー後使うためにも常備しておきましょうね)↓
http://kf-shop.ocnk.net/product/90


 

★Line 髪風船公式ページ

ぜひお友達登録してくださいね~!(スマホ対応です。)

☟クリック

友だち追加

line.png

 

From:内野
サロンオフィスより、、、

 

あなたは縮毛矯正していますか?綺麗になっていますか?

ほとんどの方が問題なく綺麗な状態だとは思います。しかし髪風船にアクセスして来られる方の多くは縮毛矯正で失敗した、ビビリになった、ボサボサになった、「どうしよう」と困っている方が多くいらっしゃいます。

でも、お話を聞いて、さらに写真など見せてもらって私の観察判断からすると、半数の方は修正施術で綺麗にできると思います。

 

こう聞くと、

「え~、そうなの、だったら美容師に修正施術頼めばがきれいになれるんじゃない」
そう思いますよね。ところが実際に修正技術やって逆にひどくなった、全然変わらないなんて話が、、、

 

どうして?それは経験からくる判断と経験からくる技術だという事です。そしてほとんどの美容師が、その種の経験が足りないし知識技術が不足しているという現状です。普通の縮毛矯正はそれなりに経験していると思います、しかしハイダメージ毛の対処は経験が少ないという事です。結果、適切な判断対応ができないという事になります。

 

では実際の質問回答をシェアさせてもらいましょう。あなたはこんな経験ないですか?

Q:

アドバイス頂きたいのですが、今週 縮毛矯正に行きます。
前々回のとき、ひどいビビリ毛になり、そして前回、ビビリは避けて慎重にやってくれたのですが、ビビリと今度はストレートの失敗のひどくボサボサになる状態になりました。かなりひどいので、毎日アイロンでごまかして、我慢して仕事に行っています。縮毛矯正について、お客側から美容師さんにうまくお願いできる事はありますか?ただやってもらうのは、本当に不安で、失敗しないで下さいとも言いにくいし...。次失敗されたら、もう外にも出られなくなります。

A:

結論から言って、初めのビビリは薬剤の過剰反応かと思います。
その次が逆に美容師が怖がった為、薬剤の反応不足現象でしょう。
私がいつも言っていますが、約半数はこの不足現象が原因でボサボサになります。でも実はこの現象の修正は簡単なんですよ。縮毛矯正の成否はこの薬剤の適切な効かせ方で決まります。それは単に弱い強いという薬剤の問題ではなく、髪に対する適切な作用を判断する事が全てと言っても過言ではありません。(もちろん技術的な事もありますが、それ以前の問題)その判断が出来ない美容師が多すぎるという現状です。まさに、「失敗しないでください」と言うしかありません。また失敗しない事を願うしかないでしょう。

でも、美容師の名誉のために付け加えます。こんな事、できる美容師なら、ほとんど問題ない事です。結論は今の美容師ができないならできる美容師を探すしかないかもしれません。分かっている美容師なら、今の状況すらもっときれいに仕上げ、今後もより綺麗に創ってくれるでしょう。

諦める事はありません、もっと綺麗になる可能性は十分あります。と言うよりなるはずです。それを可能とする美容師を探す事です。(専門店などの店を探しましょう)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と言うような、回答にもならないようなアドバイスしていますが、まさに経験、技術、知識は千差万別ですから何んとも仕方ない事です。特にこの縮毛矯正という技術は他のカットやカラー、パーマなどとはまた違った難しさがあります。是非、縮毛矯正の上手な美容師を探してくださ。

PS、
縮毛矯正で失敗!そんな時はこのテクニックで、もちろん縮毛矯正失敗ではなくても髪を綺麗にするための基本的な補修ケアです。

http://kf-shop.ocnk.net/page/1

 私、もっか肉体改造中

頑張っています!


