髪を綺麗にするブログ

112

From:内野

 

前日の記事、プロユースの製品は、なぜ沢山品数があるのか、なぜそれだけ必要なのか?に触れましたが、今回は『アイテムが多いのでその使い分けを教えて』という質問にお答えしましょう。

これは掲示板の最新の質問より抜粋しています。
非常に参考になる質問ですのでシェアさせていただきましょう。(投稿の方ありがとうございます)

 

では、いってみましょう。


> 一週間のスペシャルケアで、
> 毛先はじめ全体の質感、指通りは劇的に改善しました!
> 本当にありがとうございました。
>
> ここから、
> さすがに使用アイテムが多いので、
> デイリーケアには少しアイテム数を減らせればと思うのですが、
> 必ず毎日使うものと、一週間に一度でよいものと、

 

うまく効果が出ているみたいで嬉しく思います。
本来スペシャルヘアケアシステムはフルで使用する場合、週に1回で良いかと思います。

〇毎日使う物は、
CMCプロとスーパーシャイニングジェルは毎日です。

〇毎日、また状況次第では2日に1回、シャンプー前はフィルアップローションとメントバランサーα両方が理想、またm面倒な場合はどちらか交代でも構いません。

〇毎日使わないほうが良いのはクリアコートです。これは週に1~2回に抑えてください。



> エモリエントシルキーマスク(プラス、リードオイル)は、
> 二日に一度でも良いと記載がありましたが。


基本的には通常のトリートメントとして毎日でも使ってください。その場合リードオイルに関しては付け過ぎに注意して極力少な目に慣れてください。付け過ぎると重くなりサラサラ感に欠けます。さほど傷みを感じ ない場合は、今までお使いのトリートメントと併用で2日に1回という使い方も可能ですし、毛先だけエモリエントシルキーマスク全体は通常のコンディショ ナーというようにいろいろ併用しても良いかと思います。


> 毛先が傷んで色が抜けているものは、
> 色素を足すしかないという記載がどこかブログか掲示板内にあったかと思います。
> これをできるアイテムは販売されていませんか?

これはカラーバターになります
使用法は2週間に1回シャンプー前毛先を染めるように塗布して時間を置くだけです。



> ともあれ、
> 質感は本当に劇的に改善され、
> つい触ってしまう感じです。
> これだけでも本当に嬉しいことです、本当にありがとうございます(人*´∀`)

 

いかがでしょう?
前回の記事で説明したように、プロユースのは確かにアイテムが多くて戸惑うかもしれません、まずは製品の特性を知ってください。(説明書、または商品ページの説明参照)髪に足りないもの必要な物がわかってくると思います。それと疑問点は質問ください。

使っていくうちに使い方がわかってきます。慣れてきます。そうするとあなたもヘアケアの達人です。

 

PS、
そんなプロユースの自宅でできる補修剤に興味がある方は
こちら↓
http://kf-shop.ocnk.net/product-list/2

From:内野uchino150-130.jpg

 

髪風船のお客様は、みんなヘアケアに熱心。
アナタも多分、綺麗な髪にしようと毎日頑張ってケアしていると思います。 

 

本当のヘアケア効果を出すために、
髪風船では私たちが使うプロ用の補修剤を中心に紹介しています。さてプロ用と一般市販ヘアケア製品の違いは?プロ用は髪の状況に応じて使い分けられるようより細分化された成分レベルでの製品作りが特徴です。

 

例えば
風邪薬でも総合かぜ薬と、のどの傷み、咳、鼻水、発熱などの状況対処薬があると思います。特に病院にかかった場合などは必ず医者の判断見立てにより、より効果的な処方箋が書かれると思います。

このように
プロ用の補修剤とは、その状況に応じてより効果的な、チョイスができるよう細かく分かれていて、そして高濃度の製品作りがされている。結果、品数が多くなってしまいます。髪風船でもヘビーユーザーの方はたくさんの品数を持っていて、まさにプロ顔負けという感じですね。

もちろん
長くお付き合い頂いているお客様は、この剤はどのような状況に使う、これはこのような効果があるというのは理解されてお使い頂いています。

でも、、、

初めて補修剤使う方は、「どうして、こんなにいろいろ必要なの??上質のシャンプートリートメントだけでダメなの?」なんて思うでしょう。お気持ち良く分かります。

美容室でも、
昔はトリートメントメニューといえば、シャンプー時使うトリートメントを髪につけて、遠赤外線などで加温して終わりみたいな事やっていました。(今でもあるんですかね?)こんなもんだったら、毎日自分でやったほうが100倍効果的だと思いません。

でも、
今はそんな事ないでしょう、タンパク質、アミノ酸、キトサン、ペリセア、CMC・・etc など豊富な補修成分を状況に応じて利用しています。このような知識も美容師さんはより高くなっているんですね。

剤も進化していますが使いこなす知識も必要となっています。髪風船では、より効果的にあなたのヘアケアのお手伝いができるよう、プロ ユースの製品をあなたに提供しています。結果その品数も増えてるという事です。それに伴って、その使い方の知識も必要だという事ですね。

 

だから、
たくさんの参考ブログ記事があります。メルマガも書いています。アドバイスにも力入れています。そして、私は何度も言っています。剤は使いこなしが大事だと、毎日たくさんの質問メールお電話いただき、うれしい限りです。もっともっとケアの仕方、上手になってもらいたいのです。

プロ顔負けに!(笑)

 

PS、
今回は、プロユースの製品は、なぜ沢山品数があるのか、なぜそれだけ必要なのか?に触れましたが、次回は購入者より、アイテムが多いのでその使い分けを教えてという質問にお答えしましょう。これは特に参考になる質問ですので、次回も必ず見てくださいね

PPS、
プロユースの自宅でできるスペシャルヘアクリニックシステムに興味がある方は
毎日が美容室帰りのサラサラヘアー)は
こちら↓
http://kf-shop.ocnk.net/page/29

From:内野

 
今日は、髪を綺麗にするプロテクを伝授します。 
 
あなたは、美容室帰り、さらさらつやつやになった髪を感じて、喜んだ事はないですか?
 
もちろんありますよね。
 
 
お客様にも言われます。
うわ~綺麗になった、ここでやった時は、いつも、しっとり艶やかなんだけど、これが自分ですると駄目なのよね~
 
なぜ?どうして? こんな思いあなたはありませんか?
 
 
では、あなたに、ビューティフルヘアの秘密開示しましょう。
 
美容室での仕事は、
90%そのほとんどで、シャンプーしたり薬品を付けて、その後流します。そうなんです、ほとんど髪をぬらすわけで、それを乾かし仕上げていきます。それが一連の流れになっています。
 
 
ご存知のように、
髪は濡れた状態がもっとも強度は低下していて、ふやけて、キューティクルも開いた状態 、もちろん乾きすぎてもバサバサで非常に不健康、枝毛、切れ毛も出やすい状況。
 
もっとも強度が上がり、コンディションが良いのが、 シャンプー後ほぼ乾かした状態、まさに適正水分、保湿ができている状況 この時、髪はしなやかです、
 
でも傷んでいる髪は、このタイミングは、
 
ほんの一瞬!
 