確かに効果は上がっていますが、
でも頑張りすぎは良くないですね。

「休息も大事な健康管理」なんて
自分に言い聞かせてブレーキも

さらに大事な事は、、、


一時頑張る事ではなく、やはり持続なんでしょう。

1次的に頑張ったものはリバウンドしやすいそうです。
根本的な体改造して、リバウンドしにくい本物の
健康を手に入れるためには、やはり時間がかかります。


いや、時間をかけるべきかも知れませんね。

あ、すみません、
私事なんか興味がないでしょうから本題に行きます。

 

 

縮毛矯正、パーマで失敗したことがあるあなたへ 
ビビリ、ジリジリ、、、

  
アナタはこんな思いした事ありますか?

□外で歩いていても、人の目が気になって急ぎ足になる、、
□鏡を見るのも嫌!
□髪を触るとどうしようもなくイライラする!
□夜寝ていても、髪が顔に触ってチクチク夜も寝れない!
 

いかがでしょう??
髪は女の命!

よく言ったものです、本当にそう感じます。

 

でも、ここで朗報です!

髪風船のお客様でも
ビビリが出来たと来店された時は、
ボサボサで修正技術もうまくいかないような方が、
しっかり時間かけて自宅で補修していくと、

1年後の髪を縮毛矯正する時、
あの、 ボサボサ髪だったのが、、、

綺麗になったではありませんか~~!

そう!、コレが補修の力なんです!


半年~かかる事もあります、
でも実際良くなっていきます。
大丈夫!あきらめないでください。
希望を持ってください。

 

『え~半年後???』
そうなんです、それが補修ケアというものです。

じゃあ、その間は???

自宅で(自分で出来るビビリ修正)のテクニックを使って過ごしましょう。
ちょっと面倒ですがこの方法しかありません。  

 

 魔法の薬はないのです!!

 

必ずあなたの髪をきれいにします!
でも、時間をください。ゆっくりと確実に
もちろんその間ヘアカラーでパーマで縮毛矯正で、
又、失敗しないでくださいね。
補修を続けると言う事は健康な髪を手にいれる事、
そうすると(強度が上がって)次に失敗しにくくなるのです。

 

いかがですか?
私は全て本質的な事を書いています。

 もう1度言います。。。。

本当に、綺麗な髪を手に入れたいなら、、、
ゆっくり永く的確な本物のケアを続けてください。

 そうすればこうなります、、、

http://kf-shop.ocnk.net/page/4

 



From:内野

uchino

 

ちょっと待ってください、
そんなに頑張りすぎないで!

 

髪の補修は持続こそ、
その効果を発揮します。

 

いつも言っていますが
傷んだ髪は、完全には元の髪に戻る事はありません。
疑似的にきれいな状態に作っていく考え方が大事。

そうすると、なんと、、、 

当然、毛髪強度は上がります。
キューティクルの浮き上がり、めくれなど
綺麗に修正整える事ができます。
保湿効果を上げる事も可能です。

 

このような事を処理する事で、
しなやかさを出したり、
つやを出したり、
張りこしを付けたりと
疑似的に、健全毛に近づける事は十分可能です。

 

それだけで喜んでいてはいけません、
問題はここからです、、、

良くなってきたら、
この状況を維持しないといけません。
でもここまでもってきたら、後は簡単、


持続するだけです。

 シャンプー前などの本格的な補修は
毎日でなくてもかまいません、2、3日に1回、
それでも最低1週間に1回は続けましょうね。

 

それも
『ながら補修』がお勧め

お風呂入る前、、
1時間でも30分前でも髪に付けます、
まとめといて、そのまま、
ひたすら自然放置

実はこれが効果的なんです。

連続的にすると、
どうしても放置時間が短くなります。
フィルアップローションインナー&メントバランサーアルファーでも、
しっかり時間をおいて浸透させることが大事、
でも、この時間がなかなか取れない

だったら、1時間でも30分でも、、、
テレビ見ながら、放置しておくほうがよっぽど効果的
これで完璧です、
後はシャンプーするだけ。
 

こんな感じで、頑張りすぎないで、持続する事こそ、
綺麗な髪の秘訣です。

 

さてさて今日も、
適当に、頑張りすぎないで髪のお手入れしましょうね。

内野サイン

 

PS,
ツヤツヤの髪に憧れますか?そんなあなたにお勧めは、
艶髪NO1の これなら間違いないでしょう。

http://kf-shop.ocnk.net/product/9