そう、傷んでいる髪は多孔性毛といって、穴ぼこ状態、キューティクルも傷んで CMC(細胞膜複合体)もない状態、水分保持ができません、しばらくすると、すぐに乾燥ばさばさ状態
 
 
美容師はその良い状況の一瞬を見逃しません 。

その状況で仕上げてしまいます。それで、つやつやサラサラ、しっとりしなやか。
この状況を作り出す事が大事です。
 
 
自分では出来ないって? 
いやいや、簡単な事です。
 
これを上手に使えば

http://kf-shop.ocnk.net/product/11
 

私が提唱している事は、、、
サロンでやるテクニックを毎日自宅でやりましょうって事。
決して、何か剤だけを付ければ綺麗になるって事ではないのです。
 なぜそのタイミングで、その剤なのか?
そんな事を理解する事が大事だという事
 
内野サイン
 
 
PS
そんな事を理解してもらい、適切な剤を使うと
しっとり、しなやか艶サラ効果が 今までより倍増する事、請合います。

From:内野

 

uchino150-130.jpg

あなたは髪を綺麗にする情報を手に入れたいですか?
髪のダメージケアを考えている人が絶対に考えないといけない事!

それは、、、

髪の水分をコントロールする事、

簡 単に聞こえます、保湿をすればいい?そんな事ではありません。もっと根本的な問題を理解してください。私は過去に記事でビビリ状態を修正する事も、バサバ サうねうねを綺麗にする事も、パーマかけた髪で綺麗にウェーブを出す事も、サラサラストレートにする事も、すべてスタイリング(創る)する事だと言ってい ます。
 

●ビビリ毛は毛髪変形それを綺麗な状態に作る事は、たんに補修剤を付ける事ではなくきれいな状態にスタイリングする事。
●バサバサうねうねしているの髪を綺麗にする事は、しなやかでつややかストレートにスタイリングする事。
●パーマかけても乾かすとボサボサになる、これを綺麗なくっきりウェーブを出す事も当然スタイリングが必要!

 その為に必要な考え方が水分コントロール。
ここで理論的な事を少々

毛髪が変形したり固くなったり柔らかくなったりするのは、全て毛髪内部の結合を切ったり繋いだりする事で変化していきます。その結合が、シスチン結合、塩(イオン)結合、水素結合となるわけです。

 

シスチン結合は、パーマ液などで還元して結合を切り、酸化でつなぎ直しというようにパーマ縮毛矯正時に起きる結合理論です、この結合は半永久性がある結合。

塩(イオン)結合とは、アルカリ、酸などにより膨潤したり、柔らかくなったり、収斂したり固くなったり、の働きになります。

水素結合
こ れは水分により髪の結合を切り柔らかくなり、乾燥させる時に結合して固くなるという現象。上記で髪を綺麗にする事それは綺麗にスタイリングする事と表現 しています。このスタイリングする事の基本になるのが水分コントロール(水素結合のコントロール)となるわけです。ガサガサボサボサ髪も水分で結合を切り 柔らかくなっている時にスタイリングしていき、乾ききる時に形を決め(綺麗に修正し)て行く、このタイミングが大事。髪の感触的な事もそうです。髪がばさ ばさする、乾燥が激しいなどもこの水分コントロールがうまくいっていない状態です

付いてきていますか?

 

ビビリ毛修正を考えた場合

ビ ビリ毛は縮毛矯正等で失敗した毛髪変形(ビビリ状態)です。この毛髪変形を修正するのは縮毛矯正のかけ直しですが、もし 自宅で修正しようと考えるなら、縮毛矯正液など使えませんから、水素結合を操る方法を考えないといけません。これが髪の水分コントロールをするビビリ修正ス タイリングです。

 

ややこしいですか?


例えば、
水素結合(水分コントロール)を考えずにビビリボサボサになっ たところを、ブロー、アイロンしてみましょう。ビビリボサボサは直らず、ガサガサしたままです。その場合は、一旦水分を与えると髪は柔らかく(水素結合が 切れた状態)なります。この状態が保たれやすいように保護剤を付けます。これでビビリを伸ばすようにスタイリングします。そうすると髪は柔らかい状態で簡単に綺麗にスタイリングできますよね、これでブロー(アイロン)仕上げすると水素結合が繋がって、ビビリ修正スタイリング完了!

ビビり毛 修正

 

何か補修剤を付ければ魔法みたいにビビリ毛が消えてなくなるなんて事ではない。では、補修剤の必要性は?ホームケア、ヘアケアの観点から言うと、その水分コントロールがうまくいくための土台造りと言っても過言ではないかもしれません。

 

間違った手入れ法

●朝から乾いた髪にオイルを付けてブラッシング
●完全に乾いた髪でのブロー、アイロン操作
●濡れた状態での高温アイロン操作

濡れた状態は、結合も切れて柔らかく弱い状態やさしく扱いましょう。逆に乾燥しきった状態は髪は固くなって自由になりません、乾いた髪に油を付けても瞬間的な感触は上がってもすぐにバサついてきます。

 

普通の水を与えて水素結合を切ってスタイリングは?

理論的には合っています、でもあなたの髪が傷んでいるのならスタイリング(修正)途中で乾燥していき髪が固くなってしまいませんか?これではうまくいきません、大事な事は適正な水分量(毛髪内12%)を維持しながらスタイリング、その後も維持状況に置く事これが大事なんです。その為には保湿効果を高め水分コントロールができる専用のローションが必要。

めちゃクチャめんどくせー、

大丈夫、理屈さえ何となく理解してもらいたいだけです。こんな事を理解した時に髪を操る事が出来るのですが。私が提唱しているヘアークリニックシステムは、全てこんな事を考えながら構成しています。 

剤に頼る事無く、状況に合った使いこなし、タイミング、使用する量、そんな事が大事です。それは全て本質的な事を理解してもらい、そして本当のきれいな髪になったら、それを維持してもらえば成功です。

もしあなたが今、髪の傷みでお悩みなら、見かけだけのケア、剤だけに頼るケアから卒業してください。必ず、きれいな髪が手に入ります、約束します。

utino,rogo.jpg

PS、
上記の事を理解してもらい、ダメージ毛修復にチャレンジしてもらえば倍の効果をお約束します。
それに必要なものが↓
http://kf-shop.ocnk.net/product/11

From:内野

 

髪お元気ですか?ヘアケア上手く行っていますか?

あなたが使っている補修剤は最高の物です。効果が無いはずがありません。私たちはサロンで毎日髪のお手入れを手伝っています。もちろんツヤサラになって、喜んで帰ってもらいます。そんな時って美容師冥利に尽きますよね。

「でも、自宅に帰って毎日のお手入れ綺麗にできているのかな?」

 

そこなんです。
毎日綺麗にできないと意味はありませんよね。
このブログでも、綺麗にできるよう、その方法をアドバイスしています。もちろん提供している剤は私たちが使っている最高のものです。でも、もっと大事な事は、プロ並みにそれら剤を使いこなしてもらいたいのです。

使用してすぐに、効果を感じる人も、逆になかなか本当の効果を感じきれいない人もいると思います。でも大丈夫、このブログを読み続けるだけで、必ず綺麗な髪は手に入ります。ゆっくり長くお付き合いください。

さて他の方はどんな事をして、どのように感じているのでしょう?

信頼していた美容師にビビリ毛にされてしまい、怒りと悲しみで、かなりショックを受けていました。ビビリ毛は初めての経験だったので、すがる想いでこの商品を購入させていただきました。何度も説明書を読み、めっっっちゃキレイな髪に仕上がりました! ヤバイです!満足です!

 

縮毛矯正で髪が最悪の状態になり、御社の製品を使用して、ようやく落ち着いてきました。と言うより、扱い易い髪にする術を御社の製品で手に入れたと言う方が正しいかもしれませんが…

 

1年と数ヶ月やっと剤を使いこなせるようになりました(他の方よりマスターするのが遅いですね)私は毎日朝一にお風呂に入りますので起きた時の髪の状態で使用する剤を決めます😃それが今では楽しくてまさにその剤が今日の髪にピッタシ合った時はもう万歳🙌‼1日がルンルンです!サラピカ✨✨

・・・・・・・・・・・・・・

皆さん素晴らしい!!
いつも言っていますが、ただ剤を使うだけではなく、髪の状態を知り、剤を知り、その使い方を理解する、こんな姿勢があれば、たとえ時間がかかったとしても、必ず綺麗な髪が手に入ります。と言うより、そこ(本質)を知らないと、綺麗になっていくことはありません。何か付けた瞬間、綺麗に感じても、本質的な髪質改善にはなりません、返って感触に騙されただけで、将来的に髪が傷んでいくという事すら考えられます。 

さー、あなたも一緒に綺麗な髪を目指してください。応援します。

内野

 

PS、
こんな剤も上手に使いこなせると良いですね。

http://kf-shop.ocnk.net/product-list/2

 

 

uchinoFrom:内野

 

前回の続きです、

経験ないですか?
ツヤが出るようなケアをしていて根元付近など傷んでないところはすっごく艶が出る、 でも傷んでいる毛先はなかなかつやが出ない???
 
 
シャンプー後も水分は吸収して乾きにくいものの、
乾くと全く保湿効果はなく、バサバサになってしまう。
乾きすぎるとガサガサ、ゴワゴワして髪も硬くなり、
ビビリ現象も出ます。
 
 
どうしたら良いの~
 
 
傷みの現象、状態を書きましたが、
 次に対処法を書いてみましょうね、
  
●擬似タンパク質の補給
●CMCの補給による補修、
●キューティクルの修正補修、
●メラニン色素の代替補給修正、 
●毛髪の保湿を保てるようにする、
 
、、、etc
 これらが対処法ですが、
 
 
具体的なヘアケア、方法、考え方は、、、
 
まず基本中の基本、
シャンプー剤は、良質な物を揃えてください。TVコマーシャルに騙されないで!
アミノ酸系など補修の邪魔をしないで、より効果を上げる物がお薦めです。
 
次に
 補修剤を利用しましょう。
 
これは専門家が使う高濃度のタンパク質、CMC、ヘマチン、ペリセア、キトフィルマー他、
髪の損傷を擬似的に修復させる、各種成分です。これらを状況に応じて的確に利用するのです。
特に毛先の部分補修にこだわりましょう。
 
 
市販品でもこれら成分は常識的に使われています、しかし配合と言うだけです。
私たちが使っている物はその成分に特化した高濃度製品なのです。
使い方もある程度専門的な知識と髪に合った適切な選択使用法があります。
 
 これらの製品はネットで探すと手に入れる事は可能でしょう、
 
でも本当に大事な事は、、、
 
髪の状態に応じた成分のチョイスなのです、
それともっとも大事なのは使用法(使いこなし)です。
 
内野サイン
分からない事は質問ください。 
 
 
PS,
内部充填補修とキューティクルの補修をすると毛先も落ち着いてきます、艶も出てきます。さらに毛先をツヤサラに綺麗にしたいのなら部分補修にこれが最適です。

http://kf-shop.ocnk.net/product/81

uchinoFrom:内野

 
 
あなたはヘアケアで、こんな経験ないですか?

つやが出るようなケアをしていて、
根元付近など傷んでないところはすっごく艶が出る
でも傷んでいる毛先はなかなかつやが出ない???
 

 
それは、、、
髪は傷みが激しいほど、補修に手間取るという事、
同じ手入れをしても、毛表皮がある程度しっかりしている髪は、
キューティクルを整え、ツヤが出るような処方をすると、
簡単にツヤ髪になります。
 
 
 
例えば、
ビルの玄関で大理石など磨いた床面は雨が降った時など、
滑って危ないほどツルツルですよね、
 
それに比べ、舗装が傷んだ道路面などいかがでしょう?
いくら雨が降ってもツヤなど出ないでしょう。
 
 
これは、光の乱反射も影響していますが
 
 
髪の場合も全く同じような事が言えます。
 
 
多孔性毛といって
タンパク質、間充物質が流失した状態
また毛表皮のめくれ損傷、ひどい場合は
剥がれ落ちなくなっている状態もあります。
そう、髪の中は穴ぼこ状態、
表面はガサガサ状態
これではツヤなど思っているほど出ません。
まずはベースをしっかり補修していきましょう。
穴を詰めて、浮き上がったキューティクルを
押さえて、それから、、、 
 
 
「ひどい傷みの方、身に覚えはないでしょうか?」
 
 ↓
 
水分を必要以上に吸収して
乾きにくいものの、
乾くと全く保湿効果はなく、
バサバサになってしまいます。
 
 
当然、
乾きすぎるとガサガサ、ゴワゴワして
髪も硬くなり、ビビリ現象も出ます。
乾燥も激しいです。
 
 
どうしたら良いの~
 
 
 
今回は
傷みの現象、状態を書きましたが、
 
 
この次もっと詳しく対象方法を書きますね
 
PS.
まずはこれで時間かけて、しっかり補修しましょう。

人気です↓

メントバランサーα

From:内野

 

あなたは最近、髪がバサバサしてきたなんて事ないですか?

 

髪の補修にはスケジュールが有ります。

□補修初期は
ダメージもひどいですから、 毎日でも髪に必要な成分をしっかり補給しましょう。 髪の空洞化を埋めるように(フィルアップローションインナー、メントバランサーα、CMCプロ

□2~3週間もしたら
ペースを落としても良いでしょう、 毎日から2日に1回さらに3日に1回という感じで。 又は専門家用の補修剤は高濃度製品ですから薄めて使用したり大いに工夫して下さい。


□ある程度回復感を感じたら、
最低、週に1回、また使用する製品種目を減らすなどもOK。

□維持段階では、
CMCプロ』補修だけは毎日続けて。 難しくはありません。アウトバスで洗い流さないトリートメントとして、また朝から寝癖直しに、ブローロションとして使えば良いのです。 それ以外では、パフォームクレンジング、エモリエントシルキーマスクなどは基本です

 

 リバウンドさせない事が大事!

 

ホームケア『補修』が悪いと、、、

●髪の空洞化が進みます、
●毛髪強度が低下します。
●ヘアカラーの退色もはげしくなり、パサパサ、


次にパーマかける、縮毛矯正する、ヘアカラーする時、、、

 『うわ~、失敗した!!!』
なんて事にならない為にも、 リバウンドさせない最低必要な髪の健康維持を続けましょう

 

さー、キレイな輝く髪を目指して今からです!!


ふぅー、先は長いな~、
まっ、あせらず毎日のケアを『ながら補修』テクニックで、 ゆっくり行きましょう。


PS.
そうです、その時の状態に応じて対処は変えて良いのです。
CMCプロ』だけは毎日欠かさず、最低利用したいところですね。

「セルフカラーする前に知っておくべき4つの予防策。」

これを読まずにセルフカラーしないほうがいいでしょう。
もし以下の記事を読んで面倒無理だと思うなら美容室に頼むべきです。今後もセルフカラーを続けたいと考えるなら、長い記事ですが是非お付き合いください。では行きますよ。

 

どうして美容室のヘアカラーが高いのでしょうか?
それは、特別カラー剤が良いわけでもありません。カラー剤の違いではなく、単純に技術(理論)の違いです、でも、たいした技術ではありません、根元(新生部)と既染部の塗りわけです、それに、根元と既染部のカラー剤の違いです。これが全てと言っても良いでしょう。


例えば
それを全く無視しているのが、市販泡カラーのシステムですね。または根元も既染部分もいっぺんに染めるやり方、これでは間違いなく毛先は傷んでいきます。この状況で縮毛矯正でもかけるなら、ビビリ毛?さらに毛先は真っ黒!なぜそうなるのかしっかり理解してくださいね。

ヘアカラーをするうえで絶対に理解しないといけない事は、
まず、一般的なヘアカラー(白髪染)の成分性質は、1剤と呼ばれているのは色素とアルカリです。2液は過酸化水素水、これを混ぜるわけですけど、ついでにブリーチ剤の説明もしましょう。これはアルカリと過酸化水素水を混ぜたものです。もうお分かりですね、白髪染もブリーチ剤に色素を混ぜただけです。


白髪染なんて毎月する人が大半です。毎月ブリーチしているんですよ。考えただけでも怖いですね。もちろん綺麗に染まって明るさを出す、持ちも良い、これが一般ヘアカラーの長所です。正直白髪染には欠かせません。
他にもヘナ、カラートリートメント、ヘアマニュキア・・・いろいろありますが全て染まりは悪いし明るさは全く出ません。長所は傷まない事こういったカラー剤の特徴はしっかり理解してください。

 

さてアナタはカラーに何を求めますか?

真っ黒なカラーはいやでしょ?
ある程度の明るさもほしいでしょ?
しっかり染まった方が良いでしょ?
長持ちした方が良いでしょ?
髪を傷めたくはないでしょ?

いかがですか?たぶんほとんどの方が上記のような事を希望するでしょう。
ではさらに解説していきましょう。大丈夫ですか付いて来ています?


この場合も必ず、根元(新生部分)と既染部分(過去に染めたところ)の塗りわけを考えないといけません。まず、しっかり染まる、明るさもほしい、長持ちさせたい、これを可能にするのは一般ヘアカラーしかない事は上記で説明しました。
また現状の髪の傷みは、根元は当然傷みはありません、しかし毛先になればなるほど過去に何度となくカラーだパーマだされているはずですから、傷みも激しいでしょう。これが髪の状況です。


だとすれば
根元は刺激があったとしても、良く染まり持ちの良い一般的カラー剤が良いですね。(望む明るさカラー剤を選択)

しかし
毛先の方絶対同じカラー剤は使ってはいけません。毛先の状況は傷みがある、過去に染めた色素が残っているという状況です。 当然傷みにくいカラーを選択する、それはブリーチを起こさないように(2液の過酸化水素水濃度を極端に落とす)または傷まないようにカラートリートメントなどを利用する。
それと考えるべきは、、、
過去の色素が残っているという事、根元と同じような色素を載せると色素重合(色が重なって)を起こし真っ黒になります。よって、明るめのカラートリートメントを利用したり、色素濃度を落としたり(薄める)の工夫が要ります。

 

いかがですか?
カラーは他の技術と違って素人でもできるような技術である事は確かです。塗るだけの技術ですから。しかし、理論はしっかり理解しておかないと真っ黒になった、髪が酷く傷んだ、縮毛矯正したらビビリ毛になったなんて事につながります。

 


例えば、当方でも発売しているカラーバター(カラートリートメント)
>髪を明るくしたいのですが、ライトブラウンかイエローで染めると明るくなりますか?
>ディープブラウンで全体染めたが、全体黒くなった、でも根元の白髪は染まらなかった。


もうお分かりですね。上記の理論が理解出来たら、間違いに気づくと思います。
黒髪部分にイエローでもライトブラウンでも色素をくっつければ、今以上暗くなります(色素重合)明るさは全く求められません。明るくするのはブリーチの仕事です。カラーバターで白髪を染める時はアルカリを混ぜたりブラックを混ぜたりしないといけません、もちろん明るさを求めるのは難しいですしこれも根元だけの剤です、毛先は明るい色を選択しないといけません。
この様に根元と毛先は条件が違うので、必ず対処も変えるという事です。
この方法をリタッチ法と言いますが、これは絶対的に必要な知識です。

 

しかしあまりに難しいと思っている人もいるでしょう。
そこで、消費者の味方、髪風船としては市販品カラー剤を使っている方に4つほどアドバイスさせていただきます。


 4つのポイントとは、、、
 1 前処理、傷んだところを保護する
 2 根元とすでに染まっている部分の薬品濃度をかえる(またはその状態を作り出す)
 3 カラー剤でアルカリに傾いた毛髪を弱酸性(髪の等電点)に戻す、
 4 残存過酸化水素水の完全除去

簡単にやるには通常使うトリートメントまたはメンディングメイドを既染部に塗っておくと良いですよ、 白髪染めなどのとき毛先が真っ黒になるのを防ぎますしダメージ軽減になります。


もっと本格的なツヤカラー,ダメージが少ないホームカラーが希望の方は、1~4をしっかり勉強してやってください。並みの美容室よりトリートメント効果は高くなります。(技術的な事は別として)特に3.4は誰にでもできます、それでいてほとんどの人がやってない事です、

お客様の声:
お陰様でホームカラー成功しました!
フィルアップローションとメンディングメイドでバッチリです。更にカラー剤にぺリセールを少し混ぜたので限りなくプロに近いホームカラーができました。有難うございました。シャンプー後に再度メンディングメイドをつけて流した時、いつものごわつき感が全くなかったです!メンディングメイドはすごいですね!

PS,
これはセルフカラーの方には必需品です、傷み退色が違ってきます。

http://kf-shop.ocnk.net/product/90

From:内野

 

あなたはご存知ですか?

酷い髪の傷み、その最たるものが、ヘアカラー、縮毛矯正等の薬品による髪が半分溶けたような状態。私たちはこれを俗 トロ毛 と呼んでいます。

現象として、濡れた時、すごく柔らかくなり、1本引っ張ると伸びてプツンと切れたりします。またベタベタした感じで乾かすのもなかなか乾きません。逆に乾くとバサバサの乾燥毛で毛髪強度も極端に落ちて切れ毛枝毛が出やすい状況。

 

どう対処すると良いの?

ここに良い質問が来ていますのでQ&Aをシェアしましょう。


>初めまして。毎月のカラーや縮毛矯正などで髪の毛が傷んでしまって、ブローしたりすると切れるようになってしまいました。特にシャンプー・リンス後、髪の毛が濡れている状態では、引っ張ると髪が伸びて切れてしまいます。パサついてよく絡まるようになってしまって最悪の状態です。髪の補修にいいものがないかと検索していて髪風船さんのHPに目が止まり問い合わせさせて頂きました。このような髪の状態の場合はこの「ハイダメージ修正基本セット」を注文すればいいですか?

 

質問にお答えします。
これは、トロ毛現象です、髪が溶けている状態で毛髪強度が極端に落ちています。毛髪強化した方が良いでしょう。
この場合やはりハイダメージ修正セットがおすすめですが、できるのならR2シャントも併用した方が髪は強くなります。フィルアップローションに半々で混ぜたり、水で3〜5倍くらいに薄めたものをシャンプー後軽く霧吹きしてから櫛を入れると切れにくくなりますし、絡みにくく、櫛の通りも良くなります。

・・・・・・・・・・・・・

いかがですか?ハイダメージの中でも最も早急な手入れが必要な現象ですね、特に毛髪強化を徹底しないといけません。放置しておくと髪はいくらでも傷んでいきますよ。

 

あなたの髪に今、必要な物は、、、

http://kf-shop.ocnk.net/product-list/2

 

From:内野

 

こんな参考になる質問が入りました、
これはぜひ知っておいてもらいたい事です。

・・・・・・・・・・

>縮毛矯正でチリチリになりました。フィルアップローション、メントバランサーアルファーを使用して3日目です。
>根気強く頑張ればなんとかなりますか?
>それとも、CMCプロも一緒に使った方がもっと早くに髪は落ち着いてきますか?

 

実は本当に多い選択ミス!

 

補修部分とビビリ修正の部分を分けて考えてください。
補修剤は続ける事が大事です、もちろんダメージは緩和されます。
でもそれ自体にビビリなど毛髪変形を修正する力は弱いです。

 

補修は本質的なダメージを修復していく事で、
ビビり毛など毛髪変形の修正は
CMCプロとスーパーシャイニングジェルの役割になります。

 

朝からでも、CMCプロを霧吹きして、90%ほど乾かします、
それから、スーパーシャイニングジェルを少量しっかり刷り込みます。
そこで
仕上げのブローで少しテンション(軽くひっぱり)を
加えブロー仕上げしてください。

これでかなり髪がしなやかになり、おさまりが良くなります。

ただし、
逆に修正技術だけに頼っていても、
髪も丈夫になりにくく将来的な
ダメージ緩和につながりにくいですし、
やはり、
基本的な補修と、ビビリ修正技術
を同時にした方が理想だという事です。
 

このようにそれぞれの役割を知る事と、
乾かし方の程度とジェルを付けるタイミングなど、
慣れるとかなり感触を上げる事が出来ます

剤は、ただ付ければ良いと言う事ではなく
正確な使いこなしで、100%の効果を発揮します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


是非、本物をしっかり『使いこなす事を』考えてください。


必ず、良い状態になります!

http://kf-shop.ocnk.net/product/11

以上参考に頑張ってくださいね。

 

From:内野

 

この時期が一番寒いですかね?
春が待ち遠しのは私だけでしょうか 

季節の変わり目は寒暖の差が大きいので、
それにより体調が悪くなり(たとえば自律神経のバランスが崩れて)
薄毛や抜け毛が起こってしまいます。

 

髪の毛の健康のためには注意すべき点がいくつかあります。

冬の寒さは薄毛や抜け毛に大敵です。

 

体が冷えた状態のままでいると
頭皮の血行も悪くなり髪の毛の栄養が不足します。

冬の寒さのためにこの毛細血管の血行が悪くなると、
髪の成長が阻害され
それによって抜け毛や薄毛が起こります。

 

寒い時に体を動かすのはおっくうですが、
薄毛や抜毛を防ぐために適度な運動をしましょう。
外に行きたくなかったら、部屋の中で
ストレッチや体操をするだけでもOKです。
体がポカポカしてくるまでストレッチや体操をします。

 

空気が乾燥すると、、、
頭皮も乾燥して髪の毛に悪い影響を与えます。

頭皮のかゆみが一番ひどくなるのは冬の間です。
頭皮が乾燥しすぎるために、かゆみが悪化すると考えられています。

 

頭皮の乾燥を防ぐ方法
体を温めるものを出来るだけ食べるようにして。

ネギ、ショウガ、唐辛子が、冬に体を温める代表的な食べ物。
野菜では、赤やオレンジ、黒色のものが体を温めます(にんじん、玉ねぎなど)
肉類ではマトンに体を温める力があります。ジンギスカンがおすすめです。

 

健康な髪は、健全な頭皮環境から、、、

今日はちょっと真面目な基本情報でした。 

PS.
髪が乾燥する時期、、、
静電気は起きるわ、枝毛はできやすくなるわ、朝起きると髪はバサバサ、良い事なし、こんな時やる事は1つ、、、
シャンプー後また毎朝の習慣にしたいものですね、

http://kf-shop.ocnk.net/product/11

 

こんにちは、髪風船の内野です、

本年度初の売れ筋商品発表。
今年も早いもので、1か月もアッという間でした。
果たして今年はどんな人気商品でスタートしたのでしょう?

先月1月分ショップ売れ筋商品が出ました .
あなたの使用製品は?
皆さんは、どんな製品を多く使っているのでしょうね。


では、早速書き出してみましょう

≪1月分売れ筋製品ベスト10≫

1、CMCプロ
2、メンディングメイド
3、フィルアップローション
4、
メントバランサーα
5、エモリエントシルキーマスク
6、パフォームクレンジング
7、ハイダメージ修正基本セット
8、スペシャルヘアークリニックセット
9、ぺリセール
10、クリアコート

 

いかがでしょうか?
あなたがお使いの製品は何位でした?

定番商品は相変わらず上位を占めています。
CMCプロ、フィルアップローション、メントバランサーα
 
特に目立ったのは、、、
 先月末、短期的に最も出荷数の多い製品でメンディングメイド(カラー、パーマ、縮毛矯正アフター処理剤)これも、その利用特性をご理解いただき皆さんにご購入頂いております。是非、まだお持ちでない方は、常備しておくと良いですね。→メンディングメイド新感覚アフター処理剤
 
 
新規購入のほとんどの方はハイダメージ修正セットをお買い上げいただいており、いかにダメージ毛でお悩みの方が多いか感じられます。
スペシャルヘアクリニックセットはほぼリピーターの方ですが、普段のケアとは別に週に1~2回サロンケアの効果をホームケアでのコンセプトでご利用いただいていると思います。
このどちらも詳しい使用法をお付けしていますので、ご安心ください。
 
 
そして、、、
パフォームクレンジング、エモリエントシルキーマスクと毎日使用するジャンプートリートメントはその感触の良さで、リピート率抜群です。
 
 
 
いかがでしょう?
昨年も新製品も投入していますので様変わりしています。
さらに今年も新製品を考えています。乞うご期待ください。

  
今年もあなたの髪の綺麗応援します。
内野
 
PS、
ほぼ万年1位は間違いなくこれ、超必需品です。

http://kf-shop.ocnk.net/product/11

From:内野

 

髪風船では、お店で使用している専門店用の商材を、
提供しています。
たとえば、カラーリングの脱染剤、ダメージ用の補修剤、
もちろん市販はされていません。

その効果は市販品にはない優れモノ、
高濃度で市販品とは違うが、さらに注意点もあります。

 

私は言い続けています、、、、

髪風船は、アドバイスを売っているのです、
プロの知識を売っているのです、


分らないことはすぐに質問ください。


商品にもオリジナルの説明書を付けています。
ブログにもたくさんの情報を載せています、
メルマガでも、迷惑だろうと思いながらも、
必要なアドバイスを続けています。

 

でも、でもですね、
流通製品は今時どこでも手に入ります。


そして非常に残念なのが、
その商品を使いこなしていない、
ただの物売りビジネスSHOPが多いという事。

 

こんな話もありました、、、
 

髪風船のホームページを見て情報を得て、
脱染剤の事を知り他のネットショップで買ったそうです、
ここまでは問題ないでしょう、仕方ない事です。

でも、、、
うまくいかなかったみたいで、私のほうに、
どうしたら良いか相談がありました。

どうもよく理解されていないみたい、
他の店舗で購入したが説明書も不足しているし、
メールで問い合わせしても返答がない、

それはそうかもしれません、
こんな特殊な製品は流通はさせても
実際に現場で使ってないと
アドバイスなんてできません

 

さて、アナタが使っている製品は効果ありますか?
効果が出ない時アドバイスをすぐに受けられますか?
 

本当に“髪をキレイにする為”には、
プロのアドバイスが必要!

  
 
あなたが本当に買うべき物は商品ではないのです!
 
今の原因、状況を知り、いかに対処するか!
『それを、、、』あなた買うべきなんです。

 

PS.
プロ用の剤にはそれぞれ役割があります、それぞれを状況にあって使い分けたり、それら意味合いをしっかり理解して使いこなさないと良い結果は生まれません。逆にそれを理解して使いこなすと市販品にはない大きな効果が期待できます。

それがこのシステム↓
http://kf-shop.ocnk.net/product/85

uchinoFrom:内野
サロンオフィスより、、、

 

縮毛矯正 失敗


その原因は、すべて美容師の技術知識不足、
注意不足、経験不足、
または、そうなってしまう、
お店側の体制にも問題があるのかもしれません

 

縮毛矯正は、美容技術の中でも、
非常にダメージリスクの高い種目。

 

先日も電話で質問を受けました、
縮毛矯正 失敗!!!

相談は、ダメージケアの事なんですが、
よくよくお話聞いてみると、、、
クーポンサイトでかなり安かったし(8000円位)、
良さげに宣伝していたので、
これは良いのでは?と思い行ったそうです。
 

お店も繁盛しているみたいで、お客さんも沢山、
、、、
、、、

で、結果はビビリ毛の出来上がり。

残念です、
ビビリができるぐらい傷んでしまうと、
完全回復は無理
、、、、、

どうなんでしょう?

私の感覚では、縮毛矯正が
この価格はありえないと思いますが
でも確かにクーポンサイトを覗くと、
1万以下の価格はざらに出てきます

もちろん高ければ良い、
安いから悪いという事にもならないし
はたして適正価格は?
これもはっきり言い切れません。

 

もしかすると、
この激安美容院は、
「薄利多売」で
儲かるのかもしれない。

でも、、、

「多売」するためには、
当然たくさんの人数を
集客しなければいけない。

 

それに、
「安さ」を売りにするのであれば、
利益を出すために原価を削り、
効率化を図らなければいけない。

たくさんの売上が必要だから、
多くのお客様をさばくために人手もかかる。

結果、スタッフの技術レベルも下がります、
必要薬剤もなかなか使えません、
何よりも、必要以上の混雑は
失敗の大きな原因である注意不足。

 

一方、値段が高くなると、
その分取れる利益も増える。
それに人手も
比較的少なくてすむし、
(技術のレベル均一化)

お客様一人ひとりに
時間と手間とお金もかけられる。


でも、値段の高い所に行ったが
失敗されたよ、という方もおられるでしょう。

そうですね、
それくらいリスクの高い技術である事は確かですし
高級サロンと、高技術サロンは=でもありません

失敗する
確率と程度の問題です、

納得の料金を頂いてる高技術サロンでも
失敗はあるかもしれません、
でも失敗確率は低いはずです。
(まったく無いなんて言いません)

 

さて、あなたはどちらを選びますか?
これらも予防美容です。


パーマのかかりが弱い?
色の入りが希望通りではない、
これらも失敗です、

でも、、、
取り返しはききます、修正もできます。

でも、、、
縮毛矯正で、ビビリ!断毛!
取り返しがきかない、
1年、2年と悩まないといけません。

価格宣伝に惑わされないで、
充分な美容室選びが大事ですね。

内野サイン

PS、
値段の安いサロンは失敗する確率が高いという話でしたが、

さらに、始めていくお店も、失敗確率が高くなります
そのお客様の髪の状態を把握できないという事、
施術する側も、はじめての方は髪質判断が難しいです。
はじめての店、安い店、この2つが重なったら、
失敗確率は倍になります、、、

 

 

 

From:内野

 

ご存知ですか?
あなたも、これを理解すればガサガサバサバサともお別れ。

 

傷んだ髪とスタイリング温度の関係
髪風船の人気記事「自分でできるビビリ毛直し」の中でも書いている、アイロンを使う場合の温度100度以下なんて注意書きしています。実はこれなんかも条件次第でいろいろ変わってきます。70~80度を提案したりしていますが、実際通常のスタイリングではこれでは、なかなか綺麗にはいかないでしょう。部分的にチリチリ箇所だけを取り出してやる時はこのように注意しないといけないのですが。やはりこれらに対する質問も多く受けます。

例えば:

>毎朝、最後はアイロンで仕上げますが、やはり100度以下が理想でしょうか?80℃でアイロンをしているのですが、なかなか上手く出来ないのですが。。やはりケアを考えるなら、低い温度での方が良いですよね?

・・・・・・・・・・

初めに、質問ありがとうございます。皆さん非常に多い疑問だと思いますのでシェアさせてもらいます。
ではお答えします。

ビビリ毛を修正する場合とスタイリングの仕上げではやや違います。80度ではスタイリングはできないでしょう。最低でも100度は必要です。ここで注意する事は、まず初めにCMCプロで軽く湿す、それをある程度乾かす、それからジェルを付ける。ブローでスタイリングするようにします。これでほとんど乾いてしまうでしょう。ここでアイロンで仕上げるという手順です。≪湿りがある状態でのアイロンは絶対いけません。≫乾いてからのアイロンと言う流れですが、単純にドライヤーをふかしながら乾かすとバサバサになってそれからのアイロンがスムーズにいきません。ですから基本的にはブローである程度スタイリングしてから仕上げにアイロンと言う感じにすると、ある程度温度は高くてもかまいません(と言っても髪の状態によりますが120度くらいが限界です)

 

と言うような個別アドバイスはしていますが、
さらに注意は、トロ毛(濡れると極端に柔らかくなる)などはぎりぎり低い温度でする事(この場合は乾いた状態でもジェルなど保護剤付けたうえ80度くらいです)決して強いテンション(引っ張る)はかけない事など注意が要ります。(自分でできるハイダメージ修正)の記事では注意喚起を考えてより低い温度設定を提示しています。

 

では基本的な理論を理解してください。
そうすると注意する点がご自分で理解できるはずです。

それは、、、
髪のたんぱく質は、濡れている状態では60度くらいからタンパク変性を起こしやすくなります(傷むという事です)強度も弱い状態にあります。これが乾くにしたがって、髪の強度は上がってきますし温度抵抗も強くなります。乾くと100度~150度くらいまで大丈夫です。もちろん、(その傷み状態でかなりの差があるという事は理解してください。)スタイリングと言う点では、保湿保護により、しなやかさを持っている状態でのスタイリングは逆に温度が低くても形は決まります。

 

ここ↑を理解する事で、
髪を綺麗に創る為には当然、保湿保護剤は必要ですし、そのうえで濡れた状態から乾く段階でスタイリングが決まる、しかし湿っている状態では、まだアイロンは使うべきではない、だからブローである程度スタイリング、ほぼ乾ききったら髪も強くなり温度抵抗も高まります、そこでアイロンで最終仕上げ。こうすると髪を傷める事無く、綺麗なスタイリングができます。

 

PS、
ご存知でしたか?保湿と温度の関係、、、実は綺麗に創るという事は、ここが最も大事な事なんですね、適切な保湿状態を維持して乾かす(スタイリング)ここを理解すればガサガサバサバサともお別れです。そのためにも絶対に外せないのがコレ

http://kf-shop.ocnk.net/product/11

From:内野

 

頻繁にお客様から聞くことがあります、

「縮毛矯正かけてから、次かけるのは、どれくらい置いたほうが良いですか?」

もちろんこの疑問は当たりまえ、縮毛矯正でもカラーでも同じ事ですが、髪を傷めない為にはできるだけ期間は空けたほうが良い??

 

あなたはどう思います?


できるだけ期間は空けたほうが良いでしょう』そんな声が聞こえてきそうですが、
そうですね、回数をこなせばこなすほど傷みは進行します。うちのパーマは何回かけても傷まない!なんて、
夢みたいな事を言っている美容師もいますが、こんな宣伝にだまされないでください。

基本理論をしっかり理解しましょう。

 

話を本筋に戻します、
1回傷んだ箇所は、いくら時間をおいても本質的な傷みは変わりません、いやいや、手入れが悪いとさらに傷みが進行しているかもしれません、要するに期間をあけたから大丈夫という事にはならないのです。傷みがある個所はできうる限り、縮毛矯正、カラーなどの薬剤は使わない事。

 

技法としては、リタッチ法(根元のみ)
こう考えると、期間は関係ありません、1か月後でもOK、6か月でも1年でも、、、薬品を付ける箇所が、2センチなのか6センチなのかの違いです。

逆に過去傷んでいる所まで施術するなら、半年後でも1年後でも、危ないという事、時間が経過しているから大丈夫という事は全くないのです。油断しないでくださいね。

 

 結論として
全体かけするなら出来るだけ期間置いて(既施術部分の回数を減らす為に)根元毛先の薬品選定を絶対間違わない事、
根元のみなら期間は関係ない。


 ありがたいお客様からの質問があります、

>前回かけたのは1年前、またハイライトを1年前に入れました。もう時間も経っているのでそろそろ縮毛大丈夫かなと思い

 
 
今後の為にも、ご理解頂きたいのですが、
1回ハイライトにすると、その箇所は極端に毛髪強度が低下しています、コレは時間とは関係なく、明るい部分は髪が伸びて取れるまで、弱ったままです、1年たったから大丈夫と言う事にはならないのです。

『傷んだ髪は直らない』と言う事。

矯正、カラーする時は十分な注意が必要ですね。今後とも縮毛矯正するようでしたら、出来うる限りハイブリーチ等は控えた方が良いかと思います。


 
 
>ビビり毛は直らないと書かれていますが、全く良くはならないのでしょうか?

上記でも触れたように、ビビリ毛という傷みが完全に治る事はないと思いますが、補修を続けるとかなり良い状態になる事は、当たり前のようにあります。コンディションが良くなり、目立たなくなると言う事です。疑似タンパク質、CMC等で内部充填する事で、疑似健康毛に近づける事は可能です。手入れ状況次第ではほとんどわからない状態にまでなる事もあります。

ただし何度も言いますが、ダメージが治っているわけではないので油断しないで、ゆっくりで構いませんから補修ケアは続けてください。

 

PS,
補修ケアと一言で言っても、状況次第で対処も違ってきますよね。もちろん予算もあります、さらにどこまで(深く)手入れするのか?まさに千差万別、そんな、状況別、希望に沿った対処法を近日中に提示したいと思います。髪風船パーソナルヘアクリニックシステム(改訂版)ただいま製作中!

PPS、
本格的専門店用サロンケアでつやサラ髪を手に入れたい、だったら、これが1番

http://kf-shop.ocnk.net/product/85

 

From:内野uchino

 

早いもので、年明けてすでに1月もそろそろ終わり、

学生さん、あと少しでいよいよ卒業シーズン
おしゃれも、できますよ。

 

いまどき高校生くらいは、
パーマ、ヘアカラーOKなの?

ま~、学校次第で違うんでしょうが。
夏休みなどブリーチして
明るくしていたのを黒染した
進学就職の面接の為、
黒染したなんて事は多いんじゃない。

 

それも、
卒業ともなると、
やっぱ、明るくしたいよね。

 

そんな相談も最近は結構出てきています。

>黒染していたのを卒業したら髪を明るく染めたいのですが、アシッドカラーオフを使えば黒染めする前の髪色に戻れますか?

 

いいところ目に付けていますね。


そうそう、黒染したのを明るいヘアカラー、
またはブリーチしても明るくなりません
髪が傷むだけ。


脱染という方法をとらないといけない。

そうです、アシッドカラーオフなら、
髪を傷める事無く脱染できます

 

別に卒業だけの問題ではなく、
白髪染など黒くなりすぎたのを
明るくしたいなんて事は
普通にある事ですからね、

 

美容室に頼んでも、
そのほとんどはアルカリ脱染剤を使用しています。
これは普段強いブリーチ剤として使っていますから、
脱染を依頼しても、それがブリーチです。
なんて言われるところが多いかも?


さらに、市販で脱染剤もありますが、
これもやはりアルカリをしっかり含んでいます。
調整などしない分、さらに怖いですよ

 

もしあなたが、黒く染めているのを
もう少し明るくしたいなんて思っているなら、
次の紹介記事は絶対に見ないといけません。

 人体実験もしています。



選んではいけない脱染剤、選ぶべき脱染剤
そんな事がはっきりわかりますよ。
↓↓↓
髪を傷めない酸性脱染剤とは、、、

 

 

From:内野

今日はカラーバターを自宅で使っている方のために、応用編としてちょっと変わった?使い方を紹介しましょうね、変わったというよりは、カラーバターの長所を利用して、また欠点を少しでもカバーできないか実験的にやってみます。

(実は、、これ5年前書いた記事の編集再送です)

ただしこれは応用的使い方ですので結果は自己責任でという事です。まっ、そんな大した事ではないですから、気にする事もありません。理解している方は大いにテストしてみてください。

また良い結果があったら、私にも教えてください。

 

では、まずは私の髪です、(お恥ずかしいですが、げっ!!┐(´∑`;)┌フロントの方は白髪80%ほどあります)

カラーバター

 

使用カラーは、ディープブラウン7+ブラック2割です、これにプラスワンクリームを1割(アルカリ)ここまでは普通じゃないかって?
(この配合比は1例です、状況好みで違います)

 

これに過酸化水素水6%(カラーの2液)を全量の〇〇割程MIX

何のためにって??

狙いは、本来ならディープブラウン単品程度の明るさが欲しいのですが、これでは白髪に入りません、そこでブラックを適量MIXしてより染まりを良くしつつ、明るさも欲しい。 でもそれじゃアルカリとカラー2液じゃブリーチ剤じゃないかって、お~、良く分かってますね。


よく見てください、過酸化水素水6%を全量の〇割という事は混合時の過酸化水素濃度は○○%、普通ではブリーチ力はあんまりありません、(普通のブリーチ剤の混合時の過水濃度は3~4%です)根元たっぷりの白髪染であれば、なんとなくライトニング効果が望めるかな~?程度です。(配合比は髪風船から提供出来ます)


私、実は刺激に弱んですが、アルカリ独特の頭皮刺激も、この程度では、ありません。(テスト済み)

特に、普通のカラー(ジアミン系)にアレルギーがある方なんかはどうなんでしょうね?これはジアミン系(パラフェニレンジアミン)色素は使ってないですからね、良くいらっしゃいます、白髪染したいが、ジアミンにアレルギーがある、なんてお客様にもお薦めですね。

ある程度ロングで毛先が傷んでいるような方は、事前にフィルアップローションなど毛先に処理して、半湿り程度で混合カラー根元たっぷり毛先サッとの感じで、または毛先が暗くなっている方、あんまり染めたくない方は当然、根元のみの塗り方を推奨します。
※上記混合カラー剤は根元用に考えています。全体毛先は髪の状況でもっと刺激の少ないカラートリートメント処方がおすすめ、これもアドバイスできます)

 

と言う事で、自宅でする事を想定して、加温器などは使いませんでした、キャップ保温〇分です、

 

〇〇分経過、当然メンディングメイドモミモミでアフター処理3分アルカリも過水も除去、頭皮もスッキリ!!

それではシャンプーに入ります。こでも再度メンディングメイドでヘアパックこれで完璧アフター処理完了。

 

はい、出来上がりました。ちょっと画像は暗いですが、結構ブラウン系が綺麗に出ています、
↓前の方)

カラーバター2

 

では、ビフォー、アフター、いかがでしょう?

 

カラーバターカラーバター3

 

若干の浮きはありますが、ブラウン狙いですからこんな物でしょう、
私的には十分満足の結果です(〃^o^)~♪♪
もちろん傷み感は全くありません、する前よりツヤサラです。


もっと明るさほしい時は過酸化水素水を、、、

さらに、さらに、メントバランサーα、クリアコートなど使えば、そりゃ、ツヤツヤ天使の輪間違いなし!

 

★いろいろ応用可能です、気になる方質問ください。
配合比など詳しいレシピは髪風船より商品購入時に要望頂ければ提供可能

 

PS、
やっぱりここでも大活躍します。ヘアカラー必需品

http://kf-shop.ocnk.net/product/90

From:内野
サロンオフィスより、、、

 

これが真実の声です!

 

>先日パーマをかけてもらった美容院に行ったところ、美容師さんは簡単に指でくるくるしてカールを再現できていました。
同じようにやっているつもりなのですが、うまくいきません、不器用な私でもできるやり方があれば教えてください。
ちなみに、今の状況です。
・1ヶ月前程に縮毛矯正と毛先~中間あたりにゆるいデジパをかけました
・髪は傷んでいます

 


デジタルパーマのスタイリングの難しさはそこにあります、
美容師がやっているのは『ハンドセット』
自分では、髪の状態が悪いと、正直なかなかできないというのが現状。
スタイリング剤で現状やっている方法でうまくいかない場合は、

ジェットカーラー、が1番簡単にできます、

 

私たちもくるくるしながら乾かしますが、
自分でするのは正直それほど簡単ではないはずです。


その証拠に当ホームページのアクセスは
デジタルパーマ手入れ、スタイリング
このキーワードが非常に多いんです、
それほど皆さん苦労しているというのは間違いない事実。

 

それも、髪が傷んでいるなどの場合は、
かなりスタイリングのハードルが上がる事は確か。

 

デジタルパーマスタイリングのコーナーで1番人気は
ジェットカーラーによる方法です。 
是非【デジタルパーマ 手入れ】
検索No1のコーナーを参考に!!

デジタルパーマ スタイリング

 


PS、
髪が傷んでいるなら、スタイリングと同時に髪の強度も上げないと将来的にも綺麗なスタイリングできません。またスタイリング自体、ドライヤーを使ったり、アイロンでのダメージも加わります。必ず毛髪補修もしましょう。

http://kf-shop.ocnk.net/page/1